スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』、体は努力で出来ている。血潮は不器用で心は運痴。幾たびの戦場を越えて不恥!

シェアする

1

104話

「バルーンアート」&「社交ダンス」編に続く

104話「白銀御行は告らせたい③」で、もう白銀がどんなにポンコツであろうと一切協力しない宣言をしていた藤原書記。そこでナレーションでは意味深に「バルーンアート」と「社交ダンス」編に続くと書かれてました。本当に続いたー!

<関連記事>

はれー!? サイヤ人が満月で真の実力が出せるのと同じように、かぐや様は「はれー!?」が一番お可愛い(当社比)。 ...

108話「白銀御行は膨らませたい」

2

バルーンアート編である

今回の108話「白銀御行は膨らませたい」はまさに以前に銘打たれた「バルーンアート」編であります。文化祭でバルーンアートなのか。社交ダンスはどういうシチュになるのでしょうか。

恰好もいよいよ文化祭直前って感じですね。文化祭では、白銀はかぐや様に告られなきゃ自分から告る宣言してただけに男らしく決めるカッコイイ姿…のためにクッソダサイ姿を晒す回かといえばそうでもなかった。バラエティに富んでてめっちゃ面白かったです。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第107話 藤原千花は闘いたい だったら開催しましょう 全生徒会腕相撲トーナメント! ...
『かぐや様は告らせたい』第106話 文化祭を語りたい マスメディア部所属の紀かれんと巨瀬エリカ。二人を主人公にしたスピンオフ『...
『かぐや様は告らせたい』第105話 伊井野ミコは愛せない① 奉心祭! 秀知院学院の文化祭の名は「奉心祭」という。...

2-Bの様子

3

藤原さん&柏木さん

『かぐや様は告らせたい』って基本的に舞台は生徒会室で生徒会メンバーじゃないですか。だからクラスの描写がすごく新鮮に映って面白く感じてします。藤原書記と柏木さんだって、今まであんまり直にやり取りして来なかっただけに、「へー!クラスじゃこうなんだ」と興味深かったです。

なんつーか、ザ・クラスメイトって感じのやり取りが面白い。他クラスのかぐや様は「かぐやさん」と下の名前呼びだし、親友のマキちゃんは「マキ」と下の名前呼び捨てなのに比べるとお互い「藤原さん」「柏木さん」と苗字呼びの距離感。

とはいいつつ、お互いに遠慮もなくズバズバものを言ってます。「2-B」は白銀、柏木さんの彼氏(翼)、藤原書記、柏木さん、マキちゃん…と主要人物多いので、クラスの描写がもっと見たくなります。

あと、柏木さんナチュラルに畜生ですね。

さすが子供ができちゃうことやってる(かもしれない)だけあるわ。

藤原ママ

4

うずうずうず

もうなんつーか藤原書記はお母さんの領域だよね。

柏木さんに子供の教育論を解いたり、見てられなくなって教えたくて仕方がなかったり。昨今では「バブみ」のあるヒロインが重宝されますが、藤原書記はもうベテランの子育てに定評のあるママ。子供もいないし子供が出来ちゃうようなこともしてないのに!

最初こそ教えることを「およしなさい!」と否定的に言ってて、絶対に白銀に教えない。足を突っ込もうものなら地獄になるって分かってるのに。どんなポンコツを晒そうとも決意は固かったはずなのに。

教えたくてうずうずしちゃうのはドMなのか母の愛故なのか。つまり、何が言いたいのかっつーと、口では嫌がってるのに体は正直だな!

アニメ化も決まって薄い本の燃料を投下してきやがったのか。これ白銀がひとりで致すことが上手くできないとかいうケースで藤原さんが手伝ってしまうとか。口では嫌だって言ってるのに体が正直になっちゃう書記ちゃんとか。いくらでも応用可だぞ!

藤原書記は白銀が不器用でうまくできないと手伝いたくなっちゃう!

口では嫌って言いつつ体(本能)はどーすることもできない!

公式にすっごい燃料ぶっこんでくるな。

かぐや様と白銀の変わった関係(主に白銀が)

5

かぐや様の前で不器用っぷりを晒す

今回の一番刮目すべきポイントはここでしょう。

あの白銀がかぐや様の前で「弱み」を見せたのです。

というのも、そもそもの白銀チルドレンと藤原ママの特訓シリーズの根底にあったものは、白銀のプライドでしたからね。かぐや様の前でだけは格好悪い姿を、不器用な姿を見せたく無いからと陰で必死で努力し続けてきたわけです。

伝説の特訓シーズン1から続く、白銀が陰で弱点を克服して藤原ママに教育されるシリーズは、かぐや様に醜態を晒したくないからでありました。

6

コミック23話

もしも無様な姿を見せてかぐや様から「お可愛いこと…」と見下されることに恐怖を感じて、断じてそれだけは回避しようとしてたのが白銀の男のプライド。惚れた女に情けないところ見せたくない。

バレーの特訓、校歌斉唱特訓、家庭科の調理実習…かぐや様に「お可愛いこと…」と言われたくないのが動機で特訓したのでした。ソーラン節はある程度の及第点になってからかぐや様にコピーしろと教わったし、ラップもなまこの内臓だったのはかぐや様知らない。

今まで、なんとかギリギリでかぐや様にクッソ情けない醜態を見せることはありませんでした。嘲笑さらながら「お可愛いこと…」(妄想)を回避してきた、かぐや様の前でだけは恥を見せなかった男が…堂々と晒しやがった!

しかもかぐや様の前で弱音まではいてますよ。どうしちゃったんだ白銀!お前の弱点克服シリーズはかぐや様の前でだけはかっこつけたかった小さい小さい男のプライドだったんじゃねーのか!

天使のかぐや様

7

そういう事だったんですね

…天使じゃねーか!

かぐや様の前でだけは醜態を晒さんぞ!と不器用なのに特訓してなんとかしてきた白銀が、本人の前で見せた情けない姿と弱音。それを目撃したかぐや様の対応は天使としかいいようがありませんでしたね。

なんということでしょう。今まで散々「お可愛いこと…」と見下されて嘲笑されるシーンを妄想してたのに、実際のかぐや様はまったくそんな事がありませんでした。むしろ、弱点を見られて嬉しいとまで言ってますよ。かぐや様…お可愛い。

かぐや様の前で格好つけたくて努力してきたのに、別に醜態さらしても幻滅されることなく喜ばれた。これはマジで文化祭が天下分け目の最終決戦であるという風にも読めてしまいますな。むしろ初めて弱みを見せて事に意味がある。だって肯定してくれたんだから。

追記、以下の意見を頂きました。

会長が弱みというか本当の自分を晒したのはハーサカの一件で色々と思う所があったからでしょう
別に不思議な事ではないと思います

コメントより

あー、確かに。演じないラップがあったからと言われれば納得です。

最近のあらすじ(時系列順) …はい。 えー、前回の『かぐや様は告らせたい』(97話「藤原千花は刻みたい」)の感想...

意識高い系のかぐや様

8

素敵な話…!

めがっさお可愛いな!

どうしちゃったんだかぐや様!今まではポンコツお可愛いだったのに、今回は完全に意識高い系のメスと化している。当意即妙さがどこから来るのか分かったと。努力の努力を重ねてきたんだと。

白銀が弱みを見せたころで、むしろそれを克服してきた事が素晴らしいと評するかぐや様であった。確かにかぐや様は超天才で完コピーできてしまうので、常人の「努力」なんて知る由もないでしょうが、そこに恋する乙女の反応見せるのお可愛すぎますよ。

努力の努力を重ねてきて素敵とメスの顔をしたかぐや様は意味深でした。努力って素晴らしいんだね!しかし、もうかぐや様の前で醜態晒しても「お可愛いこと…」(妄想)されることない事が判明したので、白銀特訓シリーズの残ってる「社交ダンス」編やる意味あんのだろうか?

白銀の情けない姿は、藤原書記をお母さんにさせ、かぐや様をメスにする。ちぃ、覚えた。無駄な努力は無いと言われて完全に吹っ切れてた姿が印象的でした。

「無駄な努力は無い」と言って貰えた

9

無駄じゃない

(努力の努力は素敵と言われ真顔)

そうか

無駄な努力なんて無いって四宮は言ってくれるか

…そうか

無駄な努力なんてない!

なんで白銀がクッソ努力を続けたのか。今回は弱みを見せたけど、それすら肯定的に捉えられ、努力は素晴らしいと言われた。

白銀が努力を重ねた理由は、今までの特訓シリーズの動機で明らかなようにかぐや様に情けない姿を見せたくないからである。もっと言えば1学期の期末テスト(コミック30話)で明確にモノローグとして語られてます。

10

白銀が努力する理由

天才と張り合うという事がどういう事か。どれだけの犠牲を払えばいいのか。勉学は彼にとって唯一の武器である。なんでも出来てしまう彼女に勉学ですら勝てなければ、彼女は遠く、ただ見上げるだけの存在となるだろう。彼は勝たねばならないのである!対等の存在である為に!

なんで努力を続けたかっていえば、天才のかぐや様と並び対等の存在でありたかった為だけである。故に、血反吐を吐きながらも努力を続けてきた白銀。そんな白銀の努力を肯定してくれたかぐや様。「…そうか」とほほ笑んだ白銀の嬉しそうな面がグッとくるよね。

文化祭!かぐや様から告られなきゃ自分から告ると決意した白銀!最後の一押しというか完全に吹っ切れてましたね。今までの努力が報われた瞬間のようでもある。ある意味、告白の成功じゃん!

いやまあ、実際に文化祭で神風特攻したとしてどういう結末になるかは分かりません。それでもある種、白銀が報われたエピソードとなった。『Fate Unlimited Blade Works』のラストのラストのエピローグ風に言えばこうだ。

後悔はある。

無駄な努力を続けてたいただけかもしれない。

この過程を未来永劫呪い続けるだろう。

だが、それでも─。俺は、間違えてなどいなかった───。

かぐや様の為に努力を続けてきたんだから。それを本人に肯定されたとくれば、白銀の胸の内はいかほどか。無駄な努力は無かったのか。そっかー。それを嚙み締める白銀はマジで告白する文化祭直前である。決意を意地を勇気を完全に装着した。

伝説(になりそうな)文化祭はもうすぐだ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    節子、それ2-Bやで

  2. 匿名 より:

    柏木さん藤原書記と互角ぐらいの大きさだったのか

  3. カグヤー より:

    うーん……
    今回の記事には、少し物申したいです
    いや、確かに素晴らしい神回でしたけど

    まず、会長が弱みというか本当の自分を晒したのはハーサカの一件で色々と思う所があったからでしょう
    別に不思議な事ではないと思います

    それともう1つ
    かぐや様だって努力はしてるし、知ってる
    テストでは毎回、会長に勝つ為に必死に勉強してる訳ですからね
    これを忘れてはいけないですよ
    努力を知ってるからこそ、今回のかぐや様の言葉に重みが出てくるのでは

  4. 匿名 より:

    久しぶりにfateネタ加えてきましたねw
    今水着イベでジャンヌ来てますよ。
    えぇ・・もちろん 朴氏しましたよ(150連ではだめでした。ご参考までに。

  5. 匿名 より:

    ヤマカムさん、もうそういう同人誌はとっくにあるんですよね
    しかも、公式が同人版を描かせてる人がそのネタで描いてるんですよ
    セッ……の特訓回という設定のやつがね

  6. 匿名 より:

    それを書いたせいで、目をつけられてしまって、同人版を描くはめになったのでは。不思議なほどアレ以外、目にしたことなかった。

  7. 匿名 より:

    同人誌読んだけど……
    公式スピンオフの話があってよかったねとしか言えない