『いそあそび』3巻 めちゃくちゃ良い作品でした!

シェアする

いそあそび(3) (アフタヌーンコミックス)

『いそあそび』(佐藤宏海)3巻読了。

これが最終巻になります。えっと…?打ち切りなのかな?こんな良作を終わらせるなんて…。ドラクエで例えれば「これを打ち切るなんてとんでもない!」ですよ。

何も娯楽のない海辺の町に住む中学生・六郎が出会ったのは、訳あって自給自足&一人暮らし中の元お嬢様・セト。 同級生よりちょっとだけ磯に詳しい六郎は、セトのサバイバル生活のアドバイザー(?)として、共に獲物を探して海にどっぷりの日々を過ごしていたけれど…。ついに訪れたセトの父!引っ越し?町の再開発?急に訪れたこの生活の転機に、六郎たちはどう立ち向かう――!?海辺のプチ・サバイバル、完結巻!

<関連記事>

『いそあそび』(佐藤宏海)2巻も面白かった。 没落したお嬢様・セトさんの自給自足と田舎暮らしのスペシャリスト・六郎の見...
『いそあそび』(佐藤宏海)読了。 こいつはブラボーだぜ。中学生ならではの青春が大いに堪能できます。しかも田舎が舞台なの...

『いそあそび』3巻

もうちっとだけセトさんのプチサバイバル生活が見たかったというのが偽らざる本音です。

それでも、短いながらも「田舎生活」「自給自足の料理」「ボーイミーツガール」といった楽しさがギュッギュッと濃縮されておりました。めちゃくちゃ良い作品でした!

子供もできる自給自足

どう?うまく着られてるかしら?

セトさんはやっぱり可愛いな。

魚尽きで六郎くんのウェットスーツをセトさんが着るの図です。六郎がドキドキするその気持ち分かります。分かりますよ。好きな女の子に自分のウェットスーツ着用って若干変態っぽいけど、とても健全な思春期男子だと思いまーす。

こういう海近くの田舎ならではのタイトル通り磯の遊びが最高すぎるんです。貝や海藻や魚をとって、それを食べる。都会人はこういうのに弱いのです。いつかこういう田舎で暮らしてみたいって思うもん。

レベルの高いサバイバルでなく、やってるのが子供にも出来る範囲なところも実に良い。サバイバルも生死の境目ってそんな大それたものでなく、子供の冒険って感じで刺さりまくります。食材確保も何気ない田舎ならではの生活も大好きでした。

料理も最高

伊予さつま

そして料理!

本格的料理漫画もかくやっていう料理描写がグッドです。

『いそあそび』は元令嬢のセトさんのプチサバイバルの自給自足生活が面白さなのに加えて、それを使った料理の数々も絶品!田舎料理なのです。海で子供でも取れるムール貝やニナ貝やカメノテなどを使った食材を細かい解説付きで紹介して美味しそうに調理します。

3巻でも「ミニ宝楽焼き」「伊予さつま」がすこぶる美味しそうでした。料理方法も作中でちゃんと説明されてるので、いつか自分もやってみたいと思うこと請け合いです。

ド派手な料理でもなければ、究極や嗜好の料理でもないです。地味な料理なんだけどそれがいい。めちゃくちゃ美味しそうなんです。この町で取れる食材での料理の数々はいつか食べてみたい。

料理だけでなく良い意味の地味さがグッドだったんです。作品のほのぼのさとマッチしており、心に染みわたるわい。何度も読み直したくなってしまうような。穏やかに心地よさを感じました。マジのガチで良作だぞと。

ボーイミーツガール

(*ノノ)きゃあああ!!!

3巻のキモはラブのコメりっぷりでしょう。破壊力が半端なかったです。段々と六郎のかっこよさに気づいていってたセトさんですが、停電で抱き合う形になって完全にメスと化しました。その様子がとんでもない。

これぞラブコメ萌えによるニヤリング&ローリングで身悶え3回転半するってやつですよ。読んでるこっちがこっ恥ずかしくなってしまうような、セトさんはスーパープレイを連発します。ラブコメ漫画もかくやというニヤニヤさせる描写がマーベラスです。

セトさんが見せる超乙女反応に胸が熱くなること多数。頬が緩むこと無数。しかも、めちゃんこ純情ですからね。ちょっと手が触れただけで「ひゃっ!!」となったり、自分の中で芽生えた感情がよく分からず混乱する様子が可愛すぎる。

「急にお腹いっぱいに…」って、それは胸がいっぱいになってるんだぞ!六郎に友達って言われておこになっちゃうセトさん可愛い。不貞腐れるセトさん可愛い。少女が女に成長するアレコレよ。

健全で純情なラブコメっぷり。むずがゆくて「あー!!」って何度も叫んでしまいましたね。なんなのこの甘ったるいの。これはまさに思春期のドキドキだ!ラブコメとしてもめちゃんくちゃ良かった。

絶対に良作です

特に事件が起きるわけでなく、穏やかな海がある田舎の人々の生活がメイン。ラストで物語を畳むための大事件が起きますが、劇場版『ドラえもん』みたいに子供が世界を救う的な夢がいっぱいでした。タイトルの回収もある。

田舎生活良し、プチサバイバル良し、キャラクター良し、雰囲気良し。間違いなく良作と称えらてもいい条件の殆ど揃ってます。田舎ならではの生活と思春期ならでは青春が満載でした。いい作品だった!と声を大にして主張した。

この『いそあそび』ワールドの空気感は絶対にハマッてしまうってものです。

全3巻なのでおすすめです!まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    作品終わるのに重版してもらえるんですね と作者ツイートしてましたので、やっぱり打ち切りなんですかね〜
    自分も好きだったので残念です

  2. 匿名 より:

    年を取るとこのような純愛作品は読むのが辛いのですが、ヤマカムさんの記事で気になっていて、全3巻ならまとまっていると思うので、電子書籍にて購入致します

  3. 匿名 より:

    2019年4月6日の作者公式ツイートにて「終了を伝えられた」「力及ばず申し訳ない」という記述があるので、打ち切りなのは確かです。
    https://twitter.com/satohiromi2010/status/1114563147795316736

  4. 匿名 より:

    いそあそびは女性のあそこを鮑に例えてのソロプレイでも良いと思います

  5. 匿名 より:

    絵はうまいしキャラは可愛いし、アフタヌーンってだけで品質保証されてる感じする。
    だけど結局知らないってのが一番の弊害なんだなって。

    色んな作品があふれていて、いいものも埋もれガチなのが残念。

    • 匿名 より:

      >だけど結局知らないってのが一番の弊害なんだなって。

      最近多いのが、作者がSNSで1話をアップすると「こんな面白い作品あったの
      知りませんでした!」ってバズるやつ。その作品、連載始まってから半年以上
      経ってるんですけどね…って思う。

      紙媒体のみの作品ならまだしも、ネット上でも読める作品ですらその状態なので
      本当に厳しい時代ですよね。

  6. より:

    漫画を読んでいる時は思わなかったけど・・・

    その画像だけを抜き取るともうプラグスーツにしか見えない・・・きっと赤なんだろうw