スポンサードリンク

『ハンター×ハンター』36巻 イルミの死亡フラグが立ちまくってるように見える件

シェアする

HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『ハンター×ハンター』36巻読了。

表紙を描き下ろさないかと思ったら描き下ろしてる。

クラピカ主催の念の講習中に参加者の一人が殺害された。講習を続行しつつ、暗殺者を探すクラピカ。一方、第2王子(カミーラ)は第1王子(ベンジャミン)の殺害に向かい、第13王子(マラヤーム)の部屋では異変が。不可解な事件が続く中、旅団(クモ)が動き出し!?

『ハンター×ハンター』36巻

各話の感想はジャンプ掲載時に書いてますのでそちらを参考に。

コミック収録で若干変更された台詞やトーンが加えられたりしているので読み比べてみるのもオツなものではないでしょうか。ルイーニさんのレベルは変わってませんでした。21人殺してレベル21のまま。

<No.371◆任務>

日清食品様に復活賞として、どん兵衛いただいたので年内にもう1回復活します<義博>(2017年ジャンプ40号巻末コメント) あれから...

<No.372◆消失>

『ハンター×ハンター』35巻を読みました。 1年に1回ジャンプに戻って来て10話描きコミックを1冊出すってのが冨樫先生...

<No.373◆継承>

今週のジャンプ2018年11号巻末コメントで冨樫先生は以下のように述べておられます。 10号276P下3コマ分、がっつり心の声抜け...

<No.374◆能力>

『ハンター×ハンター』No.374「能力」。 第13王子マラヤームの部屋(1013号室)がもぬけの空でハンゾーは取り残されてしまってい...

<No.375◆説得>

『ハンター×ハンター』No.375 説得 こんなに美しい人がいるなんて…!! 前回のウェルゲーさんの無能っぷりを...

<No.376◆決意>

早いもので『ハンター×ハンター』が連載再開して6話です。 おそらく後4話でバイバイ冨樫先生になると思われます。 また今週...

<No.377◆画策>

キーニ あー、円で異変に気づいたのか! 『ハンター×ハンター』No.377◆画策を読みました。 No.37...

<No.378◆均衡>

『ハンター×ハンター』No.378◆均衡(バランス)の感想を書きたいところですが、正直「さらにキャラ増やすのかよ!」と愕然としてしまいました...

<No.379◆共闘>

『ハンター×ハンター』No.379◆共闘(コラボ) (20人やって)うっわ21じゃん!!そっか…!! レベルと人数は1コずれ...

<No.380◆警報>

次号よりしばらくの間休載致します。 …はい。 今回で『ハンター×ハンター』10週連続掲載ですからね。 こう...

36巻で一番気になるのは表紙しょう。

12巻と36巻の表紙

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

36巻は12巻のを踏襲した幻影旅団の表紙となっています。

配置もまったく同じで、団員No.4のヒソカのところにはカルトちゃんがいるなど揃えていますね。12巻から36巻の変化は以下のようになります。

・ヒソカ → カルト

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・ウボォーギン → イルミ

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・シャルナーク → 花

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・コルトピ → 花

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・パクノダ → 花

HUNTER×HUNTER モノクロ版 12 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

12巻と配置そのままで面子が変わった2人。「ヒソカからカルトちゃん(団員No.4)」「ウボォーギンからイルミ(団員No.11)」と追加招集されていないシャルナークとコルトピとパクノダの空き番には「花」が描かれていました

まるで墓標のような花の描写。幻影旅団の死を表現する花。ここで最も引っかかるのはイルミでしょう。なぜか左手に幻影旅団の死の象徴のような花を持っております。これはどういうことか。

冨樫先生のカバーコメント

ネタバレ。あえてね。

これだけ。句点含めて10文字のコメント。意味不明で何のネタバレなのか詳細は分からんが、36巻はあえてネタバレであると。これが表紙を指しているとしたら花を持つイルミは重要な意味合いがありそうだ。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シャルナークとパクノダとコルトピの3人の花。

幻影旅団の墓標(死)を暗示させる同じ花を持つイルミ。考えられるのは3つ。

1、特に意味ない

2、イルミが花を運ぶ死神

3、イルミがこれから死ぬ

「1」だったらずっこー!ですな。その可能性も十分あり得るし。冨樫先生が意味深に「あえてネタバレ」というコメントしてるのでね。ネタバレなんて表紙以外に無いからね。というわけでイルミが花持ってる意味は「2」か「3」で進む。

イルミが花を運ぶ死神

1

No.377

イルミが幻影旅団に加わったのはヒソカの依頼でした。内容はヒソカ自身を殺してくれというもの。元々ビジネス上のギブアンドテイクのような関係だったものの、「最後はどちらかがどうちらかを殺すと思ってた」と前から予感があったそうな。

これが真っ赤なウソで、本当はヒソカと裏で組んでおり、幻影旅団を一緒に狩ろうとしているというケースである。36巻表紙の花を持つイルミは「幻影旅団に花をプレゼントする死神」という意味合いを表している描写だった?

シャルナークとパクノダとコルトピのように、幻影旅団に花(死)を届けるスパイだったと。何だかんだでヒソカとイルミはそれなりに長いコンビですからねぇ。裏で組んでる事は十分あり得るかもしれません。

可能性はあるけど、自分はイルミもヒソカも裏で協力してる事無く本気でお互い狩り合うと見ています。つまり、イルミは死ぬと。

イルミがこれから死ぬ暗示

2

No.380

「イルミはこれから死ぬ」という意味合い。12巻表紙から36巻表紙で、シャルナークとパクノダとコルトピが花になったように、花を持つイルミはこれから死が訪れようとしてる棺桶に片足突っ込んだ状態を表現してると。

なんたって最も早くヒソカを見つけそうですしおすし。

イルミは妹のカルトちゃんと行動を共にしています。カルトちゃんには詳細不明ながら面識無い人を探索できる能力を持っています。「G・I」では除念師アベンガネを見つけていました。この能力があればヒソカを見つけるなど朝飯前でしょう。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』10週掲載という任務を終えて冨樫先生が一足早い夏休みに入ってしまいました。このまま秋も冬も休みそうですが、この前は5ヵ...

そして、イルミは「ビジネスで来た」「第3層に残る」と移動を断固拒否。イルミがカルトちゃんの探索能力でヒソカは第3層にいると当たりをつけてる可能性は高い。おそらく、幻影旅団で一番最初にヒソカを見つけるのはイルミでしょう。「イルミ(カルトちゃん)VSヒソカ」が第1ラウンドかなと。

もしヒソカと組んでて他の団員狩るなら単独でいる「マチ(5層)」「フランクリン(5層)」「フェイタン(5層)」にいるんじゃないかにゃって。テコでも第3層から動く気ないのが、ここにヒソカがいて戦う気としか思えんぞい。

ヒソカは間違いなく本気でイルミ含めてクモ狩る

10

No.358

何よりも、ヒソカは絶対本気でイルミも含めて最高のゲームを楽しむ気満々ですからね。裏で組むとかまず無い印象でした。クモは時と場所を選ばず見つけ次第その場で殺す宣言し、No.358でシャルナークとコルトピを狩って「あと10人…」と述べてました。

この時点では、「クロロ」「ノブナガ」「マチ」「シズク」「フィンクス」「フェイタン」「フランクリン」「ポノレノフ」「カルト」であと9人しかいねーじゃんと思ったが、「イルミ」が加わったと判明したので10人発言は合ってました。

「あと10人」相手にガチのマジで全力で楽しむ気やで!

ヒソカはもう幻影旅団を完全にターゲットにしてますからね。宣戦布告もしちゃってるし。今頃、下半身がそそり立ってることでしょう。

何より、ヒソカはこらから収穫する時期に他人に美味しい実を分け与えるわけない。全部自分で食うでしょう。もとから、イルミもヒソカのいつか狩るオモチャ箱にきっちり収納されてます

4

ヒソカの玩具箱

今こそ、まさにずっと楽しみしてた玩具(幻影旅団)で遊ぶ時である。ヒソカなら全部ひとりで楽しむでしょう。例えるならイチゴのショートケーキですよ。楽しみに食べずにとっておいた苺をこれから食うようなもの。他人に分けて上げるわけない(と思う)。

イルミにだって分けてあげない。それ以前にイルミも食う対象だったしな。選挙編のNo.330ではアルカを殺さず「イルミを敵に回すのが楽しいか…♥」とか「キルアを殺ってイルミに恨まれて…がベストなんじゃ?」など本気で迷ってましたからね(満面の笑顔で)。

イルミとヒソカは本当にいつかお互いを殺す対象で組んでた。「B・W」で、いきなり「ヒソカVSイルミ」の黄金カード実現し、イルミは幻影旅団の死を意味する花になると見た。ヒソカなら実りの収穫を一人でギンギンで楽しむでしょう。

・イルミ → 花

HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL) HUNTER×HUNTER モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

イルミはヒソカに殺されるに100000カルトちゃん!

「ネタバレ。あえてね。」ですよ。まあ、ヒソカと組んでる可能性もあるけど。やっべー!はやくイルミサイド描いてくれー!まる。

※追記

普通にウボォーさんが死んだので花になって番号ついだイルミが持っているのではないでしょうか?

コメントより

自分は、旅団にイルミが加入したこと、がネタバレだと最初思いました。コミックス派にとってそれはまだ知り得ない情報だったので。

コメントより

「ネタバレ。あえてね。」のコメントは単純にコミック派にとってではないかとぐうの音も出ない意見をいただきました。確かに…。死んだウボォーの花をイルミが持ってるだけではというこれまた「なるほど」という。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    イルミ関係もそうだし、個人的にはそのコメントの真上にある謎の唇も気になります。
    クチビル。くちびる。口びる。
    いやわかんないですけど。

    • 匿名 より:

      下の方にもあるけど、前巻最後で印象的にキモい「呪唇白蛇」の唇だ、というのがしっくりくると思います。

  2. 匿名 より:


    口ビル
    四角ビル
    刺客はビル

    なんて考察見たな

  3. 匿名 より:

    いつも楽しく読ませてもらってます。
    普通にウボォーさんが死んだので花になって番号ついだイルミが持っているのではないでしょうか?死んだメンバーは花にななっていることがネタバレでは?

  4. 匿名 より:

    自分は、旅団にイルミが加入したこと、がネタバレだと最初思いました。コミックス派にとってそれはまだ知り得ない情報だったので。だけど確かに一人だけ花持ってるのは引っ掛かりますね。

    旅団は全員死ぬって作者が明言してるので、次に死ぬぐらいの情報をネタバレと言うのか、と思いつつ、でもヒソカの性格からして待ちに待った果実を摘み取るのに人の協力を得ようとは考えないだろう、とも思ったり。

    表紙だけであれやこれや考えさせられる、、さすが冨樫先生。

    • 匿名 より:

      それな。推測だけど経緯としては

      作者が12巻表紙のセルフオマージュを考えつく
      表紙に採用したいが、単行本だと微妙に内容バレになる
      検討した結果、読者の衝撃をそこまで損ねないと判断
      「ネタバレ。あえてね。」を添えて採用

      って事だと思う

      • 匿名 より:

        いつもは連載開始と単行本発売が同時なのに、今回は単行本が連載開始に間に合わなかったので、この表紙の扱いに時間を食ったのか?と思った。
        今回ではなく次巻に回せないか、いやそれだと旅団の登場シーンが少ないのでやはり36巻で、みたいなやりとりがあったんじゃないだろうか。

  5. 匿名 より:

    カルトの能力みんな知ってるハズなのに別行動がイミフ。

    まあイルミも旅団もヒソカも、
    ゴンクラレオからしたら敵だし、
    キルもカルト以外は敵だし、
    どっちでもいんじゃね?

    • 匿名 より:

      いやー、カルトは自分の能力隠してると思うぞ。
      ヨークシン編で、自分の能力が漏れることは死に繋がる的な事も誰か言ってたので、極力他の団員も自分の能力はオープンにしてないはずだ。

  6. 匿名 より:

    イルミの顔を変える能力
    あれを他にもできるのか、イルミと思っていた人が実はヒソカ本人だったなんてことは?

  7. 匿名 より:

    死の象徴である花を持つイルミ=死神であるヒソカの変装って事かと予想しました。

    ヒソカの変装とはいえカルトを騙せるとは思えないし、イルミがいないとなると「あと10人」の整合性がつかなくなるので
    薄いかもしれません。

  8. 匿名 より:

    ウボーが死んでるから、後継のイルミにウボーの花をもたせたんだなと解釈してました。
    あと、くちびるでネタバレなので、エイ=イのモレナのことを指してるかと思ってました。

  9. めぼ より:

    背表紙(カバーあり)にイルミとクロロ
    背表紙(カバーなし)にマチ
    マチとイルミの背表紙配置の関係も意味ありげですけどね

    • つぎ より:

      これ、意味ありげですよね。

      気になって、似た表紙の12巻を確認したところ、
      カバーの背表紙がマチ、
      カバーなしの背表紙がクロロでした。

      13,14,15巻もついでに見たところ、カバーとカバーなしの背表紙は同じでした。

  10. 匿名 より:

    普通にウボォーの花だと思って解釈してたわ
    死んだ団員の入れ替わりはイルミだけっぽいしなぁ

  11. 匿名 より:

    30巻で「手を組んでる」という暗示があったせいでファンが騒ぐ訳だが
    同じ手は使わないだろうし、実際それから表紙もカバーも大した意味がないんだよな
    35巻が目だったから次は口、ってだけだろう

    • 匿名 より:

      表紙のイルミに口が描かれてないので、カバー裏に口が描かれてると意味ありげになる、ってのはあると思う。

      この口のあるなしについては。
      12巻と比較する際、他の旅団メンバーは「感情」が口の形として現れてるので、もともと思う所がなく、また感情変化がまったく顔に出ないイルミは口が描かれてない、ってことだと思った。

      • 匿名 より:

        口火を切る
        口をはさむ
        口からでまかせ
        入り口・出口
        口車に乗せる
        口さがない
        口が悪い
        大きな口をたたく
        ………

        口が出て来る言葉を並べてみても、合ってるような合ってないようなで、どうもしっくり来ないんだよな。

        ひとつだけ確実にぴったり意味が当てはまるのがあるとしたら
        「口絵」
        だな。

    • 匿名 より:

      死人に口なし

      • 匿名 より:

        「死人に口なし」は誰でも思いつくものだが、それは無いな
        単純すぎて作者が採用しないだろう
        ヒソカと戦闘すれば死人になるのはイルミだけではない、という所でも意味が通らない

        • 匿名 より:

          まったく無し、って訳でもないんだろう。
          ムッセがそれに近いとは思うんだ。

          この枝では口関連の単語がいろいろ出てるので、36巻の登場人物に口に関する慣用句をあてはめてみた。
          なんとなくそれっぽくはなりそうだ。

          クラピカ   口利き 口八丁 糸口をつかむ
          モモゼ    口を塞がれる
          カミーラ   口火を切る
          ムッセ    死人に口なし
          ヒュリコフ  口を出す
          サカタ    口をはさむ
          ウェルゲー  口角泡を飛ばす
          サレサレ   大きな口をたたく
          カチョウ   口が悪い
          フウゲツ   入り口・出口
          セイコ    口をつぐむ
          ハンゾー   口惜しい
          モレナ    口付け
          ブオール一家 口ほどにもない
          ミザイストム 口裏を合わせる 箝口令

    • 匿名 より:

      35巻が目だから36巻が口、についてなんだが、
      それは前巻の最後のシーンのことじゃないか?

      35巻の目はデザイン的にオイトだろうな。
      34巻の最後の話から材を取ってるとしたら?

      35巻の最後は暗殺者の念獣による襲撃だ。
      この念獣は呪唇白蛇。

      そう考えると唇だらけだった。
      あの唇は前の巻の(作者的に)印象的なところを描いてるのでは?

      そうだとすると、37巻の口絵はフウゲツ関連か、あるいはミザイなのか。

      • 匿名 より:

        連続TVドラマで、OPの前に前回のシーンが短くカットバックする、というのを口絵でやってる訳か
        しかし呪唇白蛇の唇は36巻では一回も描かれてないので、逆に何だかわからなかったな

  12. 匿名 より:

    36巻で加筆されてる項目としては、No.372でまるごと付け忘れていた「リハンの心のセリフ」がある。

    内容をひとことで言うと「サレサレの賢者タイムには念獣が居なくなる」みたいなものだ。
    週刊連載時にすぐ訂正されなかったのは、内容が性的であることと、その後で特に使われない情報なので、なくても物語の展開にはそれほど関係ない、と判断されたのだろう。

    • 匿名 より:

      本当に付け忘れたのか、という疑問もある
      少年誌なのでカット、単行本では復活します、という編集部の判断だったのかもしれない

  13. 匿名 より:

    イルミが旅団に囲まれてる構図に見えるんだよなぁ

  14. 匿名 より:

    ルイーニーのレベルに変更なし、か。

    21人殺してLV21ということはLV.0から開始ということだとして
    そうすると、カシューのLV.1の分の死体が一つ足りないな。

    • 匿名 より:

      ルイーニーが20人殺して能力を得たという事からも、LV.0開始は確定だろう。
      レベルが1個ズレる話は、カシューが殺されなかった理由を匂わせるためのウソということになる。

      モレナ登場シーンに「302」とあるので、モレナの”恋のエチュード”のキスは船の中なんだろうし、ルイーニーはそのあと「素早く」3層で20人殺した訳だが。
      そんなモレナの儀式の直後のタイミングで、カシューは誰を殺したんだろうか。死体が発見されないのもちょっと気になる。

      • 匿名 より:

        ぶっちゃけ、カシューが一人殺してLV.1になってるのは。
        カシューのウソ証言を「あれ?本当にLV1から始まる?」と読者に思わせるための仕掛けで、ちょっとした混乱を生む以外に大した意味は無いんじゃないか、と思う。

        ありゃ完全に オレらをおちょくってんだろ……

      • 匿名 より:

        LV.0確定でもないんだよなぁ

        このあたりはNo.369「共闘」のコメントが詳しい。
        LV.1開始で、ルイーニーは三層被害者20人のうち19人殺してて、あと一人は別の感染者(モレナの恋のエチュードの)が殺してLV.2になってる、という説でも成り立つ。

        LV.0開始が確定になるのは、LV.0の感染者が作中に出て来た時、だな。

  15. 匿名 より:

    イルミが亡くなればアルカとゾルディック家まわりのめんどくさい事情が多少は楽になるよな

  16. 匿名 より:

    ハーイ、ボクはイルミ

    敗北はイルミ

    イルミはヒソカに殺される

    この考察見た時はシンプルながら良く出来てるなと思った

  17. 匿名 より:

    イルミの持っている花の花弁の色からして何かしらの意味は有りそう
    少なくともウボォーの花には見えない

    • 匿名 より:

      花の色なぁ
      あれは12巻のウボォーさんとは確かに違うんだが、カラー版9巻No.079扉とか、他のウボォーさんのカラーイラストには近いんだよ

      • 匿名 より:

        12巻のウボォーは髪が黒いのでOVAっぽい配色だったんだな
        36巻の花は中心が薄紫で花びらが肌色と茶色っぽいから、今の公式のウボォーの色なんだろう
        色の設定変更とかまた細けぇな

  18. 匿名 より:

    表紙のイルミが持ってる花は、単純にウボーさんの代わりなので持っていると思いました。

  19. 匿名 より:

    イルミが花持ってるのは
    既に旅団の誰かを殺してて操作してるって事じゃないかな

  20. 匿名 より:

    単行本派だから、イルミが表紙にいるのがよくわからなかったけど本文よんでわかった
    それがネタバレかと思った

    持っている花はウヴォーだろうな

  21. 匿名 より:

    死人に口なし→イルミはすでに死人=花
    花を持ってるのはイルミに変装したヒソカ
    身長も190位

    • 匿名 より:

      無いわ
      作中屈指の頭脳や鋭いカンの持ち主が所属する旅団を、変装程度でダマせるとかよく思えるな

  22. 匿名 より:

    さらに言うとアルカ編までのイルミの一人称はオレ
    王位争奪戦編ではボク

    • 匿名 より:

      達人たちをごまかしきれるくらい完璧な変装をして、うっかり一人称を間違えちゃいました、ってか?
      さすがに、もう少し考えろと言いたいなそれは
      もしそうならハンターハンターの単行本が積まれて燃やされるレベルのひどい展開だな

    • 匿名 より:

      こんなあからさまな誤導にひっかかってやがる、と呆れるところなんだが、もし本気でそう思ってるヤツが他にもいても困るので真面目に返事しとくぞ。

      TVとか見ないか?
      取材の時は「ボク」で普段が「オレ」のタレントや政治家は普通にいるぞ。
      イルミは身内やヒソカを相手に話す時は「オレ」で、初対面の相手に「ボク」を使ってる、ってだけだな

  23. 匿名 より:

    死ぬのがイルミ1人なわけもないでしょうから、
    死んだウヴォーの代わりだから花を持っている。
    カルトは死んでいないヒソカの代わりだから花を持っていない。
    それが答えでしょうね。

    それはそれとして、団長に次いでか、もしかすると団長よりも楽しみにしているかもしれないイルミを無傷で倒せると思っているわけもないので、イルミと団長の間には回復期間が必要かと思います。

    まぁでも、役割上の意味合いで蜘蛛に入っているだけで、イルミとカルトは蜘蛛としては死なない気がします。
    読者としても作者としても、やはり蜘蛛を指すのは初登場時のメンバーのみではないでしょうか。

  24. 匿名 より:

    ところで、“あと10人…♪”の台詞の蜘蛛の脚の本数問題はこのままうやむやになるのかしら?今回の表紙を見るに、欠番は3人(パクノダとシャルナークとコルトピ)なので10/13は合ってるけれども、千切れた脚は2本だけ。

    クロロが頭だとすると一人多くなっちゃう。アガンバネ加入説もあったけど、今回の表紙で可能性なくなったし。

    ヒソカがクロロを脚カウントしてたら一応辻褄は合うのか。実際、旅団内でもクロロが死んだら頭をすげかえる、みたいなこと言ってたし。そうすると、ヒソカはパクノダの存在ガン無視になるけど、壊れたオモチャに興味はないから、ヒソカらしいっちゃらしいのかな。

    あとマチも殺す気なのね、やっぱり。

    • 匿名 より:

      パクはヒソカが殺した訳ではないからな
      蜘蛛の取れてる足は、いまヒソカが殺した分の二本、って描写だろう

      クロロが頭ではなく足になってるのは、クロロももぎとられる(殺される)が、死んだあとも幻影旅団が続く、という暗示に思える
      冷静な判断をするフランクリンあたりが受け継ぐんじゃないか?

    • 匿名 より:

      ジャンプ掲載時のこのブログ及びコメントで指摘がなかったところでひっかかる所があるとしたら、No.377の旅団メンバーのコマの順番だな。
      団員ナンバー順でもなく、座ってる席順でもなく、殺意の順でもなく、入団した順でもない。
      まさか、ヒソカと戦う順番なんじゃ……?

  25. 匿名 より:

    確かにコミックスの作者帯コメなんだから、あくまでコミックス購入者へのネタバレと考えるのが極自然か・・・。本巻未読の読者には表紙はネタバレになると。

  26. 匿名 より:

    クラピカが鎖でビル調べて確認済みだから刺客じゃないよね

  27. より:

    ビックマウス本田圭佑のパロディかと思ったわ

  28. 匿名 より:

    表紙のイラストにはイルミだけが口がないように見えるから死人に口なしみたいな感じでイルミは実はもう死んでて、出てくるのは実は化けてるヒソカだったらおもろい

  29. 匿名 より:

    イルミの中の人がヒソカだと思う。
    カルトの目的はクモとしての活動ではないから、バックレててもおかしくない。クモの前でヒソカに化けていた実績もある。身長190以上で殺人オーラ隠すなら、イルミの針でイルミに変身が一番。条件についてはヒソカのクモ狩り協力の見返りがナニカ@アイを暗黒大陸でハントだとしたら、カルトも自分の目的のため協力すると思う。

  30. 匿名 より:

    「イルミに化けたヒソカ説」推したいなあ。
    ・一人称変わってる(兄の一人称が変わったところでそんなに気にしないでしょ)
    ・死人に口なし(シンプル過ぎるっていうけど、「裏で手を組む」だってシンプルだったでしょ)
    ・ヒソカは見つかりにくい場所に隠れている、よりとっくに見つかってるけど気付いていない方が面白い

    カルトにバレないか? ってのはあるけどさ

  31. 匿名 より:

    ・ヒソカはイルミに化けているが一人称であえて「ボク」と言った
    次のコマにクロロが無言。ここでわざと怪しませている。
    ・次に怪しいのはボノレノフ、急に変身能力を切り出した。こちらがイルミのなりすましで、クロロになにか提案しヒソカに化ける旨告げる。
    ・いざ決戦時にはイルミがヒソカ、ヒソカがイルミだと旅団に思わせる状況を作り出すが、二人は結託しきちんと元に戻っていて旅団は不意を突かれ壊滅。