スポンサードリンク

『AV女優とAV男優が同居する話。』、切なく痛くて刺さるラブストーリーを堪能しよう

AV女優とAV男優が同居する話。【コミックス版】 (アイプロセレクション)

『AV女優とAV男優が同居する話。』(時計)が発売されました。

こんなタイトルなのでえっちぃ内容を期待しがちですけどエロさほとんどありません。グサリと心に刺さる系です。痛いのである。甘くない。

「お願い、あたしとこの人の“初めて”を見ないで……」

柊梓と館石大地はともにAV俳優。大家とのトラブルで家を追い出されてしまった梓は、事務所の紹介で知り合った大地と同居生活を送ることになる。やがて二人の間には、小さな恋が芽生えていくのだが――?

【収録作品】
「AV女優とAV男優が同居する話。」
「兄が好きな妹と妹が怖い兄の話。」
「自意識過剰なあたしの話。」
「一日一回、あなたを好きだと思わせて。」
描き下ろし

<試し読みできます>

『AV女優とAV男優が同居する話。』(公式サイト)

もともとは、コミティアという一次創作限定の同人誌即売会で出してた同人誌をコミックでまとめたもの。ま、短編集みたいなものです。漫画好きならコミティアはコミケよりも好きなイベントで、プロアマ関わらずスゴイ作品を発見した時は埋蔵金を見つけた時のような感動があります。

で、この表題作にもなっている『AV女優とAV男優が同居する話。』はコミティアで発見してたお宝だったわけです。こうして商業でコミックとして読めるのは嬉しいものですね。

スポンサードリンク

「AV女優とAV男優が同居する話。」

簡単にストーリーを説明すればタイトル通り「AV女優とAV男優が同居する話。」である。大家とトラブルを起こしてアパートを追い出されたAV女優の柊梓はAV監督に相談し、事務所の借りてる部屋でルームシェアをすることになる。んで、ルームシェアの相手がAV男優でした

1

ルームシェア

AV女優・柊梓とAV男優・館石大地の奇妙な同居生活が始まります。

まあ設定だけ見れば、ドキッ!一つ屋根の下の相手は異性だっら。ニヤニヤもあるよ!…ってものです。

一緒に暮らすうちに段々と相手に惹かれていくというのはラブコメや少女漫画などで使い古されたベッタベタの設定でしょう。しかしそこに「AV俳優」というスパイスが加わることで新感覚に味わえるから不思議だ。

一緒に暮らす生活もどこかゆるくてお気楽でライトなものです。

気さくに名前を呼び合い打ち解けるのも早い。お互いがAV俳優なので分かり合えるところもあり、どんどん仲良くなるし、どんどん惹かれ合う。それがまたくっそ甘いラブコメ模様で頬が緩んでニヤニヤしちゃうじゃうってもの。

なかなかどうして。

ラブがコメるシチュエーションがいちいち破壊力抜群なんだもん。

こういうスイーツのようなベッタベタな甘い展開大好きですよ。

2

ラブがコメる

もうね、やってることが中学生や高校生の純情っぷりなんですわ。

産みたて卵みたいにピュアッピュアッなラブのコメりっぷりです。自然と頬が緩んで気持ち悪い笑みを浮かべながら読んでしまいます。おっさんや妙齢な女性が純情恋愛するシチェに弱い上にAV俳優という職業で中学生がやるようなど真ん中な純愛やればね。そりゃすごいニヤリングですよ。

甘々である。果汁100%ですわ。

付き合うまでの流れが本当に好き。お互いが気になって惹かれ合っていく様よ。

青春恋愛ストーリーですよ。付き合い始めたばかりの中学生カップルみたいなね。このこそばゆいやり取りがいちいち私の心の琴線に触れてくる。見ているこっちが小っ恥ずかしくなるわ!最高かよ!

そんな甘々な若葉マーク付きの恋人の2人。

職業はAV女優とAV男優です。でも純情恋愛してるから恋のステップアップはまだまだ。具体的に言えばヤってない。仕事と恋愛を別けて考えてわけです。しかし悲しいかな、職業が職業なのよねん。初々しいカップルだったAV女優とAV男優はお仕事でブッキングするのであった。

3

…仕事でするだけ、…だろ…

今までくっそ甘いラブラブカップルの話だったのがここから激変する。

まさにジェットコースターである。上がって上がって頂点までのぼってからの急降下!シリアス一直線になって心がハートブレイクショット食らうっつーの。それがとてもえげつなくとても悲しくとても苦しくとても見てられない。濡れ場なのにめちゃくそ痛い。ハァハァとか無理ぃ。痛すぎる。

ここまで積み重ねてきた砂糖菓子のような甘さが急速冷凍で冷めていく。読んでて「アヴァヴァヴァヴァヴァ」って感じですわ。これは果汁100%の青春なのは間違いない。ただし無糖だった。悲恋の一言で片付けられない、もっとずっと深いところから突き上げられて息が詰まる。上手いこと言えば(自分で言うな)想いが重い!

そんな鬱展開からのエピローグ!素直に大感動しました。

ヤバイなこれ。何度読んでも泣ける。ただの男と女の話で泣かされるなんて…。読了後に大声で何かを叫びたくなる。「AV女優とAV男優が同居する話。」は間違いなく傑作です。胸に響くぜ。

他のお話もなかなかどうして。

そもそもコミティアのお気に入りのサークルさんだったので、読んだ話ばっかなんだけど改めて読んでもグサグサ刺さる。表題作の「AV女優とAV男優が同居する話。」以外も痛く深く刺さるエピソードばっか。救いの無いのもあるので人を選ぶけど。

「兄が好きな妹と妹が怖い兄の話。」は格別に痛い。

ぼくは妹大好きで実妹以外は妹と認めない原理主義者の面もある。美少女ゲーで実妹と結ばれるの大好きすぎる。でもそれは二次元のお話で二次元の妹だからこそでもある。ファンタジーとして割り切れるかってことですね。抵抗ある人は必ずいるわけです。生理的に。

んで、「兄が好きな妹と妹が怖い兄の話。」はお兄ちゃんとお兄ちゃんのことが大好きな実妹のお話です。これがまた痛すぎる。

4

ファンタジーではなくガチなんだもん

「好き」でなく「愛してる」で、お兄ちゃんはリアルな生理的感覚を持ってるわけです。好きなら可愛い妹と思うけど、愛してるまでいくと…ってやつ。可愛い妹に好かれたいというのは、お兄ちゃんなら誰もが持っている夢と希望とロマンを木っ端微塵に打ち砕かれます。生々しすぎる。アヴァヴァヴァ…痛い痛い。心が痛い。

全体的にグサグサとSAN値を削ってくる系ばっかりで人を選ぶんですけど、自分は大好きですね。殺傷能力の高いラブストーリーばかり。心をかき乱されるのがたまらん。素晴らしい短編集です。オススメ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ヤマカム初心者ですが、ラブコメ大好きを標榜するヤマカムさんが、こんな痛い作品を取り上げるとは意外でした。

  2. ピクシヴから検索してここに より:

    想いが重い!(笑)

    鬱ENDではないようなので購入してみます。

    参考になりました。
    素晴らしいレビューでした。