『五等分の花嫁』117話:五里霧中ランチタイム感想 天下取りに遅れてやってきた伊達政宗系ヒロインの五月!

シェアする

おすすめ記事

『五等分の花嫁』117話:五里霧中ランチタイム

五月……ここにきて自覚とは……
幾らなんでも遅すぎる
もう残り話数も少ないし、すでに決着もついちゃってるのに

コメントより

本当になあ…。

『五等分の花嫁』はもうすぐ完結する。

あとはフータローと四葉がくっ付くこと。

四葉と二乃が仲直りすること。

残されたイベントも僅かなここに来て五月は己の恋心を自覚するのであった。

<関連記事>

『五等分の花嫁』116話:五時間一部屋 ついに来てしまったか。 惨敗兵が夢のあとシリーズが…。 もうすぐ完...
『五等分の花嫁』115話:五通りの朝 天下分け目の関ヶ原であった学園祭が終了しました。 あとは完結へ向けてのまとめでしょ...
『五等分の花嫁』114話「最後の祭りが風太郎の場合②」。 この作品は全14巻で完結します。 あと9話でお終いということです。 ...

117話:五里霧中ランチタイム

五月さん卍解する

モヤモヤ五月

姉たちと同じ様に五月さんも究極の感覚「ラブセンシズ」に目覚めてしまったか。

ラブセンシズとは、小宇宙の真髄である。視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚といった五感や霊感といった第六感を超えた第七の感覚「恋心」を燃やすことで圧倒的可愛さを発揮する。

黄金ヒロインしか使えないと言われるラブセンシズをついに五月まで!ここまでヒロインというよりマスコットみたいな役割だったからね。これは楽しみですね…って、もう『五等分の花嫁』は完結するじゃん。

すでに恋の決着はほとんどついているよ。

今やってるのは戦後処理じゃないですか。

あの…もうほぼ決着付いてるんですけど…。

これが序盤・中盤のイベントだったら「うおおおおお!」となるところですけどね。

天下取りに遅れてきたヒロイン

ずっと感じてるこのモヤモヤは…

モヤモヤの正体は恋だよ!

素晴らしい可愛さだった。

ただやっぱ遅きに失する。

今の状態を戦国時代に例えれば天下統一目前みたいなものですよ。あとは難攻不落の小田原城こと四葉城を陥落させて一丁上がりって戦況なり。そんな中で、若造が出てきたってねぇ。東北を制したって遅い!何になるんだ!

五月は天下取りに遅れてやってきた伊達政宗みたいなヒロインなんですよ。伊達政宗が10年早く生まれてればと言われるように、せめて五月が1年早く恋を自覚してれば天下取りレースはまた違った結末になったかもしれません。そんな「if」はある。

しかし、もうどうしようもないのだ。

こんなの戦わずして負ける結末しかないじゃん!

群雄割拠の花嫁戦線史上、もっとも天下取りレースに遅れてやってきた伊達政宗系ヒロイン!それが五月なんです。もう趨勢は決してる。すべてが遅すぎたんだ。引っ掻き回すの無理。

五月はヒロインとして可愛かった

乙女五月

はい!可愛い!

なんのかんので五月のメス顔は可愛かったです。

ここまで赤面自体はありましたけど、それは淑女としての嗜みの恥ずかしさでしたからね。

終盤に来て乙女としての恥じらい赤面を叩き出したのは良かったんじゃないでしょうか。

僕らは後者の赤面大好きだから!ペロペロ!

五月は飯食ってるだけのパッケージヒロイン…むしろマスコット役とは言わせねぇぜ。

100%負けるの決まってるところでメス化したのは賛否両論あるかもしれません。でも、最後の最後で5人目のヒロインとして卍解したのは個人的には良かったかなと思うわけです。

『五等分の花嫁』は五つ子それぞれがフータローの家庭教師で、恋をして成長していったわけですからね。五月だけ仲間はずれにせず、フータローに恋をしたことで成長できた(できる?)はず。

二乃はおこです

辛辣二乃さん

いいわね。あんたは恵まれてて。

何もしなくても向こうから来てくれるなんて気楽だわ。

体育大学から推薦もらったという四葉に対するおこ二乃である。

モチのロンでこれは体育大学から推薦されたことでなく、フータローの想い人であることを皮肉ってるのでしょう。

将来、漫画が国語のテストや入試になるなら「この時の二乃の心境を答えよ」とかいう問題が出されてもおかしくないぐらいです。

二乃は修学旅行で自分が選ばれなくても姉妹には祝福すると述べてます。

オルタ化した一花姉さんにでもです。

81話

他の誰にも譲るつもりもない。でも、私たち五人の絆だって同じくらい大切だわ。たとえ、あんたが選ばれる日が来たとしても、私は…祝福したかった…!

<関連記事>

『五等分の花嫁』81話:シスターズウォー 四回戦 さあ大変な事になってきました! 暗躍する一花が三玖ちゃんに変装...

5人の絆は恋と同じくらい大切だと断言してました。

ならば四葉ちゃんを祝福しても良さそうなものだけど…。

115話

「ふざけないで」と怒ってたました。

その怒りは今尚健在です。

これはやっぱり「五人の絆」というのが四葉には足りなかったのかなって思うよね。「まだやらなくちゃいけないことがある」とフータローと付き合うためのケジメをつける。で、翌日に「昨日のこと…それに今までのこと、二乃には謝らなくちゃいけないと思って…」ですからかね。

二乃が怒ってるのは謝罪したことそのものだよなあと。

フータローに選ばれたことでなく、それを謝ってしまったことが二乃姉さんの激怒ポイントですよ。最終決戦を迎える前の全部5等分するって意味の指切りは何だったんだよ!

なんでも5等分する誓い

5人の指切りの意味は初期に明かされてます。

誰かの失敗は五人で乗り越えること

誰かの幸せは五人で分かち合うこと

喜びも、悲しみも、怒りも、慈しみも

私たち全員で五等分ですから

<関連記事>

『五等分の花嫁』第112話:最後の祭りが五つ子の場合 ここまで「最後の祭りが○○の場合」シリーズで5人にスポットを当ててきまし...

歓びも悲しみも恨みっこなしで全部5等分なのに、謝罪かまされた二乃の心境…わかります。わかりますよ。誰よりも姉妹の絆を大切にしてたんだからね。なんで謝ってんねん!

四葉ちゃんは二乃姉さんのお許しをいただきたいようだけど、ここでもフータローの想い人でごめんなさいしようものなら、鉄拳制裁されてもおかしくないぞい。姉妹の縁切るって言いながら、律儀に四葉に付き合う二乃まじイケメン。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    本当に、五月は遅すぎた
    せめてキンクリされた夏休みの時に自覚してれば、まだ可能性は僅かながらあったのに
    まあ、これからこの恋にどう決着を付けるかを見届けるしかないんだけど

  2. 匿名 より:

    マガジンだと来週四葉がトラックに轢かれて
    五月を後釜にとか普通にやりそうで怖い

  3. 匿名 より:

    欠伸三玖ちゃんが可愛かったナリ

  4. 匿名 より:

    三玖ちゃんと一花ちゃん良い負け方したな…

  5. 匿名 より:

    五月は親友で恋無しの方が個人的には特別感あっていいと思ってたが…
    五月推しの人先週も悲しんでたし、一人だけ恋しないの悲しいのも分からなくもないから
    今週で推しが報われたのならこれで良かったのかも

  6. 匿名 より:

    誰が結ばれても花嫁とのイチャイチャ回と鐘キス答え合わせ回は見たいと思ってたが尺足りるかな
    14巻じゃなく15巻完なら安心できたんだが後何話なんだろ

  7. 匿名 より:

    二乃→物語を動かすために嫌味を言わさせる。二乃が他の姉妹と対立する構図は何度もやったにも関わらず、残り話数が少ないのにまたやる
    四葉→告白して以降、風太郎と絡んだのは今回は初めて。しかも話したのは恋愛的なことじゃなく進路について
    五月→もう残り話数も少なく、風太郎と結ばれる可能性はほとんどないにも関わらず今更恋心を自覚する。万が一、風太郎と結ばれたとしても四葉から批判されることは間違いない。五月派も納得はしないだろう

    なんで最終回も近いのにこんなことしてるんだろう?

  8. 匿名 より:

    祝福したかった(できるとは言ってない)

    二乃に関しては多分これだろ
    三玖も感情が言うこと聞いてくれないほど本気の恋だったって前回言ってたし
    四葉が謝らなくても二乃は祝えなかったと思う、別に精神的に成熟してるタイプでもないしな
    一花はオルタ化しても好意知ってたからライバルだと思ってたけど、四葉は二乃の中で一番ノーマークの部外者だったと思う
    こいつ何もアタックしてねえのによりによって何でこいつがって思いは姉妹の中で一番湧き上がってるんじゃねえかな
    逆に一花は四葉に負ける場合が一番もやもや少なくて納得しそう、例のジュースがなかったとしても

  9. 匿名 より:

    なんか本当に迷走している
    この期に及んで五月が逆転勝ちしたらニセコイとか政宗なんてレベルじゃないな

    • 匿名 より:

      かといって、これで四葉がそのまま主人公と結ばれると今週の五月の描写が完全に茶番になるのがね…まだ残り話数があるならわかるけど、終了時期も明言済みでもうすぐフィナーレというこのラスト直前でこういう展開にする意味。これが一向に分からない。
      自分も今の展開は迷走してるとしか思えない。とてもとても残念。

      • 匿名 より:

        迷走してるかどうかは全部読み終わってから判断することじゃない?
        別に読者の意見を見て毎週描いてる訳じゃないんだから。少なくとももうラストまでは大筋の流れはとっくに決まってる。
        だから五月の恋愛参戦だってニ乃の『あんたはいいわね』って発言だって四葉が選ばれたらそういう声が出てくる事が分かってたって証拠だと思うけど。(事実出てたし)

        確かにここからどう畳むかは気になるけど。

        • 匿名 より:

          そのここからの畳み方が悪い方向でしか予想されてないからこその「迷走」でしょ
          ラストまで読まずとも予想出来るからこそ不評になってるんだと思うよ
          仮にここからラストに向けて読者の予想を【良い意味で】超える展開が来て
          迷走って思ってた感想が全部裏返って大好評で伝説の傑作になるってオチなら
          そりゃあ全力で土下座謝罪するよ?

          で、そういう展開が来る可能性はどれぐらいなの?1%も無いでしょ
          まだ終わってないから迷走じゃないって言い張る気持ちも分からんでもないけど
          もうあと数話で終わり宣言されてるんだから実質作品的には終わってるも同じだし
          その状態でこの意味不明な展開ならそりゃあ迷走判定もしょうがないと思うよ

        • 匿名 より:

          >だから五月の恋愛参戦だってニ乃の『あんたはいいわね』って発言だって四葉が選ばれたらそういう声が出てくる事が分かってたって証拠だと思うけど

          これに関しては全く同意できない
          恋愛参戦はヒロインレースが決着した後にやる意味がそもそも無いし(続編やるのでも
          なければただの五月に対する死体蹴りでしかない)
          皮肉発言も不当にキャラの印象を下げるだけでこれも死体蹴りでしかない
          要は選ばれたヒロイン以外の印象値を下げる事で相対的に選ばれたヒロインの価値を
          高めるという考えられる限り最もゲスで下手糞なヒロイン持ち上げ演出でしかない
          思うにこの作者はキャラに対する愛情や愛着がそもそも無く、単なる金稼ぎのための
          駒扱いでしかないとしか思えず、個人的に物凄く悲しくなった
          そりゃ自分の作品なんだからどうしようとも自由かもしれないけど
          キャラクターは作者の子供みたいな存在なんだからもっと大切に扱ってほしかった

          • 匿名 より:

            大切に扱って欲しかったってそれこそあんたの主観でしょ?
            自分の思い通りの展開にならないから文句言ってるだけにしか聞こえないわw

            俺は、ニ乃が怒るの気持ちも分かるし、五月がここで恋心自覚するのもおかしくないと思うし、この展開が他の姉妹の印象を下げてるとは思わないけど。

            逆にあっさり諦めて四葉の背中押すみたいな展開の方が他の姉妹が大切にされたないって感じるかな。

            恨みっこなし、って言ってもそう綺麗に気持ちは割り切れない、結果が出たからこそ分かる気持ちもあるって、今までのラブコメではあまりなかったけど、生々しくて俺はいいと思うけどな。

            まあ、あんたと意見合うとは思ってないし、どう見るかは読者の勝手だけどね。

            独りで勝手に絶望しててくださいw

          • 匿名 より:

            人のブログで喧嘩すんなよ

  10. 匿名 より:

    ないとは思うけど、ここから五月が逆転したら色んな意味で伝説になるな
    さすがにないとは思うけど(大事なことなので2回)

  11. 匿名 より:

    青龍 五等分の花嫁
    朱雀 ドメスティックな彼女
    白虎 彼女、お借りします
    玄武 ヒットマン

  12. 匿名 より:

    いいわね。あんたは恵まれてて。
    何もしなくても向こうから来てくれるなんて気楽だわ。
    小咲も千棘にそう言ってやれば良かったのに…

    • 匿名 より:

      二乃が風太郎に選ばれなかった理由を言い表す絶妙な一言

      • 匿名 より:

        なんとなく三玖さんの私だったらフータロー困らせない発言と似た匂いを感じた

        • 匿名 より:

          二乃三玖2人に共通する事は、結局、ラブコメでは惚れた方が敗けって事だな

        • 匿名 より:

          実際は何度か困らせてたけどねw
          野暮なツッコミだけど

          • 匿名 より:

            ニッノもミックもブーメランは割りと持ち芸なイメージw
            都合の悪いことは忘れよ精神でギャグる事がたまにある

        • 匿名 より:

          なんか絶賛されてたけど無理やりキスしてメス丸出しだった奴が何言ってんだと思った
          四葉とくっくつまでは良かったのにその後の話で一花以外株下がりっぱなしだわ

          • 匿名 より:

            意図的に4以外を下げて4の価値を相対的に高めてるつもりなんだろ

            実際はそういう手法でしか価値を高められないと判定されてる4の魅力の無さが
            浮き彫りになるだけだったけどな

          • 匿名 より:

            魅力がない(と僕は思いました)
            感想文はこう書かなきゃだめだゾ☆

  13. 匿名 より:

    にのの発言聞いてフータローが怒ってるっぽいのがなんか良かった

    • 匿名 より:

      あれは止めもしない風太郎に失望したわ
      告白されてから半年の間に二乃にきっちり「お前がどうしようと付き合う気はない」って言っとくなり
      あの場で「俺が決めたことだからなんか文句があるなら全部俺に言え」というなりあったろうに

      本当に四葉のこと好きなのかよ

      • 匿名 より:

        二乃が赤の他人ならええけど四葉の姉妹なんだしそんな直球は無理やろ…
        どんだけ関係こじれても家族だから毎日顔合わせるんやで

  14. 匿名 より:

    率直に言って今回の展開にはゲンナリしたわ

  15. 匿名 より:

    五月は選ばれなかったら遅すぎた恋やりそうだと思ってたから特に驚きとかなかったな。そういうの個人的に好きだし。ただ14巻終了アナウンスと三玖の締めが無ければもうちょい盛り上がった気がするなあ。13巻今週発売だから結局終了アナウンスあっただろうけど。尺が気になって素直に楽しめなくなってる。最終的にはそこそこの出来でもいいからちゃんと締めくれたらいいんだけど…来週に期待かな。話進みそうだし。

  16. 匿名 より:

    五月ちゃん今から参戦!? ヤマカムさんの仰る通りこのイベントが中盤でくれば… そんで五つ子ちゃんがギスってるの悲しい! 仲良くして〜泣
    とにもかくにも眠そうな三玖ちゃんが可愛かったです!

  17. 匿名 より:

    ねぎ先生は五等分の花嫁は14巻で終わりと言ってるけど完結とは言ってないからな。

    高校生編が終わりってだけで大学生編が少ししたら始まるよ。

    人気作は大抵クライマックスを煽る残り◯◯話!!みたいな煽りもないし、大罪もそうだったし、ケロッと新展開迎えるよ

    学園祭初日のフータロー、ミサンガ、ビンタ、お揃いのお守り、三玖ちゃん押し倒しキスのフータローの靴問題。まだまだ回収されてない伏線はいっぱいいっぱい

  18. 匿名 より:

    鐘キスの花嫁視点をまだやらないのは、まだ五月かもしれない可能性を残すためかな
    でも、ここから四葉じゃないというのはさすがに……
    ないと思うけど、あの時は確かに、一花と三玖の背中を押したばかりなのにキスしようとするのはどうなんだとは思うんだよな
    諦めるために最後の思い出にって感じだろうけど

  19. 匿名 より:

    作者ツイッターで14巻完結を知ってるので次回で二乃と五月の恋心がダブル処理されるんだろうなとしか思わないけど、雑誌派は五月参戦でワクワクしてるんだろうか
    二乃はともかく五月のは今更それいる?って感じだった
    残り話数少ないしブランコも温存されてるし逆転はないだろうな

  20. 匿名 より:

    個人的には五月は恋愛じゃなくて家族とか兄、もしくは母親役を担っていたから子どもが自分の近くからいなくなる喪失感的な感情だと予想。
    恋愛感情だと漫画的に処理するのに時間足りないし…
    2人の気持ちを改めて知った五月がレナの正体を風太郎にバラしてって展開に繋げられるかなと。

    • 匿名 より:

      京子が四葉だと風太郎が知っちゃうと、一話の風太郎のモノローグがちょっと矛盾するんだよね
      君と出会った高二のってやつ
      四葉なら小学生の時に出会ってる訳だし

  21. 匿名 より:

    ここ3話のタイトルが「五」から始まる内容になってる理由は意味深。
    ヤマカムさんどう思います?

  22. 匿名 より:

    四葉がニ乃に何を話すか予想できないな。

    『私だって頑張った』的な話は、勝者から敗者(言い方悪いけど)に話す事じゃないしね。
    116話から考えても、もう心配したり遠慮するって選択肢にはならないだろうし『ニ乃も大切だけど、私は譲れない』って話するのかなぁ。
    ニ乃もその方が、納得はしなくても理解はしそうだしね。
    そこに五月と風太郎がいるので、京都、零奈の話とかも繋がるのかな。でもこの辺は風太郎から気付いて欲しいとは個人的には思ってるとこだけど。

    あとはいつぞやの、四葉のニ乃変装の一コマとか、四葉が倒れてから目を覚ますまでに空白の時間が回収されたりしてね。

    毎週思ってるけどそろそろ色々回収していって欲しいかなぁ。

  23. 匿名 より:

    ネギ先生のTwitter

    どこかで見てしまう前に13巻読んで下さい的な事書いてあるね。

    これはもう、四葉だよって事なのかな。
    表紙にしても、114話のタイミングでの最終巻告知だったり、やけに自ら四葉確定を匂わせてる気がするな。

    これは他推しへ気持ちの整理の時間の為なのか、大ドンデン返しへのミスリードなのか…いや、さすがにそれはないよね…。

  24. 匿名 より:

    13巻の表紙、案の定花嫁だったけど、髪をまとめて短髪に見えるから、凄く一花に見えるな
    未来の四葉なんだろうけど

    • 匿名 より:

      人によっては自分の推しに見えるそうで(髪の色?ヘアカラーや照明でどうとでもなるよ!説)
      もう逆転は無いだろうと思ってるから表紙を見た時からあーやっぱり花嫁は四葉なんだなーと思ってたけど、そういう想像の余地も入れて描かれた表紙だったりするんだろうか

  25. 匿名 より:

    今更逆転されても困るが
    来週インスタント失恋されても困る

    もっとさっさと参戦させとけばよかったのに

  26. 匿名 より:

    5の掘り下げがなさすぎてまじで空気で終わるっぽいけど、これ以上続けてもグダるし、4っていう目新しい結末でいい感じに終わってほしい気持ち