『キョーダイシャッフル』二次元界の最強属性「妹」「幼なじみ」を合わせてカケル2したラブコメ

おすすめ記事
無料で遊べる超おすすめスマホゲーム 【厳選50】2021年に読みたい2020年おすすめ漫画
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

キョーダイシャッフル 1 (電撃コミックスNEXT)

 

古今東西のラブコメにおいて「入れ替わりモノ」というのはオーソドックスな設定です。近年は『君の名は。』の大ヒットもありました。入れ替わりは定番といえば定番なんだけど、『キョーダイシャッフル』(すのはら風香)は一味もニ味も違った。

 

双子の兄・桐也は些細なことで妹・真麻とケンカをして、自宅を飛び出してしまう。何気なくマンションの屋上に向かうと、同じく双子である友人・和馬が座っていた。お互いの家事情を語り、うらやましがる2人。

『お互いのキョーダイが入れ替わればいいのに』

2人の少年は、そんな言葉を夜空に投げかけるのだった。

 

入れ替わるのは2組の双子の幼なじみ(兄妹と姉弟)の妹と姉が入れ替わる。

 

『キョーダイシャッフル』

試し読み

 

同じマンションに住むご近所の少年2人はお互い双子の姉と妹が入れ替わればいいのに…と願ったら本当に入れ替わってしまったでござるの巻きですよ。そして時は流れて高校生になる。

 

8年前まで実の兄妹が他人になったら…?それを覚えているのは男だけ!実の妹だった(今は幼なじみ)は覚えてない。インモラルなラブコメです。

元キョーダイは現…?

ざっくり説明するとこんな感じの図です。

 

8年前の結崎家(804号室)
結崎桐也(双子の兄) 結崎真麻(双子の妹)
8年前の石見家(805号室)
石見梢(双子の姉) 石見和馬(双子の弟)

 

現在の結崎家(804号室)
結崎桐也(双子の兄) 結崎梢(双子の妹)
現在の石見家(805号室)
石見真麻(双子の姉) 石見和馬(双子の弟)

 

つまり、主人公・結崎桐也の実妹が真麻だったのに「キョーダイが入れ替わればいいのに」と願ったら本当に入れ替わり、石見和真の双子の姉だった梢が妹になってたのでした。

 

2組の幼なじみの妹(姉)が入れ替わるという。親も家もそのままで真麻と梢だけがそっくりそのまま入れ替わっていたのです。

 

写真も戸籍(誕生日)も変わってて、両親もごく普通に梢が妹だと接する。覚えてるのは桐也と和馬の男2人だけという状況になって8年が経過する。

 

おかしいのは世界なのか自分たちの頭なのか…。

背徳感満載のボーイミーツガール

石見真麻(元妹)

 

『キョーダイシャッフル』の見どころは背徳感のあるラブコメです。実妹だった真麻。兄妹で喧嘩もしまくった記憶も間違いなくある。それが8年前から、お隣さん家の姉と入れ替わって今は幼なじみというポジションなのです。

 

時折、チラチラ目線を投げかけてくるし表情はどう見てもメスの顔しているのです。2人きりで一緒に帰ろうとしてきたり。いやいや!まさか?そして「二ブすぎ」と乙女な態度からラブコメ伝家の宝刀を仕掛けてくるのです。告白である。

 

私、桐也が好き

 

8年前まで妹で今は幼なじみの相手に愛の告白をされました。どうすればいいでしょうか!?って、「妹…みたいなもの」と一度は振るんですが、そこからハートを撃ち抜かれる事が起きるのです。どう見ても思春期男子が好きな子に対する胸のドキドキなのですが、これ論理的にどうなんでしょうか。

 

前は実妹だったのが、謎の力で今は幼なじみ(でも妹だった頃の記憶有り)と恋をするのはセーフですか?アウトですか?

昔は幼なじみだった今の妹

3話

 

2つの家族で真麻と梢だけが入れ替わってる。その中で昔の「キョーダイ」だった頃の記憶があるのは桐也と和馬の男子2人だけ。真麻と梢は幼なじみ女子として親友ポジションです。

 

真麻は桐也に告って撃沈したことを梢に報告してるし恋の相談もしてる。そんなシチュエーションの梢が色々と意味深なのもこの漫画のポイントでしょう。

 

無表情クールガールなので真意は不明ながら、読者が「ひょっとして○○なのか!?」「桐也に△△なんじゃ!?」と思わせる含みが満載なのです。梢はかなり重要な存在です。

物語冒頭が顛末

1話冒頭で男女2人が駆け落ちするところがスタートしてるのもミソ。

 

女「今頃、お母さんたちびっくりしてるだろうね」

男「ショックで卒倒してるかも」

 

「まさか、こんな――」「キョーダイで駆け落ちなんて」

 

このお隣さん家と妹と姉が入れ替わった物語は「キョーダイ」で駆け落ちしたという結末が口頭で語られている。ではこの「キョーダイ」の相手は誰かっていうと…?

 

ここが『キョーダイシャッフル』のキモでしょう。1巻時点では2つの解釈が可能なのが面白く読み応えを増す。なぜなら、1巻ラストで衝撃展開を見せるからです。えー!?ですよ。

妹で幼なじみ

2話

 

結崎桐也の視点(記憶)でおさらいしときましょう。

 

  • 真麻…8年前まで妹だったのに今は幼なじみ
  • 梢…8年前まで幼なじみだったのに今は妹

 

前はクソ妹だとか思ってたのに今は他の家の子でドキッとさせてくれる真麻はどうなんですか?自分の記憶では血の繋がった妹のはずがメスを感じるのはおかしいですか?

 

前はお隣さんの幼なじみだったのが8年間も同じ家で妹として暮らす梢はどうなんですか?自分の記憶では血は繋がってないけど間違いなく妹として過ごしてる。なにか色々と拗れてるような気がします!?

 

二次元界では「妹」「幼なじみ」は最終兵器(リーサルウェポン)と呼ばれる最強属性であった。その属性が合わさったら?しかも2人同時にだ!安西監督が桜木と流川のプレイに震えたようなドキワクがあるよね。

 

  • 真麻…妹なのに幼なじみ
  • 梢…幼なじみなのに妹

 

真麻も梢も「妹」「幼なじみ」なんですよ。やばくない?設定だけでも満漢全席を腹いっぱい食ってる感ですけど、『キョーダイシャッフル』はドラマでも魅せる。思わず「どういうことだってばよ!?」となる謎が炸裂するわけ。

 

可愛さよし!設定よし!最強種「妹」「幼なじみ」よし!ストーリーよし!謎や伏線よし!といった感じです。これはもうヤバイね(色んな意味で)。

 

 

コメント

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました