スポンサードリンク

『Dr.STONE』、謎が解けても謎が深まるばかりだってばよ

シェアする

5

『Dr.STONE』 Z=43 人類最後の6人

遺伝子ぇ…。

なんだろう。宇宙にいたために石化の難を逃れ生き残った人類最後の6人から漂う先祖っぽい特徴は…。「あー、これは確かに石神村を作った先祖だわー」って納得しちゃうぐらい面影があります。

カセキ爺さんの先祖だわとか、金狼の先祖だわ…と一目で分かる性格や見た目ですね。気になったのは歌姫のリリアン・ワインバーグでしょう。これどう見てもコハクとルリ姉の先祖じゃん(そもそも6人しかいないなら全員先祖になりそうだけど)。

<関連記事>

『Dr.STONE』(Z=42 幾千年物語) (´;ω;`)カンドウシタ…。 まだ連載1年も経ってませんが自分の...
ジャンルを問わず、いま自分の中で最もホットなヒロインを挙げるとすれば『Dr.STONE』のコハクの名前が真っ先に思い浮かびます。 ...
『アイシールド21』の稲垣理一郎先生が原作担当し、『ORIGIN』『サンケンロック』Boichi先生が作画を担当してタッグを組んだ『...

最初に6人から始まったにしては、3700年経過して40人ちょいの村人数って少なくないような。昔、罪人を追放したとか描かれてたので他にも集落があるかもしれませんが。

それにしても壮大な物語になったものです。

もともと壮大だったものの、さらに大きな話になりました。もう「人類最後の6人」で一つの長期連載漫画になりそうなスケールじゃん!こういうくっそ重厚な物語大好きなんで、自分の中の『Dr.STONE』株がストップ高をたたき出してる。

人類最後の6人

リリアン

…でかいな(胸が)。

コハクとルリ姉も相当立派なものを持ってましたが、始祖はさらに立派なものをお持ちのようで。素晴らしき遺伝子の神秘に感動しつつも、この6人が人類最後の希望でアダムとイブ的な役割をしたのを考えると、妙に生々しくなってもきます。

だってですよ!別にカップリング厨じゃなくたって、一組は夫婦のようだし、「LEE」って名札の中国人(?)女性とシャミールがどうせ夫婦になるなら、男女3人づつしかいないので、リリアンさんと千空パパがこしらえるのは明らかでしょう。

コハクとルリ姉は千空の遠い遠い妹みたいなものって事かえ。まあ、少年誌なんで生々しい描写はないと思いますし、千空の母親の描写は一切ないので死別してるなら論理的には問題ないでしょうけど、ちょいと驚いております。

一番気になったのは、なんで百夜は千空に会いにいかなかったんだろって点ですね。

千空は石化しても意識あった

1話

千空は石化しようとも意識を失うことなく、延々と1日を数えていました。意識はずっとあった様子です。だからこそ、百夜と出会って無いことが腑に落ちない

人類最後の6人だからこそ「俺達が助けに行くんだよ」「全人類70憶人を…」と言い放つように、もう地球上の人類が石化してしまったと判断し、人類最後の希望となるように頑張ったのは分かる。で、いまの石神村を作り上げたと。

村には巫女システムがあり、代々の巫女が100物語で危険な動物などを知らせる生きる知識が伝わっており、人類の灯を消さないように「絶滅しない」を優先してた節があります。同時に、父親から息子への「何か」を感じられるものです。

百物語其之100、題名は「石神千空」

父親が息子の為に残した「何か」なのでしょう。

いつか石化した息子が復活すると信じて…。と当初は思ったんだけど、それだとずーっと石化状態で意識を保ってた千空に会ってないのが腑に落ちんでござる。

百夜はどういった意味を込めて100物語「石神千空」を後世に伝えるシステムを確立したのだろうか。しかも、日本内に「石神村」を作っていますからね。息子に会いに行こうと思えば可能だったし、千空は石化時の記憶を逐一覚えてるので会ってないんですよね。石化した息子に会いに行かなかった事が最大の謎。

千空ママに関する描写は一切無いし、ロマン有る少年漫画なら母親なんて描く必要もないけど、お前歌姫に腰振る前に石化した息子に会いに行かなかったのかよと思った次第です。はい。

まだまだ謎が沢山ありますし、父親の真意が分からんので何とも言えませんが、ちょい引っ掛かっりました。

石化の謎

千世界でツバメが石化?

1話で人間の前に石化してたツバメの描写あったけど、どうもあの事件より1日以上前から全世界のツバメが石化してた模様。この意味する事とは…?

実験をした事の証左!

自然災害じゃないってことでしょう。

正確に何日前か不明なものの(素直に読めば前日か)、千空は学校登校してた日に石化したので、自宅の科学部屋で(午後6時15分)に世界中のツバメが石化している現象に気づいていた様子はヒントと見ていいんでしょうね。

ツバメの石化現象は、人類皆が石化した日の少なくとも1日以上前に行われた模様。つまり、なにか人為的(地球人に限らん)な実験を得て人類を全員石化したとうことでしょう。

さて、この手の生き残った人類の終末作品の名作である『7SEEDS』は、隕石ぶつかって人類滅びるから少数を生き残らせたのように、人類全滅する未曾有の危機が訪れるからこそ人類絶滅を免れる「術」だったと想像できます。

<関連記事>

漫画史に残る名作だ(断言)! 『7SEEDS』(田村由美)35巻を読了。 連載16年間本当にお疲れ様でし...

とはいえ、『Dr.STONE』は世界を牛耳るアメ〇カの大統領(どう見てもトランプ)が知らなかった点も注目しておきたい。

テロ?違う

人類最高権力者すら把握してなかった石化。

つまり、政府のお偉いさんが人類滅びる系の何かが起こるから強引に生き残らせる手段を取ったわけでもないのに、ツバメで実験してた節があるので人為的に石化させた事が分かる。

もう無いじゃん(宇宙人的なアレしか)

いや、まだ分からないけどねん。人類石化に気づいてすぐに地球に戻って子孫を残したと考えると人類が滅びる何かが起こるので第三者が止む無く石化させたとも思えんね。ソースは、人類最後の6人を始祖にして生き残ってる石神村ですよ。3700年も続いてるわけで、石化せずとも普通に人類続いてます。

・なんで人類皆石化してしまったのか

・ツバメで実験してる描写あるので人為的な可能性高い

・人類滅びるので止む無く系で無いっぽい

うーむ、つまり何もわからん。

ちゃんと答えが用意されてるのだろうか。ここまでハマらせて舐めた回答はいらんので、ジャンプさんはきちっと『Dr.STONE』のラストを提供して欲しいものです。オス!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    百夜が千空に会いに行かなかった理由について、
    ・地球に降下できた場所が日本外で、そもそも行く手段がなく、村は日本に向かって移転を繰り返して3700年後に千空の近くまで辿り着いた。
    ・百夜が地上に戻った時点で五体満足ではなく、探すことができなかった。

    あるいは、
    ・会っていたけど千空には分からなかった(一話の暗闇の中発言や千空が秒数で時間を計ったことから、視覚も触覚も働かなかったと思われる)
    → 石化を解く手段が見つけられず、下手に動かせないためそのままにした?
    → いつか復活すると信じて近くに村を作り100物語を伝えた?

    こんなところでしょうか。ドラマ的には再会していてほしいですね。

  2. 匿名希望 より:

    少なくとも石化側は外の状況分からないはずだし、今の段階では会ったかどうかまだ分からないのでは?
    大樹は千空に移動されたの気づいてなかったですし。

    この6人の描写をどれほどやるのか分からんが、小説版とかで丁寧に物語作ってくれないかなあ

  3. 匿名 より:

    そう都合良く千空の上に硝酸が溢れないかな、と思うので「会ってる」に一票。

    石化解除される保証がないと、生きてる人の争いの火種(神様的な)になるリスクを避けるため、伝えなかったとかかなぁと。

  4.   より:

    石化の原因について以前千空は、宇宙人のしわざ説と謎ウィルス説と某国秘密兵器説を考えてましたから

    メタいことを言うとこれら3つが原因じゃないんでしょうねー

  5. 匿名 より:

    石化状態であるのは意識だけですからね
    そう考えると五感を奪われた真っ暗闇の中で3700年か、5億年スイッチよりきつくない?

  6. つつ より:

    石化が解ける際体の破損部の修復もあるので
    地球の防衛機能の可能性もありますよね(ある程度環境が破壊されたら石化ビーム出す的な)
    千空も「本当に攻撃なのか?」と言っていますし

  7. 匿名 より:

    実際死んではないので
    今の技術では治せない病人を
    医療が進むまで石化で保存
    しかしマシーンが暴走とか
    妄想したけどこれじゃ+のエロマンガと被るか…

  8. 匿名 より:

    石神村の所在地は、千空の石化地点とは微妙に遠い箱根付近。
    百夜の時代からずっと同じ位置に在り続けたとするなら
    何か理由があってこれ以上進めなくなったという事でしょうか。
    或いは、一度千空を発見したけど誰かが病に倒れたから療養地に拠点を移したとか?

  9. 匿名 より:

    なんやかんやで百夜は千空を発見した
    →いろいろアプローチしたけど千夜は視覚遮断されてて気づかない
    →目覚める可能性に賭けて、ほど遠くない場所に村建設(本人から近すぎると文明の拡張に合わせて損壊される可能性を危惧)
    →「百」夜からのメッセージとして「百」物語の「100」番目として名前を伝承
    そんな感じに想像しました。