『時間停止勇者』異世界転移してチート能力無双ってありきたりなのに新感覚で楽しめる傑作

おすすめ記事
15巻以内で完結するおすすめ漫画! 【厳選30】10巻以内に完結するおすすめ漫画!
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

時間停止勇者

 

SNSが炎上して人生詰んだ――!! 青年・葛野セカイがこの世に絶望したその瞬間、彼は異世界にいた。しかも最強の能力「時間停止」を身につけて!! 金を手に入れ、停止した敵を一撃で倒し、そして片っ端から女子のスカートをめくり、大やりたい放題のセカイ。だが無敵に見えたその力には、とんでもない制約がついていて……!? ストーリーテラー・光永康則が送る、本格異世界ファンタジー!!

 

『時間停止勇者』(光永康則)は傑作である(断言)。

 

昨今、いわゆる「なろう系」ブームで、ラノベ原作でなくても「なろう系」の人気ジャンルである異世界転生してファンタジーする作品がめちゃくちゃ増えている。

 

『時間停止勇者』もそういったいわゆる「なろう系」の異世界転生ブームの作品の一つではある。あるが、この漫画の面白さは流行りに便乗したものとは一線を画する。斬新で残念で…残光なのです。

 

ebookjapan

 

漫画を電子書籍で読むなら【eBookJapan】がおすすめです。無料の会員登録をすればわざわざ定価で買わなくても50%OFFクーポンが獲得できてお得に読めます。

 

  • 最大6回分漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
  • 9,000冊の漫画が無料で読める
  • 曜日限定の限定クーポンなどセールが豊富
  • paypayが使えて溜められる

 

eBookJapanで半額で読もう!

 

『時間停止勇者』レビュー

なろう系テンプレ設定

オレは見知らぬ場所にいた

 

主人公・葛野セカイは現実世界のSNSで大炎上かましてしまう。人生詰んだ…と現実世界にはいたくないと強く思ったら見知らぬ中世ファンタジーな世界にいたのです。

 

清々しいぐらいのテンプレ「異世界転移」です。転生もの(大体トラックに跳ねられるか過労死か神様のミスで死ぬ)と転移もの(勇者召喚で呼ばれるかクラスごと転移か気づいたら異世界だった)の王道である。

 

葛野セカイは「気づいたら異世界だった」のテンプレそのまんまといっていい。そして、異世界へ転移・転生する主人公はチート能力を持ってるのもデフォ。それこそ、食パンくわえた女子とぶつかったら、転校生で隣の席になるぐらいお約束です。

 

そして主人公にはチート能力を与えられるまでが「お約束」です。

 

 

この漫画の主人公もやはり与えられたのです。チート能力が!異世界に転移してしまったセカイが授かった能力は「時間停止」である。

 

異世界へ転生・転移した主人公に与えられるお約束は「捕食」「能力奪取・簒奪」「アイテムボックス」「(現実世界やネット通販から)取り寄せ」「成長速度」…とある中で、セカイが授かったのは「時間停止」です。

 

やっば!約束された勝利のチート能力じゃん!時間停止といえばジョジョのDIO様や空条承太郎を筆頭に、絶対に勝てる勝利のチート能力ですからね。えっちなことするのもお約束です。

 

セカイは時間を止められる!これは異世界転移としても存分に「俺TUEEEEE!」ができる…って、あれれれ?

無敵のチート…ではない!

こいつメチャ硬い…!?

 

『時間停止勇者』の面白ポイントはいわゆる「なろう系」のテンプレで「俺TUEEEE!」で突っ走るようでいて、まったくそんな事が無いところです。「俺YOEEEE!」ですよ。

 

時間止められるなら無敵だろ…と思わせておいえ、まったく無敵でない。まったく強くない。凡人が時間止められる能力持ったって、そのふざけた幻想をワンパンできないし、手に汗握る激戦もできないし、多角的に無敵キャラにもなれない。

 

この漫画のキオは「時間停止」って能力持ってても、スカートめくったりパンツ盗むぐらいの非力な主人公な点です。だから時間止めてもめちゃくちゃ苦労するわけ。

 

あれから今日で275日目(だいたい)…

 

硬い敵には、強い剣パクっても通用せず、時間止めたままめっちゃ筋トレしてる図である。

 

時間停止なんてチート能力持ってたら普通は楽勝で蹂躙できるだろって思うかもしれませんが、セカイはそんなチート能力持ってても相応の苦労をするのです。

 

時間停止して長期戦となる。この程よい弱さが魅力でもある。例えるなら『無限の住人』の主人公・万次さんですよ!

 

 

不死で死なないけど程よい弱さでバトルを盛り上げてくれたあの感じです。適度に弱くて盛り上げてくれた。

チート能力なのにてんわやんわ

2話

 

時間を止められるのに全然無敵じゃねー(ように読者が捉える)のが『時間停止勇者』のキモであり、なんだかんだで手に汗握る緊迫感を演出している。

 

時間止めたら最強だろって思ってる大多数が唸るのです。「あ、全然無敵じゃなかったわ…」と。時間止めてる間の試行錯誤がしょうもなくてめちゃくちゃ面白い。

 

「時を止める能力」って、ジョジョのDIOを筆頭にワンパターンというかやり尽くした無敵能力って感じだったじゃないですか。それを『時間停止勇者』は逆手にとって、無敵なのにめちゃくちゃ努力が必要ってコメディに昇華してる。

時間止めてる時の努力が面白い

 

ゴーレム相手に物理攻撃は無理と時間停止してせっせと彫刻するの図である。時間止めて2ヶ月近くもかかってゴーレムを彫り続けていたのは涙なしには語れません。

 

もちろん時間停止してるのでまわりの人は一瞬で何かをやったとか倒したように映るのです。華麗に泳いでるように見える白鳥も水面下では必死に足を動かしているといいますか。見えないところで凄い努力してると。まあ、白鳥が必死に足動かすのはウソらしいけど。

 

『時間停止勇者』はいわゆる「なろう系」のフォーマットでありながら、めちゃくちゃ努力していることがポイント。四苦八苦さを笑えるギャグにしてる。

 

あと、1つのミッションに攻略時間が表示されており(本当にゲームオーバーになるかは不明)、いい意味で緊張感もある。

 

1つのミッションクリアするまで大体3日の時間が用意されており、そのカウントを進めないように時間停止して攻略していきます。リアル時間は3日でも、主人公は数ヶ月かかってクリアしていく

 

  • 時間停止ってチート能力
  • 主人公は弱いのでかなり努力が必要
  • 3日でミッションクリアしなきゃ死ぬ(?)って縛り

 

この辺が絶妙のバランスで織り成しており、時間止めてどうクリアするかってゲーム的な楽しみや戦略性もある。異世界転移してチート能力手に入れて…って100万番煎じなネタなのに新鮮で新感覚で読める。

主人公が良い意味で狂ってる

 

何より『時間停止勇者』最大の特徴は主人公の頭がおかしいことです(褒めてます)。時間停止したらやってみたいことの一つにスケベなことは誰もが夢見ることですが、セカイはスケベに対する気概が桁違いです。

 

もはや時間を止めるたびにスカートめくってパンツずりおろしているレベル。他にも狂ってる言動が随所にあり、もはや面白いヤツを通り越して狂人です(褒め言葉)。

 

いわゆるなろう系の主人公のパターンって「やれやれだぜ…」とか言いながらニヒルなクール系(中二病)か、いいヤツなんだけどニブチンって相場が決まってるじゃないですか。そこいくとセカイはエキセントリックすぎる。まるでランスが異世界に転移したようなものです。

 

主人公の良い意味で狂人っぷりが異世界ワールドをより引き立たせる。登場キャラもみんな魅力的でバカゲーのような世界観を構築してます(賛辞)。

『時間停止勇者』レビューまとめ

そんなこんなで、「異世界転移してチート能力で無双」という何番煎じだよ!って設定なのですが、主人公の狂気(スケベ)と時間止めてどう攻略するかってところが焦点なので、斬新に楽しむことができます。おすすめです。

 

おパンツやお尻やB地区比率も高めですのでムフフです。

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    セカイは脱がすけどこっそりヤッたりしない真の勇者

  2. 匿名 より:

    時間停止したら内燃機関は停止するのがお約束だからな

  3. 匿名 より:

    しっかり中に出してあげないといけないはず

  4. 匿名 より:

    光永康則はスゴイよね
    なんなら本作よりも『アヴァルト』をちゃんと楽しみたかったし、『棺探偵』ももったいないと思ってる

  5. 匿名 より:

    上の人も書いてるがアヴァルトの打ち切りは惜しかった(売上悪ければ仕方ないが)。
    画力はスゴイとは言えないが良作を連発している。

  6. 匿名 より:

    アヴァルトは本当に面白い漫画だったけど打ち切り食らって謎が尻すぼみに
    なっちゃたんだよなあ。ファンタジーとSFを絡めた傑作になるはずの惜しい漫画だった。
    アヴァルトの反省(読者へのサービス不足)から時間停止勇者が生まれたと思うと感慨深い。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました