『かぐや様は告らせたい』、古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱい

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

12

写真ごときで何を泣いてるの

 

映画化決定!(勝手に)

 

『かぐや様は告らせたい』はめだたいことにヤンジャン連載2周年(間近)!

90話と91話のサブタイは「生徒会は撮らせたい」である。前半・後半と書かれてなく同じタイトルでしたが、コミックで修正されるのかな。まあ、一言で表現すれば最高に良い話だったです。

 

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』、次の生徒会メンバーは誰なのか?
...
『かぐや様は告らせたい』、マキちゃんが最高すぎた件!
...
『かぐや様は告らせたい』、四条眞妃とは「マキちゃん」なのか!?
...

 

たまにグッとくるエピソードをやるから『かぐや様は告らせたい』は侮れません。

 

ラブコメとかギャグ漫画の枠以上のことをやるからすごいね。普通に読者を泣かせにきてやがる!今回の「生徒会は撮らせたい」はアニメ2期の最終回ですね。1期は「花火の音は聞こえない」。はやくアニメ化してくれー!

 

小さい頃に買ってもらったガラケーを使い続けていたかぐや様。そのガラケーを屋上から落として号泣…というのが前回の話でした。

「生徒会は撮らせたい」

13

残念ですが中のデータは諦めて頂くほかありません

 

破損してしまったかぐや様のガラケー。古すぎる機種だったようでクラウド保存もなく、全てのデータが消えてしまいました。なぜここまで衝撃なのかといえば、今のかぐや様はガラケーに入ってた写真がかけがえのないものだから。

 

90話のナレーションでは以下のように説明されてました。

 

生徒会に入って以降の四宮かぐやは…この日常を写真に残すようになった。

今まで携帯のカメラは無駄な機能だと考え、何かある度にカメラを構える同年代の少女に軽蔑の視線すら向けていたかぐやではあるが、それは撮りたい物が無かったに過ぎない。思い返したい日々が無かったから、残したい日常が無かったから。

 

もともと携帯電話は電話をする為だけの道具だったのに、いつしか生徒会メンバーとの日常で写真機能を使うようになったと。ナレがまたグッとくるね。

 

そんなかぐや様が受けたショックが新たな思い出に、文明の利器で救われるってのが今回の91話「生徒会は撮らせたい」(後半?)である。

 

34&35話の「花火の音は聞こえない」を彷彿させるサブタイトルの仕掛けと、そこへ至るまでの構成力が最高すぎた

 

90話の「生徒会は撮らせたい」は文字通りパンフレットを作るからノリノリで写真を撮らせたいって意味合いでした。そして91話の「生徒会は撮らせたい」は文字通りかぐや様と一緒に集合写真を撮らせたいである。

 

集合写真…そういえば私…

その手の写真を撮った事一度もありませんね…

 

と90話では今まで一度も集合写真を撮った事が無かったというかぐや様の独白。いくら四宮のご令嬢でも卒業アルバムとかどーしてたんだろ?それともワンピのサンジ的に父親から子供と認めてくれず、その手のものが御法度だったのだろうか…。

 

そんな集合写真を一度も撮った事がないかぐや様でしたが、91話「生徒会は撮らせたい」は生徒会がかぐや様の初の集合写真を撮らせたいですよ。もう最高の写真でした。

 

集合写真撮った事ないからのー!

 

生徒会は撮らせたい

 

( ;∀;) イイハナシダナー

 

グッとくるね。90話と91話でまったく同じ「生徒会は撮らせたい」ってサブタイ。パンフレット的な意味だけなく、90話ラストでは記念撮影を撮りましょう…で「生徒会は撮らせたい」。んで、撮れなかったみんなとの全員集合写真は91話で全員で撮る。生徒会は撮らせたい!たまらんわい。

 

LINEによってかぐや様の失われた写真「誰かと分かち合ったいつも通り」「本当に大切な物ならば―相手も大切にしているものである」と、以前のガラケーよりもメモリー盛りだくさんになりました。しかし、その写真に生徒会メンバー5人揃い踏みの写真は1つもなかった

 

最高で映ってるの4人です。誰かが写真を撮ってたから5人全員が一緒の写真は1枚も無い。ゆえに、この5人全員が同時に映る写真は尊い。そして同時にこれがかぐや様が新スマフォで撮った1枚目の写真である。新しい1ページ感が素晴らしい。

 

90話と91話の「生徒会は撮らせたい」はサブタイの意味も含めて最高だな。さらにヤンジャン2周年を記念するように、ヤンジャン移籍1話目(コミック11話)の「かぐや様は交換したい」を踏襲した構成にもなってる。

「かぐや様は交換したい」からの「生徒会は撮らせたい」

91話 / 1話(コミック11話)

 

ヤンジャン移籍1話目は白銀がはじめてスマホを買った話。

連載2周年間近の91話はかぐや様がはじめてスマホを買った話。

 

ストーリーから台詞回しからコマ割りまで完全に「対」になっています。そしてラインの交換でグダグダやってた時から始まった「これまでのいつも通りの思い出」がいかに大切だったかを認識できるという、1話からの全てが思い出だったと読ませる構成の妙よ。

 

そう。だからつまり…90話から繋がる91話の「起承転結」も凄まじいけど、1話(11話)から繋がる「起承転結」も凄まじく効いてるんです。「かぐや様は交換したい」の回答ですよ!

 

(半年)その間、特に何も無かった!

 

確かに相手から告らせるって観点では何もなかった。

あれからさらに半年経過しました。

 

相手から告白させてやるって恋愛頭脳として見ればやっぱり特に何も無かったでしょう。

 

だ・け・ど!

 

「何もない」があるのよ!

 

そう何も無かった。いつも通り。その相手から告白させてやるって四苦八苦して過ごす日常の中にある「いつも通り」の「何もない」ものこそが大事にしたかった青春のメモリーだったのですね。グッときますね。感動的ですね。良い話ですね。

 

控え目に言って最高でしたね!

 

たまらん。マジで神回じゃん。良い最終回じゃん。普通に感動的な流れでヤバイ。「この物語は空回りし続ける頭脳と恋の物語である」と1話(11話)のナレーションにあったけど、空回り系ラブコメだけど、かぐや様に恋とは違うもう一つ大事なものが出来てたのであった。

 

まだアニメ化してないのに、脳内でアニメ最終回(2期)のED曲が再生できちゃうぜ。

1期の最終回「花火の音は聞こえない」ラストに流れるのはJITTERIN'JINNの「夏祭り」に決まりだね!そんで2期の最終回「生徒会は撮らせたい」ラストに流れるのはH2Oの「想い出がいっぱい」ですよ!感動!

 

ええ。脳内再生余裕です。

神アニメになる!早くアニメ化しろー!

結論!かぐや様はお可愛い

かぐや様

 

はい!お可愛い!

 

まとめると、かぐや様の笑顔がとてつもなくお可愛かったという結論になります。良い話で絞めて、かぐや様が過去最高値の笑顔をたたき出す。うん。神回でした!まる。

 

コメント

  1. YUU より:

    良い最終回だった
    こんな青春送りたかった

  2. 匿名 より:

    良い最終回だった。
    遠い日の花火になった青春を思い出して泣けた。

  3. 匿名 より:

    ヤマカムさんまたかぐや様レビュー再開していたんですね!
    木曜にかぐや様を読む→本スレで感想わいわい→週末にヤマカムさんの記事を見るが
    私の一週間ルーティーンだったから嬉しいです。

    しかし今回はほんとアニメ二期最終回で見たい話ですねー。
    一期すらまだやってないけど…

    • 匿名 より:

      本スレは今、タチが悪い荒らしが出没して暴れてる事が非常に残念な状態だけどね
      だから俺は今、避難所で感想言ってるわ

  4. 匿名 より:

    あれ、うちの脳内録画リストだと第1期最終話は「避けたくない」になってるんだけど…

    あれBD特典映像とごっちゃになってる?(いろんな意味で末期)

  5. 匿名 より:

    「避けたくない」は「聞こえない」のCパートだからね
    いろいろ混乱しちゃうよね(同じく末期)

  6. 匿名 より:

    90話カラーのガラケー写真から91話最後のスマホ写真。どっちもカラーがよかったなぁ。と無理なことを思ってしまった。ヤンジャン最初カラーに縛られずそこがんばれ。

  7. 匿名 より:

    海外住みだと単行本出るまで待たないといけないから辛い

  8. 匿名 より:

    こんないい話が載っているかと思えば、同じ号で人生初のマッサージでいろんな意味で気持ちよくなってるだけの漫画も載ってたりするから本当にヤンジャンはすごい

  9. 匿名 より:

    最後の写真カラーで見たかった。

  10. 匿名 より:

    これだけ伏線てんこ盛りの作品は、アニメ化は難しい……

    • 匿名 より:

      アニメ用の尺修正が効き難い細かな作品はどうしても難しいんだよね
      こういう部分がアニメ化が未だにされてない原因かもしれない
      構成力が充分にあると逆にメディアミックスが難しいってのも皮肉だな

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました