『わたモテ』喪162:モテないし願う P.S.元気です、智子

シェアする

『わたモテ』喪162:モテないし願う

七夕に込めた願いは…。

やっべー!扉絵だけでグッとくる。謹慎明けて日常に戻ったもこっちの次なるイベントは七夕です。みんなでワイワイやって短冊見上げてる様子が素晴らしい。『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』が更新されました。

<喪162:モテないし願う>

モテない女子の苦悩が始まる! (ガンガンONLINE)

<関連記事>

『わたモテ』喪161:モテないしいつもに戻る 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』が更新されました。161話のサブタイ...
『わたモテ』喪160:モテないし謹慎最終日 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』が更新されたぞい。「モテないし謹慎最終...
『わたモテ』喪159:モテないしまだ謹慎中 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』が更新されました。まだもこっちと吉田さ...

喪162:モテないし願う

謹慎明けで七夕ってロマンチックですね。

ずーっと会えいなかったもこっちとゆりちゃんがやっと会えたわけじゃん。

織姫と彦星のメタファーだったのではなかろうか。ま、もこっちとゆりちゃんは1年に1回だけでなく一生一緒ですけどね。

第2回七夕祭り

第2回七夕祭り開催中

最近は球技大会に謹慎と今まで描かれなかったイベントばかりでした。モチのロンでそれも楽しかったものの去年もやった学校行事はまた違う味わいがあります。なんたって、もこっちの成長などが直に比べられるからね。

去年の七夕同様イベントの告知と窓から短冊を眺めるもこっち。今年は窓から眺めるのゆりちゃんも一緒です。これだけで良さ味がある。そりゃDEENだって歌うわ。ひとりじゃない!

またイベント告知も興味深い。「去年もやってたねあれ」「ああ…」ってやり取りにあるように昨年もやっていた七夕祭り。だ・け・ど!一昨年はやってないの。なぜなら今年の七夕祭りは「第2回」だからなり。

去年からできたイベントが受け継がれてるわけですね。

では誰が七夕祭りをはじめたのかといえば…?

喪55

卒業した今江先輩である。

去年の告知では「生徒会」と署名。準備する今江先輩たち生徒会メンバーの姿。ポツリと「でもよかった。みんなに興味もってもらえて」という言葉。今江先輩が作った七夕祭り。卒業しても続いて第2回が開催されてて胸が熱くなるな。

受け継がれる意志

去年のもこっちは「くだらん」「つまらんイベント」「本当くだらないわ」とDISって大喜利大会をしていましたからね。今江先輩の「でもよかった。みんなに興味もってもらえて」って呟きも聞いてないかと思いきやね…。

今年の七夕はちょっと特別さ!

キョンシーゆりちゃん可愛い

私とみんなの願いが届くように

もこっちが最初に書いた願い事。

それは「私とみんなの願いが届くように」というものでした。

もこっちは今回も短冊に願いを書いても「叶わないし」と思ってるのに「届くように」とか素晴らしいやん。自分の願いだけでなく「みんなの願い」を届くようにお願いとか最高やん。

って、この願い事みたことある。

去年の今江先輩のやつじゃん!

私のはあれだよ

ここにあるみんなの願いが届きますように

素敵です!

去年の今江先輩の願いと同じくみんなの願いが届くように短冊に飾るもこっち。いいねぇ。今江先輩の「みんなの願いが届きますように」を見たもこっちが、今年は同じ願い事をする。それを見るは後輩の雫ちゃんである。

ワンピの言葉を借りれば「受け継がれる意志」ですよ。

喪115

着々と「来年は与える側(今江先輩)」を踏襲しています。

ああ、見える。見えるよララァ…。来年もこっちが卒業したとしても雫ちゃんが同じように「みんなの願いが届く」ように短冊にお願いしてる姿が。

<関連記事>

『わたモテ』喪149:モテないし先輩になる あざとい? いえいえ尊いですよ! 『私がモテないのはどう考えて...
『わたモテ』喪132 モテないし先輩後輩の関係 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』が更新されました。...

友達いないぼっち時代に今江先輩に与えられたことを、同じく友達いない(でも異性にはモテモテ)の雫ちゃんに与えるとか。雫ちゃんはビジュアルや雰囲気が今江先輩に似てるのもエモいっすなぁ。

「卒業できる資格」云々はやっぱり、もこっち先輩が友達いない雫ちゃんへのアレコレなんでしょうね。どこかもこっちらしく、それでも今江先輩みたいな先輩やってるの『わたモテ』でゆりちゃんとの百合と同じくらい好きです。

P.S.元気です、智子

なんだかんだで楽しみまくってる七夕祭り。いわく「案外私が一番この七夕イベント楽しんでるのかもな」です。今江先輩の言葉が骨身に染みるわい。

でも、よかったみんなに興味もってもらえて

そもそもなんで今江先輩は七夕祭りイベントをつくったんじゃろ。

もこっちが短冊飾るのを見て声かえ「よかった」「みんなに興味もってもらえて」が妄想膨らませちゃうぜ。だって、口では「みんな」と言いつつ、その会話のやり取りは、もこっちが興味もってくれて「よかった」ですしおすし。

あくまでも想像の域だけど、今江先輩は文化祭から友達いないもこっちを気にかけてたので、学校生活つまらなそうに過ごしてるもこっちが楽しめるように…って七夕祭りをはじめたのかもしれんな。分かんないけど。

てか、去年は散々くだらねぇってDISりつつも罰だってオチから、楽しんでたって認めるの喪55の完結回のようだ。しかも興味無いと言いつつ、今江先輩がつくったイベントだと把握してるのが最高すぎるんだってばよ!

今年の生徒会メンバー

まぁ願いなんて叶わないけど…

それでも届けばいいよな

「前の生徒会長が考えたんですよこのイベント」「…うん知ってる」か…。知ってたのかもこっち。それを踏まえての願いは叶わないだろうけど「それでも届けばいいよな」が至高なり。うん。届けばいいね。

今江先輩を受け継ぐもこっちが至高ならば、究極はゆりちゃんです。

(続くぞい!)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    今回はネモが主役かと思いきや、ゆりちゃんの話しかしてねー。
    ところで、わたモテ界隈でド嬢が広がっていると聞き読んだらドストライクでした。オタ以外の読書がしたくなります。

  2. 匿名 より:

    レビューお疲れ様です。

    私もラストの短冊はゆりちゃんだと思います。
    普段はコミュニケーションが苦手なので皆の輪に中々入っては行けませんが、
    ネモ、加藤さん、うっちーといった新しい友達ともっと仲良くなれたら・・・という
    彼女の切なる願いがこもってるのだと感じましたね。

  3. 匿名 より:

    この短冊回は単行本のオマケで捕捉され答え合わせされるに花京院の魂を賭ける

    個人的には本命ゆりちゃんで大穴で吉田さんかなって感じ

  4. 匿名 より:

    今回ゆりちゃんと共に割とメイン張ってたネモ…w

  5. 匿名 より:

    ゆりちゃんの筆跡鑑定はよ!

  6. 匿名 より:

    ネモ派だけど今回のキョンシーゆりちゃんは正直すげーかわいいと思った

  7. 匿名 より:

    ゆりもこ推しの管理人的にはそういう解釈なんだろうけど、個人的には「誰だか分からない者の願いを」掬いあげて届けたと解釈する方が素敵だと思う

  8. 匿名 より:

    あの後ろ姿はうっちー風でない、てことですけどゆりちゃん風ではもっとないような…
    扉絵の後ろ姿見れば分かるように、ゆりちゃんのシャツの出し方は一見してそれと分かるように描かれてるんですよ
    後ゆりちゃん贔屓としては、雫ちゃんともこっちのイチャつきを拳握りしめて見てる、てのは「今のゆりちゃん」には相応しくないと思ってます

  9. 匿名 より:

    今回主要キャラの願いが大体描かれてるから最後のは残ったまこっちか、ゆりちゃんのどちらかかと思った
    それにしても風香さん最初の強キャラ感はもう跡形もないですね

  10. 匿名 より:

    私も最後にもこっちが拾った短冊はゆりちゃんのだと思う
    打ち上げの後のゆりちゃんの想いとも重なるし
    国語のテストにでる文学的に考えるなら(笹から)零れ落ちた思い(短冊)をまこっち以外で初めて出来た親友(もこっち)が救う(掬う)といったところでしょうか
    もこっちはもう与える側の人間ですね

  11. 匿名 より:

    最後の落ちた短冊はゆりちゃんのでも、他の誰かのでも、読者が自由に解釈するようにしてあると思う
    個人的にはあれはゆりちゃんのではなく、ゆりちゃんの願いは後で明かされる今後への伏線という考え

  12. 匿名 より:

    ゆりちゃん好きだけどネモのピンク色の部分の話はやたら好きなヤマダさんなら売れる為には守らなきゃいけない物については別記事で触れるのかと思ったらナッパの記事が更新されてた
    ネモナッパ説が出てきちまうよこれじゃあ

  13. 匿名 より:

    ネモはリア充達と付き合っていた時期に処.女は卒業してますよ
    もし処.女なら今回の話と合わない

  14. 匿名 より:

    これだけたくさん伏線用意してある以上、最後の短冊はまあゆりちゃんでしょ
    でなきゃそれらの演出が無意味になっちゃうし作者の作風考えるとな
    この仕掛け、すごいわたモテらしくて良かった