『かぐや様は告らせたい』第125話「二つの告白」(中編) 伝説の直前すぎるんだってばよ!

シェアする

ヤングジャンプ 2019 No.8

アニメも絶好調の『かぐや様は告らせたい』!

アニメ2話では1話ではなかっらED曲「センチメンタルクライシス」がかかったけど、良い曲やね。しんみり染み渡るメロディ。そして歌詞!これはどう考えても1期最終回(だと思われる)「花火の音は聞こえない」への布石でしょう。間違いない!

原作本編では今まさに大決戦である。

このまま終わってしまってもおかしくないってぐらい「ありったけ」です。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第124話:「二つの告白」(前編) 最終決戦! 長かった文化祭も終わりに近づきつつありましたが、...
『かぐや様は告らせたい』第123話 かぐや様は告りたい③ 天下分け目の関ヶ原こと文化祭もいよいよ大詰め。 前回、かぐや様...
アニメ『かぐや様は告らせたい』 アニメ『かぐや様』を視聴。感想はズバリ、めちゃくちゃ面白かったです。原作ファンも未読の視聴者も...

第125話「二つの告白」中編

『かぐや様は告らせたい』第125話「二つの告白」(中編)

――恋愛は

好きになったほうが負けなのである!!

恋愛は戦で好きになった方が負けってのはのはコミック1話や11話、それぞれ1巻と2巻の冒頭で語られた名ナレーションである。いまここで、TVアニメに呼応するように原点回帰をする。かぐや様と白銀が最終決戦であるとを読者に強烈に印象付けてくれます。

またサブタイトルが「二つの告白」の中編ですからね。今まで前後編で分けてた「花火の音は聞こえない」「生徒会は撮らせたい」よりも長丁場の全3話からなる物語。おそらくアニメ2期か3期の最終回を飾るに相応しいエピソードでしょう。

恋愛は好きになったほうが負けならば、かぐや様も白銀も両者すでに負けている!例え先に白銀が惚れていたとしても、もうどっちも敗者だったのである。さあ、決着へ!

かぐや様の乙女視点

かぐや様乙女すぎる

…分からない。どうして会長はここに?私が来ると分かっていたんですか?私は試されてる?どこまでが計算?

今回の話は全てかぐや様からの視点のみで語られています。

『かぐや様は告らせたい』自体、白銀視点でもかぐや様視点でも(石上とかその他でも)描かれる青春群像でした。ちょっと前のラブコメにおいて、主人公男子視点でのみ心の声…モノローグがあって女の子のモノローグなんてほとんど無かったじゃないですか。

前から無くはなかったけど、明確な変化が起きたのは『ニセコイ』なんだよね。女の子視点ってのは基本的に少女漫画特有のものでした。少年漫画や青年漫画のラブコメではめずらしかったのです。『ニセコイ』の作者・古味先生はファンブック。トクレポで以下のように…。

人気投票の結果を見ると、女の子のモノローグが多い回が結構人気があって

少女漫画的な手法が受ける今!

そういう意味で『かぐや様は告らせたい』はまさにトレンドのラブコメでもある。めっちゃナウイ。で、スパークしたのが今回だよね。かぐや様の乙女的思考がめっちゃ可愛い。はっきり言って破壊力が半端ない!

どうしてこのタイミングで留学の事を言ったの?私が告白したらなんて答えますか?私の気持ちにどれくらい気付いてる?私の事どの位好きですか?怖い…。

「怖い」ってモノローグは胸を打ちまくるな。

恋愛における原点で究極でもある。

思春期の恋する若者特有の繊細な心理。モノローグがとても刺さるし、人を好きになったことがある全ての者達に共感できると思う。白銀同様に「もう一人の主人公」なだけある。微笑ましいけど分かるわーって。

かぐや様は怖い

怖い

はい!お可愛い!

「怖い」って繰り返さすモノローグに胸が熱くなるな。そりゃそうだ。だって、相手の気持ちが分からないんだもんね。片想いの旨味を濃縮しており、全てのモノローグがお可愛く尊かった。かぐや様のお可愛さ極まりです。

今まで「恋愛頭脳戦」という体で相手から告させたいかって根源でもあるよね。だって怖いもん。もしも失敗したら…って考えちゃうから。その辺の心理をうまーくお可愛く堪能できたかぐや様のモノローグでした。最高!

また、白銀の前で本当に泣いてしまったのも外せませんな。かぐや様が白銀の前で涙を見せたことがあっただろうか?カマトトやインチキでなくね。答えはノー!スキルでなく、100%の「純粋無垢」です。まじでノーガード戦法なのです。

最後の「恋」心ですよ!

あなたが私に告白してくれば、成功率100%なのは間違いないのに!!

お可愛くちょっと切ないかぐや様のモノローグ。今回は全部、かぐや様の視点で描かれてるけど、全て白銀も同じなのでしょう。白銀だって恥ずかしいし、怖いし、何で告ってこないんだよー!的なモノローグを同時にしてた(と思われ)。

両想いで成功率100%だって分かるのは神の視点を持つ読者だからね。かぐや様も白銀も必死!全力!ヤバイぐらいにきゅんきゅんしてしまう。

1話と11話を踏襲する2人のやり取り

インチキ(乙女の涙)

今回のエピソードは原点だったね。具体的には1話と11話と同じ構成。でも一つだけ違う点は「恋愛頭脳戦」でなかったこと。ノーガードでそこに駆け引きもない。カマトトもインチキもない。全て本気のマジである。

もしも1話や11話で「素直」だったならば…ってアンサーのようでもあります。かぐや様と白銀が策略を巡らせず、尚且つ邪魔(藤原)がいなったらどうなってたか…。

例えば1話ではスキル「カマトト」で白銀は「告白は男の役目かな…」って敗北寸前から藤原書記がすべてひっくり返しました。11話では「インチキ」で白銀はヒヨったところを邪魔(藤原)のガラケー発言で台無しにされました。

流れがまったく同じだよね。1話も11話も頭脳戦の果てに、かぐや様の泣き(カマトト&インチキ)で白銀がヒヨってしまう。でも今回のかぐや様はガチ泣き。白銀のヒヨりもマジ。邪魔(藤原)もいない。

両者敗北

勝者無き戦い…と語り継がれる「スタート」。

2人の原点でもある1話(正真正銘1話)&11話(ヤンジャン1話目)。

その流れと構成をノーガド戦法でやったとしたらってエピソードだった今回の結末をどうまとめるのだろうか。やはり引き分けって可能性が高いよね。違いがあるとすれば「両者敗北」でなく「両者勝利」かなって。

男・白銀の切り札

これが俺の気持ちだ

かぐや様が泣いて折れた白銀。ここまで1話と11話の踏襲である。先に告白したのは白銀ってことでいいのだろうか。実際に、沢山のハートを満開にした「これが俺の気持ち」です。

どうしても折り合いがつかないから言葉にできないから。俺が思う最高に素敵な物をプレゼントしようと思ったんだ。分かるか四宮。これが俺の気持ちだ。

なんて感動的なんだ!

がしかし!これは白銀から告白したって解釈と思うじゃん。いや、もう実質、最上級の告白以外のなにものでもない気もするけど、まだ「言い訳」できるところがある。普通なら「奉心祭でハートの贈り物をすると永遠の愛がもたらせる」なら白銀からかぐや様にハートを送った以外の何ものでもない。

でも、決定的な事を言わず全校生徒にハートの風船をバラ巻いたってのは気になるろころです。「俺の気持ち」でかぐや様だけにハートを渡すなら退路無き告白ですが、ここで全校生徒へ向けてハートをぶっ放したのは何だろ?単純に沢山のハート?それとも?

もしも、藤原書記なんかがこのハート風船GETしたら告白したことにもなるような…。果たしてこれが白銀のかぐや様への愛の告白なのか?まだ文化祭終わってないので白銀最期の「かぐや様から告らせる」って穿って見てしまう

これが白銀からの告白ならば、やったね!かぐや様大勝利!である。でも、かぐや様だけにハートを送ったわけでない部分が気になる。この行動は確かに男らしい。宣言通り「男らしくいく」ですが、イコールたった一人の異性に告るでない。男らしくかぐや様から告らせいたいとも解釈もできる。

すべては次回次第だな。

・これが白銀からの告白だった(かぐや様大勝利)

・これが白銀最後の告らせるだった(白銀大勝利)

・2人の決着は「引き分け」にならなきゃ!(両者勝利)

この白銀の大量ハートがそのままかぐや様への告白とイコールならば、かぐや様の勝利で白銀の敗北です

だ・け・ど!

ここまで数々の激戦を繰り広げた2人に「引き分け」(=両者勝利=同時告白)以外の顛末があるのかなーって思うんだよなぁ。それは物語的にNO!そのような選択肢はNO!ですよ。

ま、なんともいえませんがここにきて「キムチでもいい?」なんてふざけたオチは無いでしょう。長きに渡るかぐや様と白銀の決着戦!次回が楽しみです。まる。

追記

心理テスト回で『花束を持ち帰る量=その人の想い人に対する愛の大きさ』って質問で会長は「トラックに詰めるだけ詰めても気持ちとしては足りないくらいだ」と答えてたので
単純に会長のかぐや様に対する大きな(というか大き過ぎる)愛情表現では?

コメントより

タイトルが『かぐや様は告らせたい』なんだからかぐや様の勝利でも問題ない!

コメントより

会長はハートを送ることで告白し
かぐや様は想いを告げることで告白し
双方勝利で終わるのではないでしょうか

流石に石上もハートの意味に(察するもしくは近くにいる誰かに教えられて)気がついて自分がしたことに考えが至り、つばめ先輩に対し自分で決めた三月の期限へ向けて本気を出す流れかも

コメントより

せやな。

先に告白云々なんて些細なことかもしれませんわ。なんたってタイトルは『かぐや様は告らせたい』だし、どっちから告白しても両者勝利に変わりはないね!

<こちらもどうぞ>

『かぐや様は告らせたい』が次回で決着付きそう(?)な様子で、ラブコメの伝説誕生を座して待ちたいと思います。せっかくなので、こ...

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. YUU より:

    もう言葉にならない・・・来週早く来て欲しい

  2. 匿名 より:

    会長最後のアレはちょっと弱い気がしたな

  3. 匿名 より:

    心理テスト回で『花束を持ち帰る量=その人の想い人に対する愛の大きさ』って質問で会長は「トラックに詰めるだけ詰めても気持ちとしては足りないくらいだ」と答えてたので
    単純に会長のかぐや様に対する大きな(というか大き過ぎる)愛情表現では?

  4. 匿名 より:

    これ以上ない告白だと思うけどな
    もう後編を座して待つのみ

  5. 匿名 より:

    邪魔(藤原)に草
    いや、もうホントこいつだけはね

  6. 匿名 より:

    キムチはもう許してやろうや…

  7. 匿名 より:

    タイトルが『かぐや様は告らせたい』なんだからかぐや様の勝利でも問題ない!

    そしてこれで石上が捧心祭でハートのプレゼントの意味を知る展開も期待できる。

  8. 匿名 より:

    風船膨らませるの苦手だったのに頑張ったなぁ、浮いてるから口では膨らませてないのかもだろうけど

  9. 匿名 より:

    あの風船は学校中のものを集めただけじゃなかったっけ?

    わたモテ14巻の感想もおねしゃす

  10. 匿名 より:

    会長はハートを送ることで告白し
    かぐや様は想いを告げることで告白し
    双方勝利で終わるのではないでしょうか

    流石に石上もハートの意味に(察するもしくは近くにいる誰かに教えられて)気がついて自分がしたことに考えが至り、つばめ先輩に対し自分で決めた三月の期限へ向けて本気を出す流れかも

  11. 匿名 より:

    アルセーヌ(男らしく)や「はい喜んで」のフリがある以上、会長からの告白は逃げ無いでほしい

  12. 匿名 より:

    今週はホント、読んでてグッときちゃったなぁ…
    普段アホやってる子達だから、こーゆー回あるとギャップでやられるし泣く
    来週本当に楽しみやで!!

  13. 匿名 より:

    正直最後の風船ラッシュは弱いというか、ありがちなラブコメだと「会長は皆にハートをプレゼントした」的な展開になって有耶無耶になるパターンだよね。

    きちんと言葉で伝えていないことが来週どう響くのか不安だ。

  14. 匿名 より:

    会長はガチの告白をした
    →かぐや様はいつもの癖で穿った見方をしちゃうけど、思い直して素直に告白
    →会長がかぐや様の告白にヤられてみっともないくらい告白し直し
    みたいな敗北合戦の大勝利じゃないですかね
    うやむやは避けてほしい…付き合ったって主導権争いはできるでしょ!