『ゆらぎ荘の幽奈さん』183話:ゆらぎ荘ついすたぁ感想 愛なんだ…

シェアする

おすすめ記事

『ゆらぎ荘の幽奈さん』183話:ゆらぎ荘ついすたぁ

今週もひばりちゃんの出番がありますように!活躍しますように!というヒバリスト(雲雀ちゃん大好きの意)たちの願いが神(作者)に通じたのでしょうか。『ゆらぎ荘の幽奈さん』のページを開いたら前回に続いて雲雀ちゃんのターンだー!

開始1コマ目でなんか事後みたいになってますけど、おおよその想像は付きます。誅魔忍の任務でいつものように雲雀ちゃんのアソコがコガラシさんに当たったのでしょう。下着を履き直してる仕草から直当てだったと。流石は雲雀ちゃんである。

<関連記事>

『ゆらぎ荘の幽奈さん』182話:でぇとな朧さん 今回は朧回なのに雲雀ちゃんがたくさん登場した! 実質、雲雀回だったと言っ...
かつて、昨年の夏休みからはじまったヒロイン戦線動乱期にあった作中で「雨野雲雀」と呼ばれるヒロインがいた。 天使さながらに読者を...
祝!『ゆらぎ荘の幽奈さん』連載3周年 祝!『ぼくたちは勉強ができない』連載2周年 おめとう!そしておめで...

182話:ゆらぎ荘ついすたぁ

ツイスターゲーム

コレってツイスターゲームじゃない!?

あっ…(察し)。

今回はいつものように誅魔忍の任務にかこつけてラッキースケベなんてワンパターンじゃないぜ!すでに任務は終わった後で一味違う展開にするのかと思ったら。雲雀ちゃんがツイスターゲームを発見したようです。

2ページ目にしてすべての展開が予想できてしまいました。

なにより『ゆらぎ荘』は予想を裏切りません(褒めてます)。

「ツイスターゲーム」とか古典ラブコメでラッキスケベー展開で使われるキーアイテムそのものですからね。それが『ゆらぎ荘』でやるとなれば結果は火を見るより明らかでしょう。

絶対、女将さんのアイテムだろと。

極上のラッキースケベになるだろと。

その通りでした。

妖怪ついすたぁ

雲雀選手お手付き!服を一枚脱いでおくんなんし~!

妖怪ついすたぁは対戦ではなく協力プレイ!全員の手足が全ての色に置かれた状況になればクリア。お手付きすれば元の状態で服を1枚脱がなければならない。脱衣中にお手付きすればさにもう1枚…。脱げる服が無くなったらゲームオーバー。

ゲームオーバーになったら最初からやり直しです。

なによりも、3分以内に脱げなくてもゲームオーバーってルールよ。

あの…。間違えてしまったら別に無理して脱がず、3分待ってゲームオーバーになり最初からやり直すことを繰り返せば1枚も脱ぐ必要ないのでは…?

しかもゲームはじめたばっかじゃん。冷静に考えると全然楽なゲームな気がしますが、この漫画は『ゆらぎ荘の幽奈』なのです(讃えています)。そんな発想は誰も考えず、律儀にお手付きしたら服を脱ぐのです。手足が塞がってた口を使って!

誰一人としてゲームオーバーになって最初からやり直せばいいって気づかない。途中で1回ゲームオーバーになってるのに、律儀に脱ぐことを止めようとしません。私は感動しました!

口で脱がせばいい

口で脱がせるんだ!

「ツイスターゲーム中は手足が使えない」→「お手付きしたら脱がなきゃいけない」→「全員最初からやり直しすりゃいいって発想ない」→「口で脱がせばいいんだ!」

やはりミウラタダヒロ先生は神か!

とんでもない発想力だよあんた!あえて呼ばせて貰おう。神であると!

冷静に考えれば1枚も脱がずにクリアできるだろって気がするがそんなん関係ねぇ!むしろ、今回は「口を使って脱がす」を描きたいがために用意されたエピソードだったと言っても過言でなかろう。

ツイスターゲームしてたら密着しちゃうなんてチャチなもんじゃ断じてねぇ!

いやもうね。

本当にね。

ありがとうございます!

神がかったラッキースケベ創造っぷりにほとほと頭が下がる思いです。

ゲームから脱出するため。ルールは脱漏。途中で脱落せず。ヒロインは脱衣。話の展開は脱線気にせず勢いで突っ走る。読者は脱帽です。感想は脱俗!

こんなラッキースケベ展開を描きたいがための話であるが、社会風刺といいますか、最近問題となってるフェミニズム関係に一石を投じるような壮大なテーマがあった(ような気がした)。安易なラッキースケベ漫画ではないのだよ!

ヒロインは嫌がってません!

安易なラッキースケベではない

雲雀「大丈夫だよ!コガラシくんになら…雲雀はハダカくらい見られたっっていいから…!」

狭霧「…まぁ、他ならぬ貴様だからな…!」

いわゆるラッキースケベでヒロインが「キャー!」、主人公「ラッキー!」なんて単純なものじゃない。ある意味では合意の元に形成されてる。愛の展開だったんだよ!な、なんだってー!

『ゆらぎ荘』のコガラシさんはラッキースケベを傍受していますが、不可抗力という名の元に被害者という立ち位置でもありました。

だからなのか、いつもは自然の摂理でアソコを顔に当ててしまう雲雀が、今回は自分から行くわけです。

そのために事前に確認を取ってます。

アソコを顔に当ててしまってイヤだったよね?と。

コガラシさんの返しが最高だったね。

雲雀ちゃんとコガラシくん

いっ…イヤなわけがねぇだろ!俺だって男なんからよ…!!だから気にすんな雲雀!俺がちゃんと(股間を)支えてやる!!

ただの女性が望まない形のラッキースケベなんかじゃ断じて無い!

『ゆらぎ荘』のラッキースケベは愛なんだよ!

そりゃ玉置浩二もV6も歌うっちゅーの!きっとここから愛なんだですよ。傷つくこと恐れちゃダメダメダメだよ!なんですよ。

愛なんだ

その足跨ぎは、今までより高く、美しい弧を描いた。

ありがとうコガラシくん…!

静かにしろい!

この可愛さが…オレを蘇らせる。

何度でもよ。

不可抗力という名のもとで女性がヒドイ目に合うラッキースケベでは断じてない!もっと美しい愛の片鱗を味わったラッキースケベだったぞい。好きな人に対するって少女漫画のようなモノローグでな。

そう、『ゆらぎ荘の幽奈さん』のラッキースケベは愛だったんだ。

昨今の声が大きい一部の「女性キャラがー!」「いやらしいことがー!」「モノ化がー!」「乳袋がー!」「ジャンプでフェミニズム漫画をやれー!」「少年の心は女性軽視だー!」「アベがー!」って意見に、優しくそれでいて力強く完璧なカタチとして答えを出したエピソードだったのではなかろうか。

愛だったんだよ!

すまん。

…おそらく、そんなことは1ミクロもないばい。

今日も素敵な生きる糧をありがとう!そしてありがとう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    けどこれでも勃起しないコガラシさんは本当に男の子なの?

  2. 匿名 より:

    > あの…。間違えてしまったら別に無理して脱がず、3分待ってゲームオーバーになり最初からやり直すことを繰り返せば1枚も脱ぐ必要ないのでは…?

    一応、最初からやり直すとゲームクリアの条件達成まで長引くデメリットはありますよ
    毎回やり直してたら、いつになったらクリアできるのかわからないですし
    それでも普通なら全裸になる前に(ヤマカムさんの仰る通り)自発的にゲームオーバーを選ぶでしょうから、3人とも合法的に全裸になる恩恵をあえて受けていたのは確かでしょうが

  3. 匿名 より:

    最近のジャンプは辛い展開の漫画が多いので幽奈さんが癒しになってます。ありがとうミウラ先生。

  4. 匿名 より:

    この漫画最高ですよね。

  5. 匿名 より:

    誅魔の里しまパン顔面騎乗スケバン 雲雀

  6. 匿名 より:

    この漫画がより一層長く続きますように・・・

  7.   より:

    なにこの頭の悪い感想記事(最高の褒め言葉)