『青騎士』6号感想 やっぱりバニーガールは良いね!

おすすめ記事
15巻以内で完結するおすすめ漫画! 【厳選30】10巻以内に完結するおすすめ漫画!
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

青騎士 第6A号 (青騎士コミックス)

青騎士 第6B号 (青騎士コミックス)

 

青騎士6号A、B読了。

 

頂きました。「A」「B」2冊共に厚みが半端なく大ボリュームの雑誌となっています。読み応え抜群で面白かったです。

 

ebookjapan

 

漫画を電子書籍で読むなら【eBookJapan】がおすすめです。無料の会員登録をすればわざわざ定価で買わなくても50%OFFクーポンが獲得できてお得に読めます。

 

  • 最大6回分漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
  • 9,000冊の漫画が無料で読める
  • 曜日限定の限定クーポンなどセールが豊富
  • paypayが使えて溜められる

 

eBookJapanで半額で読もう!

 

『青騎士』6号感想

ピッコリーナ(大槻一翔)

 

カウンターだけの露店型焼き鳥屋でバニーさんたちが焼き鳥を食べるだけの漫画ですが、実はめちゃくちゃヒューマンドラマが転がってるのが凄い。

 

焼鳥屋の店長はひとりのバニーさんに惹かれてるけどお仕事しなきゃいけないのでアプローチのしようがない。そんな中で焼き鳥を焼いてる姿を見られて…。うん。はじまったな!

 

森薫先生並に描き込みが半端ないのも特徴。それもビクトリア朝でも中央アジアでもなく、ただ単調な焼き鳥描写なのに凄まじいクオリティーの焼き鳥を焼いてる描写である。手がすごいね。偏執的なぐらい。そんな焼き鳥描写からの峰香さんのアレ。白旗ですね。あとがいいね(結論)。

 

つらねこ(熊倉隆敏)

 

『ピッコリーナ』のあとに『つらねこ』が載っててバニー2連戦という狙ってるとしかいいようがない構成である。『ピッコリーナ』は徹底的な描き込みの技巧なら(エロスという)『つらねこ』はデフォルメされたバニーが良い(可愛いという)。

 

それにしても『つらねこ』は良いな。空気感というか雰囲気が自分に合ってる。というのも熊倉隆敏先生が昔連載してた『もっけ』という作品が大好きだったんだけど、その系統というか自分の好きだったものが継承されてる。

 

妖怪とは戦うというよりも共存してるというか自然の中にあるものって感じの捉え方というか。それでいて淡々と進むのは『もっけ』好きに刺さる。

 

古本屋の冒険(智田直)

 

ある古本屋の一幕。「いらっしゃいませ」も言わない不愛想な店員と常連の女の子。老紳士のお客さんもやってきたある日の一幕。

 

掘り出しものの古本を探してる女の子は『魔法使いはだれだ ― 大魔法使いクレストマンシー』が大好き。いわく…。

 

身近な魔法が出てくるお話が好きなんです。魔法使いよすれ違ったり、お隣さんだったりしそうでしょ?

 

そして老紳士を見て思った心の声と不愛想な店員の一言。なんてことない日常なのに「味わい」がギュギュっと詰まってる。これってそういうこと!?

 

ファンタジー クエスト オブ ザ デッド(ハンバーガー)

 

これはひどい…(褒め言葉)。

 

いわゆる「なろう系」のテンプレで、死んだはずが気付いたら異世界で勇者となって冒険する(女子)。捕われの姫様は前世で大好きだった先輩にそっくり。この世界では先輩(姫様)に告白すると決心して冒険するのです。百合的にもええね。

 

そして迎えた大団円…からのまさかのちゃぶ台返し。思わず「えーっ!!?」って声を出してしまった。それぐらいビックリした。酷いんだけど何だろう。ラストはちょっと美しくすらあった。

 

しかしこれ読み終わった後にBの表紙見ると「嗚呼…」となっちゃうね。

 

乙嫁語り(森薫)

 

8ページ…(´・ω・`)

 

しかも2ページは見開きの扉絵である。どうも執筆スペースがうまく作れなかったらしい。次回は34ページだそうですので、次回と合わせての1話といった感じでしょうか。

 

とはいえ短いながらも「うおー!どーなんだ!?」的な引きと、緊迫した馬比べの模様はバッチリ描かれています。実質6ページなのに面白味が濃縮されてます。

 

しかしアゼルの嫁(候補)は作中で最も男勝りではなかろうか。妹のアミルさんもワンパクだけど中身は乙女ですからね。そこいくとアゼルとやりあってるこの子は最強女子やね。はやく見たい!デレる瞬間を!

 

 

 

 

コメント

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました