スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』第123話:かぐや様は告りたい③ 「竹取物語」と「奉心伝説」

シェアする

『かぐや様は告らせたい』第123話 かぐや様は告りたい③

天下分け目の関ヶ原こと文化祭もいよいよ大詰め。

前回、かぐや様から告白すると決めて盛り上がりも最高潮に達しましたけど、今回も継続して「うおおおおお!」と拳を握りしめて叫びたくなるようなテンションでしたわ。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第122話 かぐや様は告りたい② 奉心祭での告白は”永遠の愛”の誓い―――。 盛り上がる...
『かぐや様は告らせたい』第121話 白銀御行は告らせたい⑤ 文化祭デートの開幕だー!! <関連記事> ...
『かぐや様は告らせたい』第120話 子安つばめは断りたい つばめ先輩め…なんて素敵な反応するんだ! 本人無自覚とはいえ石...

第123話「かぐや様は告りたい③」

サブタイも前回に続き「かぐや様は告りたい」シリーズの「③」です。

せっかくかぐや様が告白しようと決心したのに、白銀の姿が見えません。

かぐや様の立てた作戦、火矢の時に近くで見てもらいドッキドキさせるプランは早くも破綻してしまうのでした。まあ、そこはさして重要では無いからね。つばめ先輩&石上サイドも文化祭で一区切り。

つばめ先輩と石上

いつ頃までに返事をすればいいか…キミに決めて欲しいの!

120話で石上のことはまだよく知らないので返事は保留すると決めてましたので、それを伝えるつばめ先輩。石上は告白したと分かっていないので爆弾の導火線になりそうな気がしてましたが、文化祭では上手くまとまりました。

てっきり「僕、告白なんかしましたっけ?」とか言い出してシャイニングウィザードを食らう流れかと思ってただけに一安心です。事前に桜の話をしてて花見をするという勘違いが良い塩梅で効いてました。面白すぎる。

これから石上まわりは俄然盛り上がってきそうじゃないですか。『げんしけん』の班目先輩が二代目でハーレム王国を築いたように、石上が建国したっておかしくない流れやで。

つばめ先輩マジ天使

天使かな?

もともと分け隔てなく接するフレンドリーなところに惚れたと言ってた石上。コミック104話では以下のようにつばめ先輩の長所を述べてました。

最初は応援団の空気を良くする為に無理して絡んで来てると思ったんですよ。でも、あの人はそうじゃないんですよ。素でアレっていうか、無理せず普通に優しい人だって気づいたら。なんかその。

まあ、「無理せず普通に優しい人」というのはミコちんにもマキちゃんにも小野寺さんにも当てはまってる気がしますが、そういう部分に惹かれたという石上。

今回で、体育祭に石上に接してたのはただの後輩としてだけでなく、1年から例の「暴力で停学」とか「ストーカー野郎」などといった風評被害の噂話を知ってたことが判明しました。1年生のいざこざなんて知らないと思ってただけにビックリですね。知ってて尚、普通に優しかったつばめ先輩。

世間の噂話とかに流されないあたりは株価急上昇です。

これから石上をよく見て知っていこうというね。陰キャだけど、良い奴であることは間違い無いのでつばめ先輩ルートまじで現実味帯びてきてる気がする。同時に、花に詳しい一面を知ったのも興味深い

コミック80話

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』(赤坂アカ)8巻読了。 今巻から紙と電子が同時発売で、最近のヤンジャン系列は「紙と電子で累計〇...

ミコちんに花と一緒に「君の努力はいつか報われる」と手紙を送ったのは十中八九石上でしょう。現状ではミコちんの王子様が実は石上と知ることはほぼ絶無と言っていい状況下ですが、ここでつばめ先輩が石上が花言葉等に詳しいと知ったのは良い意味で楽しみですね。

ミコちんのフラグを立てる役割の前振りのようにも見えるぞい。

返事は3月までで大丈夫!

3月に入ってからで大丈夫ですよ

石上は花見の約束だと勘違いして、つばめ先輩の告白の返事を3月に入ってからで大丈夫であると。時期が丁度アレに当てはまるじゃん。学年50位以内に入ったら告白するってかぐや様と誓った3学期期末テストと。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』94話 四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編① やっぱりかぐや様はお可愛いな…(この世の真理) ...

本人無自覚で告ってしまいましたけど、つばめ先輩の返事の時期が被るってのはすごく楽しみですね。文化祭で『かぐや様は告らせたい』はかぐや様&白銀がくっ付いて終了するんじゃないかって懸念も一部であったけど、これは大丈夫!3学期まで続きます!

石上は告ったと気付かずに、(四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」を達成すれば)正式に告白する時につばめ先輩から返事を貰う…。めがっさ楽しみですね。

そもそもつばめ先輩は「その間にじっくり君の事を知ってみる!」宣言までしちゃってるし。

じっくり君の事を知ってみる!

石上は一見すると、どうしようもないクズでダメ男ではある。だ・け・ど!よく見ればナイスガイなのは読者はみんな知ってます。つばめ先輩が観察し、石上の良さを知り惚れても何の不思議もないわけです。むしろ、この流れなら惚れる方が確立高いぞ。

やっべー!つばめ先輩が惚れることも十分あり得るじゃんよ。加えてミコちんのフラグすら立てそうでもある。裏主人公ってだけあって、今後への期待はうなぎのぼりなり。

石上は┬─ミコちんとくっつくよ(裏主人公&裏ヒロイン派)

   ├─つばめ先輩とくっつくよ(巨大ハートクッキー派)

   ├─マキちゃんとくっつくよ(やすらぎ派)

   ├─小野寺さんとくっつくよ(ラノベ派)

石上ハーレムあるで!?

白銀は何をするのだろうか?

3枚目の犯行声明

さて、白銀はいよいよ行動に出ます。

かぐや様から告られなきゃ、自分から告ると決めてただけに、ここが最後の勝負所なのでしょう。ただ何するつもりかまるでわからんちん。オブジェの龍の玉だけが無くなっていました。プラス、第三の犯行声明文。

文化祭は頂く

これはこれから文化祭を白銀のワンマンステージにしてしまう予告なのは間違いなさそうですね。第一の犯行声明「ハートは頂く」も白銀がかぐや様のハートを盗んでしまう予告と思われる。白銀はとんでもないものを盗んでいきました!かぐや様の心です!ですよ。

しかし、分からないのは第二の予告状。

第二の予告状

あくまでも「予告状」なのでこれから盗む宣言でしょう。

それで「〇〇の〇間」ならば、「四宮の時間」っぽいが何とも言えません。

答えが四宮の時間だとしたら、スケジュール的に二人で会える時間が書かれていたのでは?というか、実際この時間で会ってない?コミックス派なので読み込んでないので検証して欲しい

コメントより

検証しようにも時計描写がまったく無いので何とも。

文化祭2日目(119話~)で、「7時前」「9時ちょい過ぎ」「10時ちょい過ぎ」「2時前」「2時」にかぐや様と白銀が過ごしてた可能性もあるし、この予告はこれからかもしれないし

今回のエピソードは、丁度夕焼けから暗くなってるので火矢を射たのは19時前のようにも見える。ここで3枚目の予告状がバラまかれたので、かぐや様の時間は奪われてるが…。ただ「これから」の場合、キャンプファイヤーが何時までやるか知らんが2時は高校生の文化祭じゃあり得ないでしょうし…。

・ハートを頂く予告

・〇〇の〇間は頂く予告

・文化祭は頂く予告

やっぱ分からん。

白銀はこれから何する気なんだってばよ!

さらに、ハリボテの「玉」を使うようです。盗んだハートの風船も使用するでしょう。「男らしく決める」宣言してる。白銀はアルセーヌ・ルパンのコスプレまでしてる。犯行声明を出したアルセーヌが自分だとバラすのは確実かなぁ。

「玉」のオブジェと大量のハート型風船。これを使って一世一代の告白をするのでしょうけど、まったく想像できんな。

「竹取物語」と「奉心伝説」

「竹取物語」について

『かぐや様は告らせたい』は「竹取物語」が下地となってるのは誰もが思うことでしょう。この結末に一石を投じたのが白銀。コミック56話では以下のような解釈をしていました。

かぐや姫は月に連れ去られる際、愛した男に不死の薬を残す。だが彼女の居ない世界で生き永らえるつもりはないと、男は薬を燃やしたという美談で物語は締められる。でも考えてもみればさ、あの性悪女が相手を想って不死の薬なんて渡すと思うか?俺はいつも思うよ。あの薬は「いつか私を迎えに来て」。そんなかぐや姫なりのメッセージだったと。

竹取物語は奈良時代の話です。

奇しくも秀知院に伝わる「奉心伝説」も奈良時代の話だそうです。

「奉心伝説」について

むかーし、むかし。ある所に病で今にも死んじゃいそうな姫様が居たんだって。彼女の父親のお殿様が祈るとお告げが来たの。若者の心臓を火に燃べ、その灰を蘿蔔の汁に溶き飲ませよと。その噂を広まると姫を愛する一人の男が…心臓を奉げたと。

そんな話が奈良時代の風土記にあり、場所は秀知院高等部が建ってるところと一致してるそうな。「奉心祭」のネーミングはこの風土記から来てるのである。

なぜ「竹取物語」と時代が一致しているのか。ひょっとしてこの2つは同じ過去の話だったのではと思ったり思わなかったり。愛する姫のために燃やしたのは「不死の薬」だったのか「心臓」だったのか

既視感あるそうな…

どことなく既視感ある話だな…

愛の証明に心臓を捧げた男の物語に既視感があると思う石上くん。

「竹取物語」と「奉心伝説」は作中では同じ過去エピソードなのだろうか。燃やしたのは不死の薬でなく心臓なのか。どっちが正しいのか知らんが、大好きな姫に命を捧げた男が奈良時代に居たってことなのだろうか。引っかかる。

なんにしても、「竹取物語」を独自の解釈をした白銀なら、伝わる「奉心伝説」だってハッピーエンドを見出してそうでもある。これからの最終決戦にこれが触れられるかは知らんし、そもそも関係ないかもしれんが、男・白銀のやることは期待しかない!はい。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    つばめ先輩と石上でくっついてほしい…
    石上とミコちゃんの仲を勘ぐってつばめ先輩が身を引くとかは嫌だああああ

    • 匿名 より:

      >石上とミコちゃんの仲を勘ぐってつばめ先輩が身を引くとかは嫌だああああ

      三ヶ月という時間がありますからね・・・年末年始のイベントもあるでしょうし、
      石ミコが急接近してつばめ先輩が身を引く、って流れはマジでありそうですね。

  2. 匿名 より:

    石上の既視感は自分の行動についでないかな?

  3. 匿名 より:

    『奉』心伝説ですよ
    ミコちゃんの過去回想の看板も、単行本でこの字に直されてましたからね

  4. 匿名 より:

    三月までにつばめ先輩がミコちんとの仲を見て断るけど石上が男らしく告白する流れかな?
    個人的にはハーブティー派なのでツンデレ先輩と付き合って欲しいです