スポンサードリンク

『キング・オブ・アイドル』、若木民喜先生ようやく本気を出してきた件

シェアする

キング・オブ・アイドル

週刊少年サンデーで連載してる『キング・オブ・アイドル』どうっすか?

自分は好きな作品です!

毎回楽しみだし、どうなるかってストーリーも面白い上で、漫画家…いや表現者としての若木民喜先生の活躍って観点でも目が離せません。

<関連記事>

『キング☆オブ☆アイドル』(若木民喜) おい!若木民喜!そこ座れ!正座だ! あのな。お前な。マジな話な。本当にな。ズバリ...

若木民喜先生とは…?

若木民喜先生は描く可愛い女の子がペロペロなのは言うまでもありませんが、単純に表現者として見ても面白い漫画家だよねぇ。デビュー連載作は何とも言えませんが、ヒットした『神のみぞ知るセカイ』からの作品を見ても明らかでしょう。

近年の作品、『神のみぞ知るセカイ』『ねじの人々』『なのは洋菓子のいい仕事』には共通することがあります。それは、若木民喜先生が好きなもの&詳しいものを題材にしてるのである。

全てをさらけ出す!

7

現実なんてクソゲー

たとえば、氏の代表作『神のみぞ知るセカイ』は美少女ゲームをメタ的な観点で描き、次々と色んなヒロインを攻略していく快作である。若木先生が美少女ゲーム大好きだったことは明らかでしょう。

そんな感じで『神のみぞ知るセカイ』は美少女ゲーム大好き、『なのは洋菓子のいい仕事』はスイーツ大好き、『ねじの人々』は哲学を学んだ…という作者の下地や大好きなものをアウトプットした作品ばかりなのである。

若木民喜は漫画界の太宰治である

8

神汁1話

「まったく同じ展開のゲームを…やったことがある」が全てでしょう。

若木てんてーは桂馬みたいな作家なんですよ。経験をアウトプットして表に出す!

あえて例えるならば若木先生って太宰治先生なんですよ(個人の意見でーす)。

かの太宰治は、己の恥ずかしい部分やセンシティブな深いところまでを作品に反映させたと評されることがしばしばあります。恥部をさらけ出すことで人々から共感とか評価されたのである。

普通ならドン引きしそうなものも、己の全てをさらけ出す事で昇華させて芸術のようにさせる。あるいは、それでこそ熱狂を生むのかもしれんな。そう、太宰治が己を剥き出しにしたように、若木民喜先生も剥き出しで晒す作品を出すのだ。

漫画界の…いや、もっと正確に言えば、萌え漫画界の太宰治こそ若木民喜先生なのです。全てをさらけ出せ!裸のクレイジー漫画家よ!恥を妄想を具現化させるのです。

主人公が男である意味

9

キング・オブ・アイドル

さて、前置きが長くなったが今作『キング・オブ・アイドル』。

美少女ゲーム大好きで神汁、スイーツ大好きでなのは洋菓子…と同じ系譜です。若木先生がアイマス大好きなのはツイッターやブログを見れば一目瞭然でしょう。アイマス大好きなので、今度はアイドル漫画や!である。

そんでもって、主人公は男です。女装してます。ちん〇んついてます。でかいです。アイマス大好きなら、素直に主人公も可愛い女の子にすればいいのに…?なぜ男の娘にしたのか?それがずっと喉につっかかった小骨のようでした。

男が女装してアイドルに…!?といえば『AKB49』(宮島礼吏)と『少女少年』(やぶうち優)が真っ先に思い浮かばれます。どちらも漫画界に残る男の娘アイドルの代表作である。

すでにレジェンド的な作品があり、ここであえて主人公を男にしてアイドルにする意味。それが分らなかった。『AKB49』なら火傷するぐらいの王道熱血路線で、男にした意味があった。『少女少年』なら男の娘を極限までペロペロさせる可愛さ路線で、男にした意味があった。

『キング・オブ・アイドル』が男の娘である理由…。

タイトルのギミックという意味もありますが、それだけなのかと。

単純な二番煎じなのか、それともこの作品でしかない男にした意味があるのか。それが気になってたのですが、最近の展開で主人公を男にした意味が分かった(気がした)。ずばり、ラブがコメるのです。

瀬川瀬奈さんと…!?

10

54話

地方のイベントで発生した盗撮事件。

まあ、この事件そのものはあっさり薄味で解決したのですが、真相を知ってしまった瀬奈さんの反応が全てでしょう。陰でまほろくんが盗撮犯を捕まえていたと知って「は…」と赤面。デレ期満了期の顔をしていました。

前からフラグをビンビンに立ててた瀬奈さんでしたが、いよいよ満了期を迎えたといっても過言ではないでしょう。『キング・オブ・アイドル』の主人公・まほろが男の理由。ずばり、ラブがコメることでしょう!

ようやくきたって感じですね。

もちろんレジェンド作品『AKB49』『少女少年』にも恋愛要素はありましたが、もっともっとピックアップされてる。さらに突き詰めれば本家アイマスにだっていわゆる「男の娘」アイドルはいる。それでもプロデューサー目線でなく、同じアイドルとしてのニヤリング目線でラブコメかますのが『キング・オブ・アイドル』の特徴でしょう。

女装してアイドルに交じって青春ラブコメしてーなぁって若木先生の願望がいかんなく発揮しているのが最近の『キング・オブ・アイドル』の展開ですよ。「きんもー☆」ですね(誉め言葉)。しかし、それでこそ若木先生のマジでガチです。インプットとアウトプットの理想。恥部を晒してきやがったなと。

事実、瀬奈さんがデレてめがっさ面白くなってきました。

瀬奈さんのそれ恋だよ!

11

今回の瀬奈さん

君といると…普通の気持ちじゃいられなくなるのよ!

あらら~(笑顔)。

もうどう見ても完ぺきにメスの顔になってるじゃないですか。まほろにデレてるとしか言いようがありませんね。ついに瀬奈さんは究極の感覚「ラブセンシズ」に目覚めたのである。

ラブセンシズとは恋宇宙(女の子の恋する宇宙的エネルギー)である。この状態にまで達した乙女は恋宇宙を最大限に増幅することが可能となり、圧倒的な可愛さを発揮することができるという。黄金ヒロインのみの力である。

瀬奈さんは目覚めたのだ。黄金ヒロインに!しかもこの戸惑ってわけわかめな言動から察するに…。さては瀬奈さん、今まで恋をしたことがないな!まほろが初恋の相手と見た!初めて体験する「胸キュン」と「ドキドキ」にパニクっておるわ。

12

おやおやまぁ…

まあ、ここまで小難しく恥部を晒す表現とか、漫画界の太宰治とか…小難しく例えて言いましたけど、突き詰めれば若木先生のキモって「可愛い女の子」と「ラブコメ」ですからね(断言)!

ようやく本領発揮している。めがっさニヤニヤ展開だよ。こういうのでいいんだよ!ここまでくれば瀬奈さんは、あとは地球の重力に引かれて落ちるアクシズのように、真っ逆さまに堕ちるのみでしょう。崖からもまほろからもな!

『キング・オブ・アイドル』はじまったな!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    百合でもよかった

  2. 匿名 より:

    誤植は普段気にならないんだけどセシンズはさすがに耐えきれなかったわw

  3. 匿名 より:

    瀬奈の攻略が進んだ今、焼きもちイベント兼で他の娘の攻略はよ

  4. 匿名 より:

    長続きしなかったと言う事は、「アルバトロス」は嫌々描いていたのか。

  5. 匿名 より:

    若木はたぶん美少女そんなに好きじゃないやろ
    たぶん火田君とはまったく違うオタクなんかな~、オタクなのかも疑わしい

    • 匿名 より:

      若木先生は昔運営してたサイトを知っていれば、
      ギャルゲー(というかエロゲー)大好きなのは分かると思う