スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』131話:四宮かぐやについて③ 「こ、氷ちゃん!場の空気氷らせないで!」「うるさいですね…」

シェアする

『かぐや様は告らせたい』131話:四宮かぐやについて③

第二回

頭脳(内)戦開廷―!!

コミック53話「かぐやたちは贈りたい」以来の頭脳(内)戦である。今回の被告人はかぐや(アホ)ことかぐやちゃんです。検察官は同じくかぐや(氷)で弁護人が四宮かぐや(いつものかぐや様です)。そして裁判長かぐや(幼)でお送りします。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』130話:伊井野ミコは語りたい 実写映画化ばんざーい!! 今回の130話「伊井野ミコは語...
かぐや様は告らせたいの実写映画化の情報が解禁されました! 白銀御行役に平野紫耀さん、四宮かぐや役は橋本環奈さんという豪華キャストでお送...
『かぐや様は告らせたい』第128話:かぐや様は教えたい 前回の後夜祭で「二つの告白編」が見事な着地を迎え、かぐや様と白銀付き合...

131話:四宮かぐやについて③

今回のサブタイトルは「四宮かぐやについて③」なり。ついにかぐや様についてのシリーズも3か。ここまでコミック36話「四宮かぐやについて①」と120話「四宮かぐやについて②」がありました。

四宮家の教訓として「人を頼るな」「人から貰うな」「人を愛するな」と教えられ育てられたこと。白銀を好きだと認めた時にこのサブタイが付いたわけですが、シリーズ3はより一層かぐや様について分かりました。

頭脳(内)戦

今後の方針を決めるため

3人のかぐや様が集まったのは今後の方針を決める為。しかもかぐや様の将来を左右する重要な決議です。これはとても大事な議題ですね。まあ、ほぼギャグだけどな!

①会長との関係性について

②留学について

③大人キッスについて

なるほど。脳内のキャパがオーバーしてしまい、かぐやちゃん(てかアホバージョンがかぐやちゃんになるのね)が出現してしまったので、自分の中で整理しておくのか。考えたなかぐや様!

会長との関係性については「言葉は欲しい」「私たちは契約主義者」なので友達以上恋人未満…って、それ何も結論出てなくないか。まあ、これについては白銀と話し合うしかないのでかぐや様一方だけで決められませんからね。

かぐや様の兄について

兄様

かぐや様の父・四宮雁庵は「人間らしい部分」が無いようで、留学なんて勝手に決めて許すはずがないそうな。ただし交渉材料があり、兄のPCをクラックして何か資料を集めてるそうな。ただし氷のかぐや様は「そんなものが武器になると思ってるの?」と役に立たないことが伺えます。

ここで注目すべきはかぐや様の兄の存在でしょう。「公式ファンブック(AA」によるとかぐや様には兄が3人いることが書かれていました(母は兄弟全員別だろうか?)。氷のかぐや様になったように冷酷無慈悲な教育されることが想像できる四宮家において、1人の兄(かその嫁)とは仲が良いっぽいことが作中で随所に伺えます。

コミック2巻

2巻では、生まれたばかりの甥っ子と仲良しの写真がありました。しかもビデオで撮られながら(誰が撮ってたんだろ?)キスをしたそうです(コミック14話)。四宮家は家族愛なんて無縁なのに、兄の生まれたばかりの子供と楽しく過ごしています。

また、コミック108話では兄の嫁を「義姉さん」と呼んでおり、早坂さんのサポート役に一人を京都の本邸でなく別邸に回してくれる手配をしていました。

コミック108話

一応春には早坂のサポートに義姉さんが一人回してくださるそうですから少しは負担が減るんじゃない?

<関連記事>

最近のあらすじ(時系列順) …はい。 えー、前回の『かぐや様は告らせたい』(97話「藤原千花は刻みたい」)の感想...

兄は結婚しており、甥っ子とは仲良し。さらに義姉さんは四宮家の人事系をある程度は動かせる人物であることが伺えます。まあ、「キスした甥っ子」の兄と「おそらく本邸の義姉さんの旦那」の兄が同一人物かは定かではありませんが…。2人の兄が結婚しててそれぞれ別かも。

この辺から察するに、京都の本邸の長男は結婚してる(義姉さんとは良好っぽい)。甥っ子とのキスをビデオ撮られるぐらいの仲良しの兄家族がいる。イコールか不明。ただし四宮家の教訓で育てば氷のかぐや姫のようになるので、兄がどういうキャラなのかは「?」です。

・兄は3人いる

・人事権を持ってるだろう本邸の兄嫁とは話せる関係

・ビデオに撮られながら甥っ子とキスする兄家族

今別邸なのを幸福と思え

今、お父様と距離を置けてる現状を幸福と思いなさい

東京の四宮別邸で暮らせている今を幸福と思えと注意する氷のかぐや。父親は眠れる獅子で起こしちゃいかんと。四宮家の本邸は京都ですが、かぐや様は東京の別邸で暮らしています。これについても謎が多い。

<関連記事>

【かぐや様は告らせたい】 最新YJ41号には“次にくるマンガ大賞”授賞記念!巻頭カラー増量2Pで掲載しています! 体育倉庫にて“お約...

コミック79話で恋の病にかかったかぐや様は母(名夜竹)が心臓を患っていたこと、おそらくかぐや様が中学生時代で亡くなったと思われる描写がありました。名夜竹さんは別邸に住んでいたのかにゃ。

また3巻の説明によると「かぐや」と名付けたのは早坂父で乳母は早坂母。かぐや様は2歳まで早坂さんと育てられ(別邸?)、2歳からはは京都の本邸で育ったそうです。この辺も謎ですよね。

・名付けも育ても早坂両親

・2歳までは別邸(?)で育てられる

・2歳からは四宮本部

・中学時代は母の入院してる病院に通ってる

なんだかんだで謎が多いかぐや様の半生です。かぐや様は秀知院の「純院」なので少なくとも小等部からは東京の別邸に住んでるだろうが幼稚園は京都でいいのかな。そして今も別邸に住めてる事が幸運とはこれいかに?母が亡くなって(中学時代?)本邸に移る案でもあったのでしょうか。

(続くぞい)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    氷ちゃんがはっきり白銀が好きと言ったのに驚きました
    仙水ほど独立してないのかな?
    関係ないかもだけど不仲だった上の世代の生徒会メンバーがちょっときになる

  2. 匿名 より:

    おい、セクスデスってw
    なんかいかがわしく聞こえるでしょw
    エクスデスですよ

    それと、羽田くんは名前の部分を(ようじ)にしないとややこしいです
    鷹志だとホーク卿と字が同じなので

  3. 匿名 より:

    氷からAHOになったのではなく氷とAHOが独立してるとは驚いたな

  4. 匿名 より:

    脳内会議はやってたけどあくまで比喩表現であって
    多重人格とは思わんかったわ
    家の問題とか色々闇が深そうだし人格別れてても不思議じゃないっちゃないが

  5. 匿名 より:

    >純院なのに1年生で
    混院かな

  6. 匿名 より:

    脳内の幼かぐやは氷ちゃんノーマルモードみたいに死んだ目をしてないから、
    幼少期の頃からずっと氷というわけでもなく氷が出てきたのは途中くらいからなのでは

    • 匿名 より:

      以前にも「皆が去ってしまったけれど、藤原さんだけは傍にいてくれた。」という言い方をしてるんですよね。

      これはつまり、氷ちゃんモードが成立したのは比較的最近、
      少なくとも藤原千花と出会った中等部以降ということになるはずです。

  7. 匿名 より:

    なるほど、氷ちゃんはこのままだと白銀にすかれないと思って身を引いたわけね。

  8. 匿名 より:

    最初のページに、「脳内の混迷さをイメージ化するとこうなる!!」って書いてあるし、多重人格というよりは、相当に情緒不安定なかぐや様の様子をマンガ的にデフォルメしてわかりやすくしただけでは?

  9. 匿名 より:

    細かい話ですけど、かぐや様は脳内の全員が認識を共通してるので多重人格ではないですよ。
    パーソナリティ障害に近いものだと思いますが、既に言われてるように情緒不安定さを単純にデフォルメしただけなのではないかなと。

  10. 匿名 より:

    理性と欲望において理性がなくなるとアホになるって御見舞回で言ってたし
    理性側が強固になると氷になるのかもねえ

  11. 匿名 より:

    でもこの氷ちゃんが
    肉体求めてくるしキスしてこい!って望んでるんだと思うとこれはスケベェですよ…

  12. 匿名 より:

    白銀が氷ちゃんにキスする前振りですわこりゃ

  13. 匿名 より:

    本能が暴走して理性が強くストップをかけているだけの状態だと思いますよ。
    おそらくアホが本能、氷が理性を象徴した存在だと考えられます。
    「人格ごとで性癖に差が…」という台詞で混乱してしまいますが、本来のかぐや様の嗜好は「キスされたい」なのに、会長の告白で思わず本能が暴走して唇を奪ってしまい、あとで冷静になり「向こうからキスしてほしかったのに…」と後悔している状況を戯画的に描いただけではないでしょうか。
    「私が最初に好きになった」という発言や氷かぐやの表出も、一見別人格が存在しているように感じますが、冷徹で合理主義者なかぐやの「理性」としての部分が始めに会長に惚れ、意図的に押さえつけていた情や欲望といった「本能」が噴出して現在のかぐや様が形成され、「理性」の部分では四宮家から逃げられるわけがないと理解しておとしどころを考えているのに、「本能」ではただ求めるままに会長の願いを聞き、会長を求めてしまう……という自己矛盾に苦しんでいるのを大袈裟に表現した結果が今回の脳内裁判ではないんでしょうか。
    漫画の描写というのは現実に当てはめると何らかの病名がついたりするものなので深く突っ込むのは野暮だとは思いますが。

    まあアカ先生は後々シリアスでギャグ回の伏線を持ってくることが多々あるので、ほんとうに多重人格であるという可能性もなきにしもあらずだとは思います。

  14. 匿名 より:

    ワゴトニーの時に、かぐやは性格の悪さや性根の歪みを治そうと必死に頑張ってきたと述懐してます。会長に好かれたくて四宮の家訓由来の「冷たさ」を封じていったのではないかと予想。だって会長は四宮家と真逆な人ですから。でも彼と真逆な「冷たい」思考でないと彼との未来は拓けないという現実との葛藤もあったはずで…

  15. 匿名 より:

    四宮家ってもしかして女系なのでは?
    かぐや様1人だけ別邸暮らしで、人間味の欠片もないと評される四宮父がそれを認めているということは彼女には京都の本家から離す必要があるということで、兄たちと何が違うかと言えば性別ですし。一子相伝のスキル純真無垢も受け継いでいるわけで(これは無関係なギャグ描写な気もしますが)、四宮かぐやの伴侶=四宮グループの跡継ぎと考えれば特別扱いもやむなしかな、と。
    かぐや様が四条家なんか、とか言っていたのはかの家が四条帝をかぐや様に婿入りさせて本家乗っ取りを狙っているとかかも。

    • 匿名 より:

      古代エジプトと同じですね。王家の娘と結婚した男がファラオの権利を得る。末子相続は末子の嫁が一番長生きして介護してくれる、親より長生きする可能性高い、などのメリットで遊牧民には多いシステムですが、日本の名家だと違和感が・・。
      でも、そうなると会長が婿養子になって四宮グループ次期総帥にならないとならないし、落としどころがない。駆け落ちしかなくなってしまう。交渉の余地を氷が認めてる以上、跡継ぎではないのでは? 
      かぐや様だけ兄達と母親が違うのはありそう。先代の総帥が前妻の父親で、厳庵が養子。後妻/愛人が名よ竹さんで、早死にした娘を溺愛したいけど、本家の親戚筋の前では冷たくしかできない。それで東京の別邸に住まわせて割と自由にさせてる。幹部の娘を近習にしてるし、事情を知ってる兄一家と仲がいいとか。

    • 匿名 より:

      四条帝は女かもしれないとアカ先生が言ってたからそれはないと思うけど

  16. 匿名 より:

    他コメでも挙がってる通り、自分もかぐや様が仙水みたいなガチの多重人格者とは読み取れなかったです。
    ただヤマカムさんほどの読み手まで誤解させてしまったとなると、今回はアカ先生の設計ミスだったのかもなあ。

  17. 匿名 より:

    これで会長のコーヒー不味かったら
    特訓回始まるなw

    • 匿名 より:

      特訓回はないと思う
      なぜなら、特訓回はあまりにもできない事じゃないと開催されないから
      会長はカフェイン中毒で、毎日のコーヒーは欠かせないと作中で明言されてる
      そんな会長がコーヒーをまともに淹れられないなんて絶対にあり得ない
      コーヒー担当は藤原書記だけど、生徒会室に書記がいない時もあるのは当然
      だから、会長が自分で淹れる機会があるのはこれも当然
      なによりも、次の特訓回は社交ダンスだとすでに伏線が張られてるからね

  18. YUU より:

    別に多重人格かそうでないかの定義がどうで、かぐや様がそれにあてはまるかって、どうでもよくないですか

  19. 匿名 より:

    げんしけん2の波戸くんの例もあるし、多重人格だとしても最終的には合体するでしょ。

  20. 匿名 より:

    タイミング的にキン肉マンゼブラを彷彿とする。

  21. 匿名 より:

    おれつば思い出してワクワクすっぞ

  22. 匿名 より:

    今回の話の肝は、氷かぐやはキスされたい願望があるという事、そして次週タイトルファーストキッスは終わらないが宣告されてる事ですね
    ウルトラロマンティック再びという事でしょう
    何故来週休載なのか・・血涙

  23. 匿名 より:

    皆さんご存知のように、人間の思考や思念はもともと一枚岩ではないのです。
    今回の騒動を受け、かぐや様は暴走している自己を自覚し、「あれ、自分は何がしたいんだ」という不安から、表層で動く思考から深く根付いている思念までを一度省みざるを得ませんでした。
    昔の自分というものが過去として存在し続けるなら、過去の思考思念もまた然りです。これまで色恋沙汰に迷走、もとい恋愛頭脳戦に奔走してきたかぐや様ですが、ふと立ち止まれば「昔の自分ならこんな過ちを犯さなかった」という思いも浮かんできます。
    昔から大切にしていた想いを裏切った自分への怒りと後悔、先行きへの不安、それでもなお嬉しいと思う自分へのさらなる怒り、そういったもので頭がいっぱいになった結果、今の自分に対する嫌悪感が限界に達し、かぐや様は「昔の自分に戻らなきゃやってられない」という結論に至ったんじゃないですかね(希望)。

  24. 匿名 より:

    氷ちゃんも会長好きって言ってるので
    どう転んでも楽しい展開にしかならない

    はよ再来週こい

  25. 匿名 より:

    はやく再来週になれ!なれ!

  26. 匿名 より:

    これで作者が多重人格ですって宣言したら面白いのに。

    メンタルなんて人の数だけ症例ある上に漫画のキャラ相手に、
    専門家でもない人らがこれは多重人格だいやそうじゃないとか言うことがおかしいw

  27. 匿名 より:

    会長は混院ですよ

  28. 匿名 より:

    王子様のキッスで氷が溶けるという最高の前フリ回だったわ

    多重人格の名作ラブコメといえばまほらばを思い出すわ
    ここのコメントみると多重人格とは違うっぽいけど

    氷に対して神がどういう反応するかは楽しみ
    呼び方がまた戻るのかな

  29. 匿名 より:

    少なくてもかぐやちゃんは藤原書記が昔数回出会っている
    多重人格(解離性同一性障害)をぐぐってみると、可能性としてはありえると思う
    その場合3人目の人格として今まで描かれてたかぐや様みたいなのを生み出した可能性も
    全然ありえるので、作者のさじ加減でどうとでも転びそうです!

  30. 匿名 より:

    氷ちゃんとかマキちゃん見て確信した。
    四宮家はツンデレ家系。
    ・・・つまりお父様も実は超ツンデレである可能性が・・・?

  31. 匿名 より:

    幼かぐやが本来のかぐやで、自己防衛のために氷になったんじゃないかと思うんですがね
    多重人格の類は、記憶がなくなったり、自分や他人に危害を加えるとかなければ
    普通に生活できるみたいだし、
    かぐやが実は多重人格(に類する状態)だとしても
    会長がかぐやの支えになれれば何も問題無し

  32. 匿名 より:

    なんJネタつまんねーよゴミ

  33. 匿名 より:

    白銀御行は僕が最初に好きになったんじゃないかぁ
    それを横から取るなんて駄目だよ兄さん

  34. 匿名 より:

    >白銀御行を一番好きになったのは他でもこの私よ!

    いやぁ、これ、他のかぐや達に言わせれば、
    「ここまで、会長との仲を近づけてきたのは、自分達だ」
    と、言いたいところじゃないかな。
    なんで封印させられたって、そりゃ氷ちゃんじゃ、進展しないからですよ。
    起き抜けに早速、珈琲淹れろとか言い出してるし。

    • 匿名 より:

      いや、それを言ったのは『氷ちゃんは会長の事が好きじゃないから』とか、ふざけた事をアホが言ったからだから
      氷ちゃんはそれに反論してるだけでしょ

    • 面白かった より:

      しかも、次の回の第一声が「まずいわね」だもんなw
      会長も、恐縮しかりだったもんなw
      それでも会長は、かぐや様の様子がおかしいことにやきもきして、生徒会室を出ていったかぐや様を探し回り、女子トイレ前でミコちゃんといちゃいちゃしているかぐや様に話かけたりしてなんとかコミュニケーションをとろうとするんだけど、かぐや様は、女子トイレでかぐや様がつけたお母様伝来の男を魅了する香水が、まだいい香りがする前だったので逃げまくったり、それでも白銀が追いかけて追い詰めて(さすが白銀会長、あんなところに追い詰めるなんて)、近寄ろうとすると「近寄らないでっ!」と言い放ち、ショックを受けた白銀会長が、去ろうとする間際に、いい香りがし始めたことに気づいて「どこに行くの」と引き止めて白銀会長が「えっ、いやさっきは、近寄るなって」と動揺していたら、今は良いのよ、むしろいてもらわなくちゃ困るとか言い出すし…、個人的な感想を言うと、かぐや様(氷)は、殴ったり、蹴ったりと暴力的なので嫌いだな、白銀会長も、普段なら暴力に訴えることなんてないのにと疑問に思ったりしてるし、そりゃね、かぐや様、柔道二段に合気道初段の段持ちだから的確な体捌きするだろうけどね

  35. 匿名 より:

    再来週早くなれー

  36. 面白かった より:

    >名夜竹さんは別邸に住んでいたのかにゃ。

    かぐや様のお母様が病院にいたことがわかる描写が、かぐや様が生徒会室でぶっ倒れて救急車で運ばれた病院の医師の回想からもわかるし、四宮家お付きの医師ということだから、東京の別邸に居たんじゃないかなと思う、お母様が逝去されてからは、そのまま、別邸にはかぐや様が住んでるのではないかと。

    >1年10~11月 ここら辺で氷ちゃんが封印される(でも白銀に惚れた)

    文化祭の回で、御行パパとかぐや様の話のシーンで、かぐや様が白銀会長の裏の顔を探しまくっていたことが描写されている、結局見つからずに根負けして、気づいてみれば今までとは違う視界を手に入れていたこと、白銀会長に出会うことができて白銀会長を育てた両親には感謝しきれないと、御行パパに言っちゃってから、たぶん、1年生の7月から10月までの3ヶ月間、四宮家の調査網と外部の民間調査会社を利用して白銀会長の裏の顔があるかどうかを調べまくったんじゃないかなとおもう。
    その結果、かぐや様が想像していたようなことは全く無く、しかも、日々白銀会長の一挙手一投足を睨めつけるようにみていたはずだから、日々白銀会長を見ていてどんどん好きになっていったんじゃないかなと思う(御行くんは、かぐや様に一目惚れっぽいなぁという印象、その後、興味をもったかぐや様とコミュニケーションを少しづつ、少しづつ取っていってますます好きになったんじゃないかな)

  37. 面白かった より:

    >・人事権を持ってるだろう本邸の兄嫁とは話せる関係

    多分、長男の嫁じゃないかなぁと思う
    確定しているのは、本邸にいる兄嫁のことだけだけどね。
    家の家事(家事といっても人事や家同士の付き合い等の家を代表するようなもしくは家の家督を継いでいる者の名代として表に出るような行事のこと)を取り仕切っている立場の人なんじゃないかな
    本来なら、その立場は、かぐや様のお母様が行うことになっていたのだけど、早逝されたので、兄嫁がその立場に就いているというイメージ
    ただ、かぐや様からみた兄嫁は、生徒会選挙のときに伊井野ミコを調略する直前シーンでの「あった悪人の数が違います」というセリフから察するに、かぐや様も兄嫁もお互いを使えるから話を聞いてやってるという関係なのかもしれない。

    • 面白かった より:

      名代で気がついたのだけど、かぐや様の保護者の名代って早坂さんのお母さんなんだよね
      三者面談のときに、早坂奈央さん(早坂愛ちゃんのお母さん)がかぐや様の父親の名代として学校に来ているので、早坂奈央さんもそれなりに四宮家の中では重役なんじゃないかなとおもった。