スポンサードリンク

『邦キチ!映子さん』、映画好きもそうじゃなくても100%楽しめる!B級映画は素晴らしい!

シェアする

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん (マーガレットコミックスDIGITAL)

『邦画プレゼン女子高生 邦キチ!映子さん』(服部昇大)が発売されました。

「1巻」と付いていないし最終回を迎えてしまいましたがコミックに収録されてない番外編が続いてるので「シーズン2」のワンチャンがあるかもしれませんので、みんな買おう!

天然系女子高生が放つ、邦画プレゼンという名の暴力――!! 邦画が好きで好きで、人に薦めずにはいられない!! そんな少々ハタ迷惑な性分の女子高生・邦キチこと邦吉映子が、この度「映画について語る若人の部」に晴れて入部!! 唯一の部員として部長の洋一を相手に、少々マニアックな邦画(一部例外アリ)をひたすらにプレゼン! プレゼン!! プレゼン!!! その視点、その愛情、その圧力。全てにおいて規格外!! 本邦初の邦画プレゼン漫画、誕生!!

<試し読みできます>

スピネルでは、女性向け漫画を無料で配信中。いくえみ綾、コガシロウ、ねむようこ、篠丸のどか、石川チカなど、豪華執筆陣でお送りします。最新コミックス情報などもいち早くお届けします。

『邦キチ!映子さん』

どんな作品か簡単に説明すれば映画を語る漫画です。

「映画について語る若人の部」の部長・小谷洋一(洋画好き)、1年生・邦吉映子(アレな邦画好き)、東洋洋(アジア映画好き)が映画について「あーだこーだ」と語る…ようで邦キチ!映子さんのワンマンステージと化します(基本は)。

この業界は二匹目のドジョウを狙うことに抜かりなく、『木根さんの1人でキネマ(AA)』ヒット後に映画を題材にした漫画が沢山登場しました。どれも別角度で映画をネタにしてて面白いのですが、『邦キチ!映子さん』はかなり特殊でヤバイです。

なんたって取り扱う作品がB級映画ばっかだから!

愛すべきB級映画

1

私が好きな映画は実写版『魔女の宅急便』でありますっ!

あだ名で「邦キチ」と呼ばれるように邦画鑑賞が趣味であるものの、愛する作品がかなりアレなのです。ぶっちゃけバカ映画やB級映画を愛するのが映子さんである。なんたって、一番好きな映画は実写版『魔女の宅急便』とか言っちゃう子ですから。

基本的に映子さんが好きなのは「映画.com」とか「yahoo映画」で☆3に満たない評価の作品が多いです。少なくとも4以上の高評価作品はメインでは取り扱いません。あと、彼女はあまりメジャー作品には明るくありません(そんなこともないか?)。その一方でB級臭の範疇であるものの傑作の素晴らしさを大いに語ったり。

ジャンプで例えるなら『ワンピース』や『ハンター×ハンター』は読まないけど、『U19』とか『ぷーやん』とか『斬』とかは大好きって言ってるようなものですからね。さらには『アウターゾーン』や『PSYREN -サイレン-』など通好みの良さ味を語るみたいな。

そんな、ちょいおバカなB級臭から、ネットで酷評されたり誰も知らないようなマイナー作品が大好きな映子さん。まさに「邦キチ」と呼ぶに相応しい。

映子さんのプレゼン能力

映子さんが愛する映画(B級作品)のここが良いって説明が見所の一つ。

2

映子さん実写版『魔女の宅急便』の見所を説明する

実写版『魔女の宅急便』は、トンボがキキを張り倒すシーン、和風テイストの島が舞台、衝撃のアクションシーン、クライマックスの熱傷…など、いかに面白いのかを映子さんがプレゼンしてくれます。すっげぇB級臭がするのに逆に見たくなってしまう不思議。映子さんのプレゼン能力が半端ない。

もちろん、その作品を見てなくても100%楽しめます。私もほとんど見たことない映画を取り上げていましたが、分かりやすく的確にどこかどう面白くB級臭がするのかをピックアップしており、腹を抱えてゲラゲラ笑ってしまいます。

映子さんの大好きなB級映画語りがとても良い。その作品をバカにするわけでなく映子さんの溢れんばかりの愛によって語られるので微塵も不快感がありません。適度なリアクションやツッコミ入れる洋一も良い味出してます。

5

9本目「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」

ライダーと暴れん坊将軍が共闘する映画でありまする!!

「マジか…!」って普通の感性が見事なツッコミになってるな。映子さんが非常にテンポが良くB級作の見所や面白さを語り、洋一がまっとうな反応をする掛け合いがグッドでありまする。映画を題材にした漫才漫画でもある。

設定や笑いどころをピックアップしているだけでなく、何気に深いところや、そこを語るのかよってシーンを掘り下げてきたりする場合もあり、なかなか侮れません。B級映画をネタにするだけ以上に深い(かもしれない)。

2人の映画語り(正確には映子さんの天然愛トーク)は秀逸です。よくもまあ、ただのB級映画語りをここまでリズミカルに面白く展開できるものだと、感心してしまいます。

映子さんはすごいレビュアー

3

3本目「電人ザボーガー」

B級臭がして、普通の感性ならギャグなんじゃないかと思うものも「いえギャグではありませぬ」「真剣です!」と微塵も曇りなく眼で語る映子さんに胸が熱くなったんだ。映子さんはレビュアーとしても素晴らしいですね。

普通の感覚だと「それはひょっとしてギャグで言ってるのか?」案件を大真面目に語るので、ギャグ漫画として成立してる…じゃなくて、レビュアーとしての立ち位置をはっきりとしてます。主張やバイアンスの無いレビューなんて毒にも薬にもならんからな!

映子さんは映画レビュアーとして強烈な個性がありますわ。

あと、このちょいおバカな普通の人だと「?」になることを笑えるように語るのは、十数年前に流行ったレビューサイトを読んでる時の懐かしさすらあります。ネタ漫画やバカ映画やTMAのAVを面白おかしくネタに昇華させた芸風を思い出すな。

ようするに、『邦キチ!映子さん』はめちゃくそ笑えて面白いのです。

取り上げる映画が最高すぎる

4

14本目「ドラゴンボール EVOLUTION」

『邦キチ!映子さん』の魅力はやっぱり取り上げるネタがピカイチなことでありまする。

コミックに収録されてる題材は以下の通り。

「魔女の宅急便」(実写版)、「DOG×POLICE 純白の絆」、「電人ザボーガー」、「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」、「箱入り息子の恋」、「バーフバリ」、「貞子3D」、「哭声/コクソン」、「劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」、「テラフォーマーズ」(実写版)、「クリーピー 偽りの隣人」、「CASSHERN」、「KING OF PRISM PRIDE the HERO」、「ドラゴンボール EVOLUTION」、「デビルマン」(実写版)

こうして見るとB級映画ばかりでなく傑作や名作も多く扱っております。バラエティに富んでいると分かりますね。まあ、全てに「ツッコミどころ」はあるB級臭はあるけど、アレな作品だけではありません。

己の愛で映画を語る映子さん(と東洋洋)は、この映画が本当に好きなんだなぁと納得できます。その中で光り輝くのがハリウッド版「ドラゴンボール EVOLUTION」でしょう。どこも褒める部分が無いと言ってもいい(個人の意見です)。

むしろ、ここまでクソな方向へ突き抜けてくれると、設定と登場人物とストーリー…全てが極上のオモシロ映画となっております。さすがの映子さんでも「ドラゴンボール EVOLUTION」のどこが良いって述べるのかと疑問でした。

したら、あえて映子さんは原作漫画『ドラゴンボール』を未読にすることで、いかにハリウッド版のドラゴンボールがトチ狂ってたかが浮き彫りにさせてくれます。そして、「ドラゴンボール EVOLUTION」を貶すことなく、バカにネタにしきった映子さんに素直に感動です。

名作も大いに語るアル!

6

2018年ベストも『バーフバリ 王の凱旋』で決まりアル―!!

あんま映画に詳しいほうではないけど、「バーフバリ」「哭声/コクソン」「KING OF PRISM PRIDE the HERO」はB級っちゃB級の範疇だけど、超大傑作であると声を大にして主張したい。

特に「バーフバリ」二部作は人生においてもナンバーワンといって過言でない名作です。もちろん、インド映画ですので歌って踊るミュージカルが挟まります。『邦キチ!映子さん』もそこをネタにしつつも、これは凄まじい映画だと。超名作だと。ナンバーワンだと。めちゃくちゃ面白いと描かれます。

B級作品も気になって見たくさせてくれるのが良いところですが、普通に大傑作も取り扱って見たくさせてくれる演出がマーベラスだ。皆さんも是非鑑賞しましょう。

そんなこんなで、ストレートなB級作品から、名作だけどB級臭する作品まで色々と語ってます。テンポ良くリズミカルに会話応酬され、ネタもギャグも大笑いできて、映画愛に溢れてて最高なのです。

好きに貴賎無し!

7

部長はネットの意見を鵜呑みにされるのですね

なんだこの名言は…。

ネットでボロクソに叩かれている作品に対して映子さんが言い放った発言である。

このセリフには思わず目からウロコがポロリです。大勢に叩かれようと、ネット上でボロクソの評価されようと、自分はそれが好きだという芯の強さを見せる映子さんに素直に感動です(※ただネットを見てないだけです)。

映子さんには「本当に大切なもの」とは何なのか、「自分が好きなもの」がいかに素敵なことなのか、「他人の意見は自分に関係ない」ってことを教えてくれた(ような気がする)。図星で粗があっても、それでも好きだ。いいところがあると。

「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ!」ってルフィに似たヤツも言ってたじゃないですか。まさにソレです。映子さんに好き語りは尊敬するレベル。なんか忘れてしまったことを思い出す(気分になれる)。

映画一切見てなくてもまったく問題無いです。

『邦キチ!映子さん』とてもお勧め!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    >部長はネットの意見を鵜呑みにされるのですね
    煽り耐性が無い人だと一瞬でブチギレそうだなww

  2. 匿名 より:

    つい最近バーフバリみたけどほんと良かった。
    あそこまで勢いのある映画近年なかなかなかないで

  3. 匿名 より:

    「映画雑誌は映画会社との付き合いがあるから、あまり映画の内容を悪く言えない。
    だからネット上の一般人の意見こそ、唯一信じられる情報だ」

     そんな風に考えられていた時代も有りました。

  4. 匿名 より:

    アトロクってラジオで紹介されてたな
    もしやヤマカムもアトロクリスナー?

  5. 匿名 より:

    この服部昇大氏は男性みたいだけど、電子版とは言え少女雑誌に連載していたのでしょうか?
    男性の少女漫画家は、キタシロサイ並みの絶滅危惧種であると思います
    日ペンの美子ちゃんで有名らしいですが、この古い画風は新作としてはマイナスかもしれません

  6. 匿名 より:

    バーフバリは木根さんでも絶賛していたから
    知っている人も沢山いるかも?

  7. 匿名 より:

    バーフバリは最近のまめきちまめこの日記で知った
    軽く聞いても話めちゃくちゃなんだけどいいらしい

    東映アニメ班と東映実写班はあまり仲が良くない(ソフトな言い回し)ので
    実写化はたいていダラダラ制作が続いてグズグズになる

  8. 匿名 より:

    マーガレットなんだ……

  9. 匿名 より:

    買いました。買ってから「ダークアクト」や「今日のテラフォーマーズはお休みです」の作者だと気がつきました。画風が違ったのでわからなかった。
    このまんが後半になるにつれてどんどん面白くなっていくので、ぜひとも連載再開して欲しいです。ただ最近の出版業界ほんと世知辛いからな…