『BE BLUES』第369節:Give in to… 一番星が最も輝くとは限らない!江藤さんが証明してんだよ!

シェアする

おすすめ記事

『BE BLUES』第369節:Give in to…

江藤さんとの英語勉強の時間だー!!

レッズユース戦を前に荻本が将来を見据えて英語を学んでいたのを目の当たりにした龍ちゃんは衝撃を受けていた。だから、これから江藤さんから英語を教えて貰うようになるのは予想できたイベントでした。実際に目の当たりにすると控えめに言って最高でした。

<関連記事>

『BE BLUES』第365節:報せ やっぱり江藤さんは可愛いなぁ(しみじみ)。なお出番2コマだった模様。前回に至っては0コマ...
『BE BLUES!』第361節 龍なら… 江藤さんは可愛い(挨拶)。 『BE BLUES!』の正ヒロインとして...
意訳「今の彼女とのエッチも気持ちいいんですが小学生の頃に経験したエッチが人生最高でした」→ヤンデレ化…こうですか?分かりません>< pi...

武蒼として目指すもの

因縁のレッズユースに勝利した桜庭さんは邪気がなくなり綺麗な桜庭さんと化していましたが、立彦がプロに上がったと聞いた桜庭さんは一瞬で邪悪な桜庭さんに戻るのでした。

そんな桜庭さんはここから「夏」「冬」それぞれ2回、4つのタイトルを総なめにすると宣言。龍ちゃんもその案に乗った。これから武蒼のタイトル総なめシリーズが始まる…!?

まず一冠

わ~れらチャ~ンピョン~

レッズユースとの死闘に全てを出し尽くした武蒼は

続くインターハイでウソのように優勝した――.

まあ、タイトル総なめにすると宣言して2ヵ月半経過してるわけですが。一気に時間が飛びましたね。去年の冬も結果だけ描かれてたけど、『BE BLUES』は全国大会を描かないのかもしれません。今回は予選も省略されてましたが。

こうなってくるとこの漫画がこれからどう進むのか俄然興味あり

もちろん「冬」「夏」「冬」とタイトルを目指していくでしょうが、全国制覇して龍ちゃんと桜庭は大活躍だったらしいのでアンダー代表とかになる可能性もありますからね。

武蒼はどう変わるか

先代3年生

部活動なので3年夏が最後の大会として3年生の何人かは引退することが予想されます。先代3年は自分らの代だけ黒部先生を全国へ連れて行けてないと気にしてかなりの人数が冬まで残っていましたが、それでも7人は夏で引退してます。

4タイトル取るは桜庭さんや龍ちゃんの目標なので、全国制覇までした現3年生が何人ぐらい冬まで残るかは不明。レギュラー陣は「レノン、ポール、阿部、南部、コーメイ、岡村」と6人が3年生です。

<関連記事>

今年は2018年! ロシアワールドカップ開催の年です。 サッカー作品がメディアミックスされる時期でもあるのだがいまだに『...

まあ、全国優勝したあとのやり取りを見ると残りそうな感じかな…。

あいだにオレらの卒業はさまってるけどな。

桜庭さんが「次は冬!そして夏!冬!」と述べれば間に卒業入ってるって突っ込むコーメイ。3年は冬まで残るってことか。それにしてもね。あの桜庭さんが「留年しろ!!」って3年にノリノリで言ってるのはグッとくるじゃないですか。もうすっかりチームメイトです。

3年が残るかは不明なものの、次の冬までには1年生も絡みそうです。

FC荒戸4人衆の稲村憲介(MF)と東野勝利(GK)はスタンド歓声でなく全国大会でもベンチ入りしてます。同じ4人衆、西村亨と麻績村光はスタンド組でしたが、秋頃から戦力になると語られてました。あと足早い飯田哲矢はどうなるか。この辺からレギュラーが出てくるかも。

1年5人衆

稲村憲介はベンチ組というか何試合か出てそうでもある。おそらく次の冬までには主力になってもおかしくありません。秋頃からモノになる言われてた西村&麻績村。長所は凄まじい哲矢。この辺を描くために時間を進めて可能性が微レ存?

3年生は何人か引退するか。1年生は何人かレギュラーになるか。

武蒼の変化が見どころの一つ。

代表か選抜やるか?

高虎

全国大会制覇してたけど遠藤高虎とかどうなってんじゃろ。対戦したのでしょうか。ちなみに昨年度の高校選抜メンバーで龍ちゃん含めて8人はまだ卒業してません。

3年、近藤蓮 豊橋第一(愛知)

3年、吉田楓太 章海学園(鳥取)

3年、曽我達流 赤城中央(群馬)

2年、遠藤高虎 最条(滋賀)

3年、.藤原乃亜 赤城中央(群馬)

3年、富野裕世 蛍城(青森)

3年、橘怜音 武蒼(埼玉)

レノン先輩と赤城中央の2人はまだまだ絡むと思いますけど、高校選抜合宿で一緒だった人たちは今後どっかで絡むのでしょうか。冬の大会か選抜とか代表ないともう登場しなさそうでもある。まあ、高虎以外あんま記憶ないけどね。

武蒼が全国制覇したことで、龍ちゃんだけでなく桜庭さんやナベケンもこういうのに選ばれてもおかしくはありません。代表とかちょっと見たいし、やるかも分らんね。

化物になった立彦

オレの計画!(1話)

12歳、全国優勝してJr.ユースにはいる!

15歳、当ぜんユースにしょうかく

17歳、トップチームにばってき!!

→大活やく!!(トーゼン)

Jリーグで新人王!!!

18歳、代表いり(A代表)!!

レッズのトップチームに昇格した立彦は大活躍。サッカーに興味ない層まで知ってるスターになっています。日本中の視線が集まってるそうな。リアルでいえば久保建英くんみたいな感じでしょうか。

この活躍っぷり。龍ちゃんが怪我をしなければ本来歩むはずだったモノそのものです。1話で立ててた「オレの計画」を着実に実行してる立彦である。トップチームに抜擢されて大活躍です。これは新人王も取るのか…?

龍ちゃんが歩むはずだったロードを立彦が歩んでしまってるのは色んな意味で面白い。もしも大けがしなかった龍ちゃんって「IF」をやってのける立彦が熱ければ、それを掴もうとしてる龍ちゃんの仕草がぐう燃えます。

「背中」から「星」を追いかけるへ

比喩が熱い

星が瞬くこんな夜に一番星だかけが…。立彦はJ1でも大活躍。作中で日本を沸かせる「スター」と言われてしまっている。そして、龍ちゃんは星を見上げたり、手を伸ばして掴もうとしてる描写がなかなかどうして。熱くも切ないじゃないなの。空には一番星しかない。

モチのロンで見上げる星はスターとなった立彦でしょう。今まで、龍ちゃんは立彦の背中を追いかけるモノローグがありました。怪我した時。そして、レッズユースとの試合前に背中を追いかける夢をみたり。

そして試合後は追いかける感触を掴んでました。

あいつは最高のプレイヤーだよ!でもオレ、今日ふんばってついていけてたよな!?立彦の背中は見失っちゃいないさ!

336話 / 365話

先を行く立彦を追いかけてるもケガのせいで背中を見失ってしまう夢。そんなメタファーからのレッズユース戦後にまだ背中を見失っていなかったって龍ちゃん。あまりにも綺麗な比喩的表現でしたが、追いかけてた背中はついにマジモンの星になってしまった。もっと離れて遠いじゃん。

スター(星)って例えは初期から使われておりました。それは龍ちゃんと桜庭さんを見たミルコが言った比喩でもあります。その後、ミルコは立彦を化物(モンスター)だと驚いてました。星だ…。3つの星ですが、今輝いてるのは立彦星しかない

背中を追いかける物語でなく星を掴む(もう1つ2つ頭上で輝く星)になる物語になるってことかえ。事実、全国制覇しても龍ちゃんも桜庭さんもどこか寂しげだ…。空に輝く星が1つでいいはずがない。一番星だけの空はそういった意味合いが含まれてるように見える。

怪我をしなかった龍ちゃんを地で行く立彦が一番星でも、後からやってくる二番星や三番星だって同じように…いやもっと輝くことだってできるんですよ。それは江藤さんが実証しています。

一番星でなくたって一番輝ける

江藤さんとかいう後から輝きだした超巨星

お分かり頂けるだろうか?

星は一番最初に登らなくてって一番輝けるんですよ。

最近の日本を騒がすスターとなった立彦は、かつてミルコが見た星空の中で一番星に該当するのでしょう。今の空には一番星しか昇ってませんが、それが立彦を表す比喩だとしても、これから第二、第三の星が空でとびきり輝く星になるのです。

一番星が「ケガをしなかった龍ちゃん」であろうとね。そんなん超えてしまえばいいわけだ。その星より輝くのはとんでもない困難でしょう。出遅れてようと、もっともっと輝く星は後から空へ昇るのか?「ケガしなかった龍ちゃん星」を超える星になれるのか?

可能である。

それは江藤さんが証明してます。

ヒロインとして見れば江藤さんは出遅れた星そのものですからね。一番最初に空で輝いたわけではない。出遅れてしまったが、作中のヒロイン戦線を見れば明らかでしょう。後から登ろうとも一番輝いている!

一番星は立彦に譲っても、遅れて空に昇っても、一番輝くスターとなれるんでーす。そっくりそのまま江藤さんにも当てはまるんですねぇ…。一番星見つけた?知るか!後から空へ昇った江藤星が神々しく輝いているじゃないか

一番星が最も輝くわけではない!

龍ちゃんと江藤さんが証明しよう!まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    これはテンプテーションだわー(棒)
    単語の発音と意味を同時に覚えられる名シーンですな

  2. 匿名 より:

    (江藤さん派)念願の個人授業来ましたね!しかもTemptation(誘惑)ですよ!素晴らしい!江藤さんの素晴らしい胸チラにボクたち読者だけじゃなく、ついにあの龍ちゃんが意識して顔を赤らめた!これは帯の煽り通り二人の熱い夏(意味深)が始まるんじゃないんでしょうか

  3. 匿名 より:

    アンナの霊圧…

  4. 匿名 より:

    ええいアンナはどこいった

  5. 匿名 より:

    アンナは消えた!もういない!

  6. 匿名 より:

    一つだけお願いがあります
    いなくなってしまったアンナのこと時々でいいから思い出してください

  7. 匿名 より:

    私、消えるから!

  8. 匿名 より:

    記事にするんじゃないかと思ってました!!

  9. 匿名 より:

    だから、アンナも金髪もスケートも彼女とのリハビリも、全部偽物の記憶で夢の様な物なんです。貴方は何者かに利用されて政府関係者にゴーストハックを仕掛けてたんですよ

  10. 匿名 より:

    主人公がメインヒロインでなくサブヒロインとくっついたという前例はドラゴンボール、ナルト、ブリーチが思い付くけどサンデーではあったかな?

  11. 匿名 より:

    江藤さんの話はいつ始まるのかと思ってたら最後だけだった

  12. 匿名 より:

    サンデーだとH2とかかな?
    ダブルメインヒロインという枠組みなら当てはまらないが、、

  13. 匿名 より:

    龍ちゃんがモテモテなのは圧倒的に説得力があるので納得できる。
    ところで優人って江藤さんに片思いしてなかったっけ?友坂妹で妥協するんか?

  14. 匿名 より:

    なんかヒロイン絡みのコメばかりですが、この先サッカーとしての展開はどうなりますか。
    今後の4連覇やアンダー代表の話もあるでしょうが、おそらく武蒼としての高校相手の試合は今後軽いネタ以上のドラマを見せられるものは出てこないでしょうし、アンダー代表ではレノン桜庭ナベケンあたりのメンバー以外、青梅ツインも愛子もミルコじいちゃんも蚊帳の外になってしまう。
    それにどのみちそれらの活躍では正直今Jリーグでスーパースターに成り上がろうとしている立彦以上のインパクトを世間に与えられるとは思えません。
    BE BLUESは高校メインだそうですし、だとすれば来年の天皇杯かなあとか。さすがにそれを勝ち抜くのはファンタジーではありますけど。

  15. 匿名 より:

    この回はヤマカムさんがまとめてくれると信じてた

  16. 匿名 より:

    いつから江藤さんがサブヒロインだと錯覚していた…

  17. 匿名 より:

    いまさらおっぱいって龍ちゃんてめぇ優希の何を見てたんだ?

    • 匿名 より:

      ほんとだよ!毎晩あんな当てられた状態でマッサ受けてるというのに
      や、家族判定なのかもしれないけど、だとしてもやぞ…

  18. 匿名 より:

    今週も書いてくれることを期待!

  19. 匿名 より:

    アンナは置いてきた
    ハッキリ言ってこの戦いにはついていけない

  20. 匿名 より:

    今週のテンプテーションの続きがやべー
    江藤さんのテンプテーションが限界突破してます!

  21. 匿名 より:

    今週の江藤藍子の可愛さにツイで反応を検索したらここに辿り着きました。
    ヤマカムさんて、老舗の感想ブロガーさんですよね?昔ブクマして読んでいた気がします

  22. 匿名 より:

    江藤さん以外のヒロインたちへ
    安西(偽)先生
    「諦めたら?試合終了だよ。」
    とおもわず諭してしまうほどの威力あり
    こりゃ駄目ですわ、龍ちゃん杯の優勝者は江藤藍子

  23. 匿名 より:

    江藤さんが可愛すぎた。
    今週のあれ、もうプロポーズですやん。
    桜庭さんがデレた今、もう対抗馬無し。
    解散!

  24. 匿名 より:

    一番星どころか、SN1006の超新星爆発級の輝きを、今週(16号)の江藤さんは放ちました!
    これを取り上げないなら、今まで綴られた江藤さんへの想いは偽物とみなさざるを得ません。