『Change!和歌のお嬢様、ラップはじめました』いま最も熱量あって女の子同士のキャキャウフフが尊い漫画である!

シェアする

おすすめ記事

Change! 和歌のお嬢様、ラップはじめました。(5) (月刊少年マガジンコミックス)

なんやこの熱量は…!

いま一番熱い漫画は何かと聞かれた即答しよう。

『Change!』であると。

つーわけで『Change!』(曽田正人)5巻読了しました。

なんかタイトル変わっていますね。これまでただの『Change!』だったのが「和歌のお嬢様、ラップはじめました」の副題が付いています。

確かにこっちのほうが分かりやすいが、タイトル一新するってことは、もしかして売り上げが芳しくないんだろうか。おいおい!この漫画はめちゃくちゃ熱量あるんだぞ。くちゃくちゃ名作間違いなしだぞ。未読の人は是非読んでほしい!

天才を描く天才・曽田正人が描く新たな主人公は「コトバの天才」!和歌の名家の生まれであり、名門私立高校に通う女子高生・去年栞(こぞのしおり)。ある日、同級生・ミキとの縁で足を運んだ地下のクラブで、彼女が出会ったのは言葉の戦場「ラップバトル」。和歌×ラップバトルで日本語の美しさ、日本語の力強さを描く!高校生RAP選手権予選は、K-fisch vs NARDIの激戦でスタート!2人の言葉が会場中を包み、しおりに新たなラップバトルの魅力を伝える‥‥MCBATTLEは、初めて出会う人と本音をぶつけ合える場所なんだ!戦いに怯えるMCしおりんはもういない!和歌のお嬢様、いざ戦場へ。歌おう、自由な言葉で今しか言えない思いを。

<関連記事>

人生で初めて告白された相手はまさかの女子であった! 『Change!』(曽田正人)1巻が発売されました。 自...

『Change!』5巻

K対NARDI

…そこ来るんだやっぱり

いよいよ始まった高校生RAP選手権東京予選。私はあんまり詳しくないけど、ハンドルネームみたいな名前でも出れるのね。なんか部活の大会みたいなものんって思ってたわ。

で、初っ端からめちゃくちゃ熱い試合が繰り広げられました。

Kがしおりんと仲良さげにしてるのを見てリア充と敵視したNARDI。そのDISりは…ただの陰キャが向ける嫉妬そのものでした。そこをスマートにイケメンで返したKって構図。いきなり熱量あったのは観客しおりんのモノローグよね。

…そこに来るんだ

やっぱり

ラップはアンダーグラウンドで恵まれず打ちひしがれてきた人だけのものって主義のNARDI。まあ、しおりんはお嬢様でラップは場違い感もあるのでグサリと刺さるところもあるのでしょう。対してKはラップは誰でもOK牧場であると主張。勇気づけられるしおりんなのでした。

ラップの青信号は私にも

例えるなら何にでも「にわかお断り」みたいなことあるじゃないですか。アニメでもゲームでもスポーツ観戦でも。誰だって最初はにわか。また、このジャンルに君みたいな人は…的な疎外意識。そういう風潮に一石を投じるかのようなラップバトルでした。

こういった、社会風刺って程でないけどリアル社会の例えが曽田先生の作品の魅力の一つでしょう。熱いラップバトルの中に人生の教えがあるんだなぁ

しおりん対やまじょう

美女と野獣の図

しおりんの対戦相手はごついゴリラみたいな大男でした。

ビビらず一歩も引かずにやり合う姿にしおりんの成長が見て取れましたな。

思い返せば即興で上がった最初のステージはテンパりすぎて思ってもないことを言ってしまったりダメダメでしたからね。ここまでしおりんは成長したんだなぁとグッとくるものがあったバトルでした。最初のオーボエ戦のセクハラで攻められたのを強くなったなこの子…。

しおりんの成長っぷりが際立つラップバトル。やはり人と人が競い合うのがぐう熱い。

ヤケドするぐらいに熱い展開がダイレクトに面白いのです!

例え、それが自転車でもバレエでもレーシングマシンでもラップだろうが、その熱さは飛び抜けているのです。特にいい味出したのは観客の反応なんだな。

言い返しておやりなさい(グッ)

熱すぎるんだなぁ。

私はラップ全然詳しくないんだけど、めちゃくちゃ燃えまくるのは良い意味で炎上させる描写ですよ。試合みてる者の反応に尽きる。「K対NARDI」はしおりんが観客として反応し、「しおりん対やまじょう」はお嬢様学校の先生もよる反応でしょう。

ラップを知らない先生も、DISられて拳を握りしめながら「言い返しておやりなさい」ってリアクションよ。この漫画は誰の視点でラップバトルを見るかがべらぼうにうまい

おかげでラップ知らない読者でも感情移入させて熱量を届けてくれる。熱が見てる人間を巻き込んで、さらに大きな熱量の渦になっていくんですよね。絶妙に読者の感情の持っていき場を提供して震えさせてくれる。熱すぎるんだわ。

ラップって今風の題材でも、良い意味で90年代や00年代の変わらぬ熱を届けてくれるスタイル。変わらぬ昔ながら味っていうのでしょうか。とんがりコーンやかっぱえびせんのような長年愛される魅力が曽田イズムよね。長年愛される味だわ。

ミキティ対ピンク99

萌え萌え上がったリビリビドー

もう止めてあげろよ…(´・ω・`)

ミキティがドSってのは初期から分かっていたことですが、ラップは痴情の縺れもありなのか。ラブコメ界のバーリトゥード(何でも有り)じゃねーか!

ミキティはしおりんを勇気づけるラップで、どさくさに紛れてKの想いを公開しちゃってたけど、同じくピンク99の乙女心を攻め込んでいきます。『Change!』の人間関係は以下のようになってるからね。

「ピンク99」→「K」→「しおりん」→←「ミキティ」

しおりんとミキティが女の子同士で両想いすぎてヘテロ勢の入り込む隙が絶無なのである。ゆえにKの想いをネタできたし、そんなKの横恋慕してるピンク99をボッコボコにしてしまうのでした。一見すると前の2試合ほどの熱量はないんですが、よく読むと熱すぎる乙女の熱量があります。

ミキティは、嫁のしおりんに近づく関係する人間を全殺ししてるわけだ。そう読むと、大会前のラップもピンク99戦も頬が緩むってものです。ミキティのファイトは最高だ!ピンク99とKをくっ付けてしおりんは誰にも渡さんって百合百合しい小宇宙(コスモ)が感じられましたわ。

やっぱ百合漫画だよ!

あらあらまあまあ(笑顔)

この漫画最大の魅力はしおりんとミキティの尊さです(きっぱり)。

百合漫画も裸足で逃げ出す美少女2人の絆がこれでもかって描かれてるわけです。自然とほほが緩んでしまうやり取りをするわけです。

いやぁ~『Change!』は本当にいいんです。どちゃくそ熱い熱血展開で、ラップ知らなくても分かりやすく震え上がらせるバトル。人生の教科書のような学べる言葉の数々。あまりにも尊い可愛い女の子同士のキャキャウフフ。

超お勧め漫画だ!

未読の方は是非ともチェックを!まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    純情戦隊ヴァージニアスはヤマカムさん的にどうですか
    ワイは好き

  2. 匿名 より:

    5巻熱かった

  3. 匿名 より:

    副題は、電子書籍版だけみたいですね。

  4. 匿名 より:

    熱さと百合のマリアージュ最高ですよね
    このエントリ読んで思わず一巻読み返してしまった。ありがとうございました

  5. 匿名 より:

    なんで俺買ったのと違うのかな
    って、電子出版のみこうしたのか
    テストなのかな? 月マガでも変わる日来るのかな

  6. 匿名 より:

    火傷するくらいに熱い展開の例えにファンタジーも入れてやれよ。
    まあ、入れなくて良いけど。