『死神坊ちゃんと黒メイド』5巻 アリスの可愛さ&切なさが天元突破!

シェアする

死神坊ちゃんと黒メイド(5) (サンデーうぇぶりコミックス)

『死神坊ちゃんと黒メイド』(井上小春)5巻読了。

最高の尊さがここにある!いい漫画だなぁー。

「君は、僕が絶対に守るから。」

坊ちゃんついに本邸へ!

ひょんな事から呼び出しをくらい、母親と久しぶりの対面をするハメになった坊ちゃん…坊ちゃん、そしてアリスの運命やいかに!?

さらに、呪いの真相を知る人物も再び現れ__

既刊全巻、重版続々!大人気の純愛(&逆セクハラ)コメディー、物語の核心に近付く第5巻!!

<関連記事>

素敵だ…。 『死神坊ちゃんと黒メイド』(井上小春)読了。 なんて尊い2人なんだと己の汚れた心が浄化されそうになり...
11月に読んだ漫画の個人的まとめ。 <関連記事> 2018年11月個人的お勧め 進め!ギガグリ...

『死神坊ちゃんと黒メイド』5巻

『死神坊ちゃんと黒メイド』はマジのガチで最高なんだな。

仮に、いまいちばん面白い漫画は何かと聞かれたら散々悩んで結局答えられないと思う。もっと突っ込んでいまいちばんのラブコメは何かと聞かれてもやっぱりうーんって悩んで答えられないと思う。そしていまいちばんブレイクして欲しい漫画は何かと聞かれたら即答する!『死神坊ちゃんと黒メイド』であると

最高に尊い

バリ近ッ!!

アリスに(ちょっとエッチに)からかわれて、坊ちゃんがドギマギするってのが基本路線です。テイストは『からかい上手の高木さん』に近いですが、『死神坊ちゃんと黒メイド』は坊ちゃんが呪われてるので触ると死んでしまいます。

ボディタッチができない条件下で最大限にドキドキさせるファインプレーを連発させるのがたまりません。読みながら頬の緩みがどうすることもできません。なんだかんだでイタズラするだけでなく、アリス自信の乙女心も素晴らしい。

とにかく、ほのぼのできるし、微笑ましいし、ニヤニヤできる。男性にも女性にも文句なしにお勧めのラブコメなり。いつまでも見守っていたくなる幸福感があります。この2人を語る言葉は「尊い」しかありません。

キャラクターが魅力的すぎる

お泊り女子会
坊ちゃんとアリスのメイン2人だけでなく、カフとザインと妹もすっかりレギュラーに定着してどんどん魅力的なキャラとなっています。キャラが立ちまくってるともうそれだけでええよね。なんてことない日常すら面白いもん。
キャラクター達のキャキャウフフな掛け合い漫才だけでものすごく魅力がある。たのしー!これだけで十分引っ張れてるし最大の武器にもなってる。「お泊り女子会」なんて女子3人がキャキャウフフしてただけなのに最高だった。
良い意味でダラダラ過ごしてる日常が輝いてみえるぜ。登場人物増えて、ドタバタコメディとしても楽しくなったおけがで、たまに2人だけで過ごすニヤリングイベントも一層尊くなります。背中流しが個人的に最高でした。背中流しですよ?白線流しとは訳が違います。超高度プレイですよ。
いい感じで別邸のドタバタコメディが理想郷へとなってます。

アリスがぐう可愛い

ポッ

圧倒的可愛さである。

アリスは宝具「逆セクハラ」を使いまくる女豹のようなキャラなのに、ふとした瞬間に子猫のような可愛らしい反応するからたまりません。5巻では読者の心の琴線を鷲掴みにするような、超反応をいくつも見せてくれます。可愛すぎるんだよなー!

ちょっと坊ちゃんがアリスLOVEなことをすれば、一瞬で「超うぶ」に照れてしまいます。あまりの可愛さに理性が吹っ飛びかけたぞい。なんなんだよ!その超うぶな照れっぷりは!普段の大胆な行動とのギャップが光ります。可愛すぎるだろ!

『死神坊ちゃんと黒メイド』のキモはアリスの乙女反応にあり。単純に「照れ顔」の可愛さでだけで満腹満足になれるね。だ・け・ど!アリスの乙女反応は坊ちゃんにはあまり見せません。読者には丸見えなのですが、坊ちゃんの前では見せない照れ顔。これがぐう可愛い。

ちょっと切ない

可愛すぎる

5巻は「本邸①~④」とそれに続く「ジョーカー」がストーリーのメイン部分。坊ちゃんが本邸に呼ばれて、母親が登場して呪いを春までに解くことを約束します。明確にゴールを設けましたね。春までに呪いを解いて「めでたしめでたし」になるかといえばそうでもなさそうです。

まだ魔女の呪いの核心部分は不明ですが、呪いが解けたらアリスと結ばれて大団円って読者の予想を上回る障害がありました。身分の差である。それを踏まえたアリスの台詞が切なすぎて可愛すぎて部屋中ゴロゴロ転げまわってしまった。

なるほどなー。呪いがかかってれば坊ちゃんと一緒にいられるし、それはアリスも望むところでしょう。実際に坊ちゃんに障れないで悲しい表情してたのは見逃せんませんからね。

63話

触りたいけど触れない。そしてちょっともの悲しそうな表情。このように、アリスだって坊ちゃんの呪いが解かれることを本心から思ってるのは明白。触れる状態で逆セクハラしたいんですよ(そうなのか?)

心から坊ちゃんの呪いは解けて欲しいが、宣言通り春までに解けば本邸の家督を継ぐわけで、そうすると母親の「冗談でしょ」って関係になってしまうわけで。そんな状況下の68話ラストで言い放った、あのさよならホームラン。ずっと今が続きますようにの究極を見たね。

愛しい。可愛い。ちょっと切ない。

どういう結末を迎えるのか本当に楽しみ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. YUU より:

    触れないというのは結構なハンデに思えるけど上手くお話回してる

    それはそれとしてザイン超イケメン