『ゆらぎ荘の幽奈さん』、せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

15

『ゆらぎ荘の幽奈さん』50話 魔法少女こゆずちゃん

 

今回の『ゆらぎ荘の幽奈さん』はとても意識が低かったですね(褒め言葉)。「魔法少女こゆずちゃん」のタイトル通り、こゆずが魔法少女になってみんなを脱がせたり、ラッキースケベが巻き起こる話でした。

 

素晴らしい。実に素晴らしいじゃないか、この意識の低さこと『ゆらぎ荘の幽奈さん』の醍醐味ですよ。読んでてバッカじゃなかろかルンバ!と思いつつも、自然と緩む頬&垂れるヨダレは止まることがありませんでした。

 

<関連記事>

『ゆらぎ荘の幽奈さん』、3大ヒロインの宣戦布告!
...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、雲雀ちゃんは伝説のスーパーサブヒロイン!
...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、ついに千紗希ちゃん覚醒する!
...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、ついに勃発して正妻戦争!
...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、導かれしヒロインたち
...

 

「脱がされる衣類」「男の夢」「くんずほずれのうねり」…これらは止めることができないものだ。ジャンプ紳士が願望の答えを求める限り、それらは決して止まらない!である。男の夢は終わらねぇ!

 

さすが、ぼくらの夢を描く『ゆらぎ荘の幽奈さん』です。本編は早いものでもうクリスマスシーズン到来です。ついこの間、二学期はじまったばっかと思ったけどけっこう時が経つの早いですね。

50話 魔法少女こゆずちゃん

プレゼントにな~れ

 

日朝アニメ「ぽぽるん」に影響されて、こゆずちゃんが魔法少女になるという話。今回はミウラタダヒロ先生はモチのロンで、担当編集者の仕事っぷりを評価したい(謎の上から目線)。

 

扉絵が『魔女の宅急便』のパロディでしたが煽り文で「おちこんだりもせずこゆずはげんきです。」にはじまり、柱の煽りもなかなかどうして。特にラストの煽り文は「かけたのは魔法じゃなくご迷惑」ときたものです。オーケー分かった。担当さんは『魔法使いプリキュア』を見てるな!

 

コミックに煽り文は収録されないので今回のジャンプは必見じゃん。ま、コミックには煽り文は無いけど乳首があるけどな!で、担当の仕事も見事ならばミウラタダヒロ先生も仕事っぷりも素晴らしい。匠の域と言える。

 

魔法使いになったこゆずは、狭霧と仲居さんを脱がせ、朧とはフェイズゾーンいや69、呑子のぱふぱふ…とハチャメチャです。まったく!こゆずにも困ったものです(笑顔)。せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

 

せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

 

いい仕事してますねぇ(中島誠之助風に)。

 

まあ、中島誠之助さんは『なんでも鑑定団』でパチモンを国宝級の一品と鑑定してしまったのではないか疑惑で盛り上がってますがね。本物にしろ偽物にしろ、やはりその道一筋のプロの専門家でないとね。下手にかじった程度で鑑定しちゃいけませんよ。

 

そこいくと、私はラッキースケベ鑑定家として自信があります。その道のプロです(自称)。そんな私が今回のラッキースケベを鑑定しましょう。文句なしに国宝級のラッキースケベです!

気になるラブコメ戦線

18

ラブがコメってる最前線

 

美術の宿題が出され4人はそれぞれ人物画を描いてました。日曜日なのに制服なのが気になるところではありますが、きっと宿題で制服指定なのでしょう。あみだくじで「雲雀と幽奈さん」と「コガラシさんと千紗希ちゃん」がペアになります。

 

いよいよゴングが鳴った三大ヒロインの正妻戦争。まずは、千紗希ちゃんが先制攻撃で読者のハートにダメージを与えてきます。ヒロイン複数制ラブコメでみんな可愛いならば、息をもつかせぬ攻防戦このがキモですから。次は雲雀ターンかな、幽奈さんターンかな…って持てる魅力を発揮して「可愛さ」を競う名勝負になるわけです。

 

千紗希ちゃんめちゃくちゃ可愛かったですね。「人物画を描くためにコガラシさんを見る」→「ぽっ」→「ど…どうしよう!?冬空くんの顔…まともに見られない!(カァァ…ッ)」の流れよ。まともに見られないのはこっちの台詞です!可愛くてまともに見られない(頬が緩んで)。

雲雀反撃に出る!

雲雀

 

コガラシさんと千紗希ちゃんがなんかいい雰囲気になってると焦った雲雀は「絵の描き方を教えてくれない」とさり気なく自然に話し掛けます。「雲雀さんさすが…!」と幽奈さんも驚くプレーです。

 

ラブコメとはヒロイン同士の戦争である。ワンピースでいえば頂上戦争ですよ。正ヒロインが勝つって?そりゃそうさ!勝った方が正ヒロインだ!である。絶妙なポジショニングを見せる雲雀は流石ですね。まあ、この戦法は幽奈さんにも千紗希ちゃんにも真似されちゃったわけですが。

 

流石といえばこゆずである。ラブコメ戦線のど真ん中にまで出て来て「みんなはだかになっちゃえ~!」と全員脱がされます。安心安定のすっぽんぽんです。

 

みんなはだかになっちゃえ~!

 

こゆず!お前ってやつはどんだけ…!

どんだけ読者の空気を読んでるんだよ!

 

こゆずがかけたのは「魔法」じゃなくて「ご迷惑」ですか?いえいえ。これは「ご褒美」です。ありがとうございました。せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

 

ふぅ。今回もとても頭が悪かったです(褒め言葉)。意識が低くて心が潤いましたね。まる。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    今週話で唯一、不満だったのはラストはコガラシさんのおヌードで締めてほしかった(腐)

  2.   より:

    というか山さんもまほプリ見てたんですか、と

  3. 匿名 より:

    こいついつも正拳突きしてんな

  4. tomato より:

    ヤマカムさんは雲雀のオケツで抜いたんやな…(笑)

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました