サンデー新連載『水女神は今日も恋をするか?』がドバーって期待大な件!

シェアする

おすすめ記事

週刊少年サンデー 2019年7号(2019年1月16日発売) [雑誌]

サンデー新連載『水女神は今日も恋をするか?』

ほー、いいじゃないか。

こういうのでいいんだよ。こういうので。

立ち読みでもいいので、みんな読んでくれ!

こいつはヤベーよ。

『水女神は今日も恋をするか?』

今週のサンデー(9号)から新たな新連載『水女神は今日も恋をするか?』(三簾真也)がスタートしました。最初はファンタジーものかなって思ったけど違った。ファンタジーの皮をかぶった水女神さまをペロペロする漫画だった。

この作品の基本設定

まず何より設定がすごい。

雨が降らない砂漠の国(ラハサ)が舞台です。国は年がら年中水不足の状態になっていますが、なんとか生きながらえているのは水女神様・アクレアの存在です。彼女は国の王女であり、身体から水を生み出す「水起こし」能力を持っています。

みんなの水女神アクレア

アクレアが頑張って体から水を湧き出して、サハラの国民は生活できているのです。どういう仕組みで水が出るかは不明ですが、彼女の感情によって水の出が左右されます。

近年は水の出が悪くなっているようで、アクレアが毎日無理をしてなんとか水を出しています。主人公の男・アシャは「水管理部節水案企画係」の属しており、アクレアが無理しないかいつも心配してました。

ある日、無理をして水を絞り出そうとするアクレアは倒れてしまいます。そこに駆け付けたアシャは無理しないでくれと。アクレアがいなくなったら困ると言うのでした。アクレアは自分の存在が水がなくなることで困るよねって返すところへ、ビシッと決めるのです。

僕は水よりもアクレアさんの方が大切なんです!

どう見ても告白である。

その後に続く、「それってどういう…」→「私のこと好きってこと…?」→「そりゃあ…(命の恩人だから)当然です」→「!!」の流れは上手い!と素直に感心しましたね。完全に愛の告白だよね。どう見ても。

で、この漫画の本質がはじまるわけですよ。水女神・アクレアは感情の起伏によって出る水の量が変わるわけです。感情で水が出ないこともあるならその逆もしかりです。あんだすたん?

水が溢れる

心がッ、溢れちゃうからぁぁッッ!!!

素晴らしい。

勘違いして愛の告白をされたと思ったアクレア様から水がドバーっと溢れるわけですね。なるほどそういう設定を上手く料理した漫画だなと。水が溢れる様子もゴクリと艶めかしくいい感じであざとい描写だし、赤面しまくる様子もグッド。

恋する乙女(?)状態ではわはわ赤面するアクレア様可愛い。水不足の国民も救われる。読者もニヤニヤできる。「win-win-win」の関係じゃないですか。いやもう本当にビショビショだし可愛いし100点満点で10000000点ですよ。

というかさ、お漏らし(語弊があるが合ってる)も視覚的インパクトが絶大なのもは特筆すべきところ。特に3話目の「体が濡れちゃう」のシーンなんてどう見ても…(笑顔)。

なんて最高の漫画なんだ…。

健全だよ…?

2話

水が出るシーンがとにかく芸術的だ。

というかどう見てもアレだよね。少年誌なので命をつなぐ水が出る設定で、すごく不健全に見えるからたまりません。

また、一挙3話掲載だったのですけど、1話よりも2話のほうが。2話よりも3話のほうが破壊力が増しています。かつてジャンプの『To LOVEる』で矢吹先生がエロもインフレするんだって述べてましたけど、そんな感じです。「水起こし」もインフレする!

あくまでも雨が降らない国で水を出すって健全な論理武装をして、合法的に僕らの心に刺さるお漏らし描写をしていく。しかも回を重ねるごとに「水起こし」シーンの威力が倍率ドン!やることすべてが何かのメタファーなんだよな。

かつて子供のころの私はジャンプでやってた『電影少女』によって、新しい扉を開いた…正確には目覚めてしまったわけですが、今の少年も『水女神は今日も恋をするか?』で己の中の扉を開いて欲しい。卍解して欲しい。

<関連記事>

週刊少年ジャンプ創刊50周年号 週刊少年ジャンプが創刊50周年を迎えました。おめでとうございます。 私にとってジャンプは...

「水が溢れる」という健全な大義名分をかかげて、ここまで漏らすかのか…と関心しきりでした。ああ…ビクンビクン震えながら液体が溢れてビチャビチャになる女の子のなんて素晴らしいことか!当然、水ですので飲まなきゃいけない。まったくなんのメタファーだよ(感動)。

ラブコメとしても期待大

可愛い

当然、ラブコメ方面でも期待大です。

告白と間違えられる誤爆告白からはじまるラブコメってのはある意味では王道ですからね。勘違いといえで、赤面して混乱してしまう様子の一挙一動がとても可愛らしい。思わず頬も緩んでしまうというものです。

アクレアさまは今まで恋をしたことがないな!初めて体験する「胸キュンの高鳴り」にパニクっておるわ。可愛すぎるぜ。

いやぁ〜、勘違いからはじまるラブコメって本当にいいものですね!(水野晴郎ばりにしみじみと)。これからのアクレアの恋する乙女のパニックにご期待ください。

健全な設定で、雨が降らない国に水を沸かせるお姫様。感情で水の増減が決まる。告白された(と勘違い)ので水がドバドバ出る。それはどう見ても高度な性癖のメタファー。なんだこの漫画…。完璧じゃないか。

溢れる想い!

溢れる体から放出される液体!

若干、出オチ感はありますがこれからの展開が非常に楽しみです。うまいこと設定によって健全な少年漫画の皮をかぶって、ギリギリの線を攻めてきやがったぜ。サンデー新連載『水女神は今日も恋をするか?』はガチのマジで期待大!

<1巻出ました>

ふーん、エッチじゃん…。 『水女神は今日も恋をするか?』(三簾真也)1巻が発売されました。 この漫画とに...

コメント

  1. 匿名 より:

    タイトルの表記は『水女神は今日も恋をするか?』ですね。
    「アクレアの親友」フユちゃんもいいキャラです。

  2. 匿名 より:

    勘違い系だからすぐにハヤテのごとくを思い出した。

  3. 匿名 より:

    周囲のキャラも主人公達の恋愛について知ってて、みんなで一丸になって後押ししてるのがこの作品の特異な点ですね。
    大勢の人間の命が懸かっているという、結構シビアな設定がありますし、どう展開していくのか気になる作品です。

  4. 匿名 より:

    ヤマカムさんが前にサンデー新連載で絶賛してた「メメシス」の成長はどうでしたか?
    私には成長失敗にしか見えなかった…

    この連載は成長方向はブレなく、ただただヒロインを愛でるほんわか路線でいくのかなぁ

  5. 匿名 より:

    水だよ…水なんだよ…水が欲しいんだよぉ!