サンデーうぇぶり新連載『あだち勉物語』が期待大な件!

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

 

すげーのはじまったな!

 

なにかとネットで注目を集めた『連ちゃんパパ』のありま猛先生による新連載がサンデーうぇぶりでスタートしました。『あだち勉物語~あだち充を漫画家にした男~』である。ありま猛のマンガ道であり自伝でもあるかなと。

 

 

サンデーうぇぶりで無料で読めます。

 

『あだち勉物語』

すべては『連ちゃんパパ』から

連ちゃんパパ【合冊版】(1) (ヤング宣言)

 

私自身、ありま猛先生をご存知でなかったし多くの方が同じでしょう。全ては『連ちゃんパパ』からはじまったといえる。

 

もともと「マンガ図書館z」さんで無料公開されていた(現在公開終了)のがふたばちゃんねるで「狂ってる」「出てくる人間が全員クズ」など話題になりSNSにも着火して一大ブームを築いたのでした。

 

優しい絵柄で醸し出されるパチンコで狂ったヤベー展開のオンパレード。そこで一躍有名になったありま猛先生がサンデーうぇぶりで月間連載するというんだからスゴイ流れですね。絶対に『連ちゃんパパ』ブームが無かったら始まらなかったでしょう。

ありま猛先生のまんが道

 

絵柄が『連ちゃんパパ』のような温かみのある優しいタッチですね。それでいてちょっと「闇」というか良い意味でヤベー匂いを感じさせるワードが随所にあります。そも、あだち勉先生が漫画を描くより麻雀に明け暮れたなどの雀鬼伝説がありますしね。

 

  • 温かみのある優しい絵柄
  • なのに闇をはらんでいそう

 

ざっくり『あだち勉物語』を説明すれば、ありま猛先生版の「まんが道」「あしたのジョーに憧れて」といったところでしょうか。

 

あだち勉先生の漫画に衝撃を受けたありま少年は手紙などのやり取りをするうちに、社交辞令で「遊びに来たら」という言葉を真に受ける。遊びに行ってそのままアシスタントになり、あだち充先生とも机を並べることになる青春がはじまるのでした。

漫画の青春ど真ん中

舞台が1970年代初頭で、あだち兄弟も若く、ありま少年も16歳というのがドラマを感じさせる予感ビンビンですね。この3人で共同生活をすることになると思いますが、どんな漫画青春になるか楽しみ。

 

  • あだち勉…22歳
  • あだち充…18歳
  • ありま猛…16歳

 

これは、ありま猛先生の自伝であり、ありま少年から見たあだち勉&あだち充なので、今までにないあだち充ワールドという見方もできます。

 

あだち勉先生は破天荒であったらしく、1話時点でも「人生はギャンブルだ!」と言い切ります。師匠・赤塚不二夫先生いわく「存在そのものがギャグみたいな男」と評しておりましたからね。そこが憎めないと。

 

ありま猛先生も養護施設出身と述べるなど、ただの前向きキラキラ青春漫画道ではなさそうな予感です。胸がゾワゾワするダークさがありそう。『連ちゃんパパ』ファンも楽しめるかと。

 

そんなこんなでサンデーうぇぶりではじまった『あだち勉物語』が期待大です。

 

無料で読める

サンデー公式アプリ「サンデーうぇぶり」なら『あだち勉物語』だけでなく、あだち充先生の『タッチ』『H2』も無料で読めます。他にもわんさか無料で読めるぞい。

 

【無料で読める作品】

・タッチ

・H2

・うる星やつら

・らんま1/2

・犬夜叉

・アオイノホノオ

・からかい上手の高木さん

・名探偵コナン

・ゴーストスイーパー美神

・神のみぞ知るセカイ

・ハヤテのごとく!

 

たくさんの新旧サンデー名作が読むことができます。

無料ですので通学や通勤のお供に是非アプリを入れてみてください。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    ヤマカムさんがこの作品をレビューするとは・・・(笑)

    この作者さん、今まで長らく陽の目を見なかったのが不思議なぐらい漫画力が高いですよね。
    とても読みやすく面白いです。

    • 匿名 より:

      起承転結がはっきりしたストーリー構成もさることながら、ありま先生の絵柄が書き込みが少なく、デフォルメも上手いのでWEB連載と相性が良いのかもしれませんね。

  2. 匿名 より:

    これ面白かった!
    ほのぼのタッチで笑いと涙と闇を織り交ぜてくれそうでわくわくしますね~

  3. 匿名 より:

    ふたばがきっかけで流行るとか作者は内心嫌だろうなあ

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました