『五等分の花嫁』いい最終回だった…。人の夢と書いて儚い?違う「三玖ちゃんの頑張り」と読むのさ!

シェアする

三玖ちゃん…えっちだ…

エッッッッッッッ!!!

今回の三玖ちゃんの叩き出した赤面は全てがぐうの音も出ないぐらい可愛かったけど、一番私の心の琴線に触れたのは大人の下着を装備して(ると思われる)、恥ずかしがってる大赤面です。ブヒブヒ。

84話のかゆいところ

池に落ち下着までグショグショになってしまい、差し出されたえっちぃパンツ。これを履いてるというのか。いやまて慌てるな。あの三玖ちゃんが怪しすぎる下着をつけるだろうか?履いたか履いてないのか分かりません。とはいえこの照れっぷりは只事でない。2つの平行世界がある。

1、えっちな下着を装備している

2、ぱんつはいてない

うーんどっちだろ。

まさにシュレーディンガーの三玖ちゃんのスカートの中身ですよ。これを確かめるにはスカートの中を見るしかないな!

三玖ちゃんをサポートした黒子

誰かがサポートしてた

三玖ちゃん伝説は人為的な何かが起きてました。具体的にいえば、池へ突き飛ばして替えの下着を用意して初日に落としたパンを回収している絶妙なタイミングで差し出した誰かが陰で暗躍してたのです。

では、誰か…というと該当する人物は一花さんしいないんですよ。信じられないことに。何度も「あの一花さんがそんなバカな…」と思って、四葉とか五月とか他の姉妹がって考えたんだけど、一花以外には実行不可能なんです。

一花さんしか考えられん

まず、このえっちな下着。

これは79話で五月が大人ぶって買ってしまったものですね。

あのパンツを買ったのは五月(79話)

いくらなんでもアダルトすぎると言われようとお姉さんぶって「こここ高校生ですからね!これくらい普通です!」と謎のプライドで購入した五月。

どういうわけか修学旅行にまで持参していました

それを前回、一花さんに目撃されてました。

なんで修学旅行に持ってきてるし…

「わぁ、五月ちゃんこれ攻めてるね。着ないの?」

「こ、これは違うんです!身の丈に合わないので捨ててしまいます!」

身の丈に合わないって分かってるのに持って来てるのは謎ですが…。修学旅行で食う飯ばっか考えててパンツは適当に持参してしまったのでしょうか。で、捨てると言ってたわけです。五月が捨てたあだるとおぱんつを回収できたのは一花しかいませんね。

あと、「お困りでしたらお使い下さい」って手紙でパンツを三玖ちゃんに差し出しており、筆跡鑑定しところ(何でラブコメで筆跡鑑定してんだ…)、該当者無しです。

35話と75話で確認したところ二乃の丸文字と四葉の女の子(子供)っぽい字は特徴的で絶対違う。一花と五月もこんな字じゃない。

フータローですら何となく字の違いを見分けられて誰か当てられるのにずっと一緒に暮らして来た三玖ちゃんが姉妹の筆跡を見分けられないはずがない。とはいえ、一花さんは即座に筆跡変えられるスキルがあります。

35話

臨機応変に即座に筆跡を変えられる一花さんである。三玖ちゃんに気付かれない筆跡で「お困りでしたらお使い下さい」と手紙を書くことなど造作もないでしょう。てか他の姉妹なら絶対こんなえっちぃ下着を渡さないって。こんなファインプレーできるの一花さんだけですよ。

そもそもEコースに2人がいるの知ってるの一花さんのみですしおすし。

フータローと三玖がE「映画村」なの知ってる

今週のサイドテール娘

前回最大の謎だった一花さんはフータローがE「映画村」選ぶと知ってて、自分もEコースと書いてるくせに、なぜか三玖ちゃんがEコースになってた件。

真相は三玖ちゃんは歴女らしくDコース「織田信長ゆかりの地巡り」を選んでたんだけど、後から一花さんから交換したというものでした。なるほどねぇ。そして、Eコースにフータローと美玖ちゃんが一緒になってることを把握できてるのは最初から一花さんしかいません。他の姉妹は知る由もない。

前回、それぞれのコースに配置された姉妹はフータローがいるか探してましたからね。特に二乃と五月は個人的な思惑があってフータローと一緒になれずガッカリしてました。どう考えても三玖ちゃんのサポートをするわけないです。さらに一花さんは仮病を使う前振りまであった。

邪悪笑みで「お腹痛ぁ…」

お腹痛いって仮病を使い、Dコースから抜け出してE「映画村」へはせ参じることが可能なのは一花さんしかいません。そう犯人は分かってるんです。アリバイも余裕です。ただし、動機が一切合切謎なんですよ!

なんで一花さんは三玖ちゃんが告白するサポートしてるんだってばよ!これがマジのガチで理解できん。改心した?絶対無い(と個人的に思う)!

あのクソ邪悪の化身みたいな顔してEコースをフータローが選ぶことを思い出してる笑み。自分こそが5年前に京都で会った「あの子」だよって主張し続ける真っすぐさ。己の勝利のみの突っ走りっぷり。お腹痛いと言いつつ地獄の傀儡子のような表情

何を企んでるんだ…一花さん…(ガタガタ)。

一花さんの企みを予想する

邪悪すぎんだよなぁ…

この面を見せて実は改心してました。

酷いことしちゃった妹の告白を応援します…って、それはなさそうかなと。

一花さんが今回の三玖ちゃんの告白するまでを陰でサポートして暗躍してたのは間違いないと思うけど、じゃあ一花さんが自分が間違ってたとか気づいて悔い改めて善玉になって行動したかといえばノーでしょう。そんなタマじゃねーよ!

ここから我ら三玖ちゃん市民を地獄へ突き落す計画を練ってるのではと穿った見方しかできません。なんたってあの「暗躍する、懲りない、開き直る」の三拍子揃った一花さんですよ。三玖ちゃんに告白までさせてから、己が勝利する邪悪道があるのではないかと。

それがあるんですよ!

宝具5年前の「あの子」

私…私だよ…私たち五年前に会ってるんだよ…

フータローが語る回想宝具「幼き日の2人の思い出(リメンバーメモリー)」が一度放たれれば、流れをぶった切ってフータローの中で今でも大切な子となってるのは明らかでしょう。

個人的には5年前に京都で出会った実質初恋の「あの子」は四葉だと思ってますが、本当に5年前の子は四葉だけなのかという疑惑が出てきた。

<関連記事>

『五等分の花嫁』77話:女の戦 三玖ちゃんは可愛い(挨拶)。 魔王・一花の策略によって勝手に一花を応援する立場に...
『五等分の花嫁』第36話 勤労感謝ツアー① 『五等分の花嫁』はマイフェイバリットキャラである三玖がデレたことによって、自分の中...

というのも邪悪で目がアレになることに定評のある一花さんが必死に自分が5年前の子だと主張してたときの瞳。一点の曇りもないキラキラしたものだったからなり。とてもウソを言ってるように見えん綺麗なお目目なんだよね。え?まさか5年前の子は一花なの?

私は四葉だと思ってるし、間違いなさそうなんだけど!

5年前の京都で出会った子は2人いる疑惑が出てきたんですよね。

83話

学校の先生が迎えにきてくれることになったんだ。零奈が泊ってた旅館の空き部屋で待たせてもらった。そこではトランプしてたっけど。担任にはこっぴどく叱られたがな。

5年前の「あの子」と一緒に色々回って遊んで、彼女が泊っている旅館まで行ってトランプしてフータローの担任の先生に迎えに来てもらったという話。

33話

33話でちらっと描かれた「あの子」との別れと明らかに矛盾する。なんたって、父親のマルオが横にいて「バイバイ」って見送ってましたからね。これを担任の先生が迎えに来てくれてお別れしたってのとは整合性が取れない。

姉妹の母親が亡くなったのは5年前の8月14日(期末試験の五月回から)なのでマルオは修学旅行の頃には父親だった可能性は高いですよ
担任の先生が迎えに来たのは1日目の話で実際に別れたのは修学旅行最終日か翌日なのではないでしょうか

コメントより

これが一番あり得るかなと。

つまり5年前に一緒に過ごしてフータローの中で大切な「あの子」と過ごしたのは2日間あったのではないか説である。まず1日目の出会って、お守り買って、色々な場所へ行って、旅館でトランプした子がいる。たぶん四葉だと思う。

そして、翌日に一緒だっかのか帰りの新幹線で一緒になってかは知らんが、別の日に「あの子」…正確にはそっくりな子と一緒に過ごしているっぽいなぁ。帰路が同じ新幹線だったならば父親のマルオが迎えに来てて隣で「バイバイ」も納得できる。

「あの子」は初日が四葉で翌日が一花の2人説

66話の一花さんと四葉さんのやり取り

仲良くしたいって言った子も

次の日には一花とおしゃべりしてたっけ

66話で一花さんと四葉が昔は色々あったねぇと語り合うシーン。そこで引っかかるのは、四葉が「仲良くしたいって言った子」の存在でしょう。これがもしも5年前の京都で出会ったフータローならば、翌日ぶん取って仲良くなっていた一花は十分あり得る

この頃の5姉妹はみんな同じで、今のようなそれぞれの個性もありません。昨日会って色々探検してトランプした子と、翌日お喋りした子が別人なんて気づけるわけない。そう、5年前の修学旅行で出会った「あの子」は2人いる。四葉と出会って、翌日も一緒になる別人の一花だったかもしれんのだ。もちろん真の意味で初恋で大切な「あの子」は四葉でしょうけど。

それゆえに写真を見ただけで全てを察したかのような「そっか」も筋は通る。

邪悪笑みの一花さん

んで、前回の「あの子」が「いい思い出だ」と聞いた後の口元がクッソ邪悪にほくそ笑んでる一花さんですから。昨日の変装は見破られ、それは零奈ならお守りを持ってるわけないって論理でしたけど、「あの子」としか共有できないメモリーを一花も供えてるとしたら?一発逆転を放てるかもな…。

・最近現れる「零奈」を名乗る「あの子」…五月

・初恋で写真を一緒に撮った「あの子」(1日目)…四葉

・翌日に仲良くお喋りした「あの子」(2日目)…一花

たぶんこうかなっと。

三玖ちゃんの告白をサポートしたように見える一花さんだが、次回以降にヤベー予感がプンプンするぜ。三玖ちゃんの逆転満塁ホームランはサヨナラでなく9回表だったのではないか。これから9回裏があるのではないか…。この三玖ちゃん幸福っぷりに闇が見えるんだよ。怖い。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    サポートしたのが一花だという前提だが、「どうせ三玖は振られるだろうからあえて告白させてトドメを刺してやるぜ」作戦と予想

  2. 匿名 より:

    姉妹が三玖の為に協力して、告白が成功した素晴らしい最終回でしたね。

    一花→三玖をEコースに導く
    二乃→勇気を与える
    四葉→パンを渡す
    五月→下着(ヤマカムさんと意見が違いますが)

    さすが最終回!神回でした!

    もう三玖さんのターン終了とかないよね…

    • 匿名 より:

      パンを渡したのは四葉じゃないと思う
      何故なら、四葉はあの時三玖が落としてたパンを拾ってないから
      パンを拾えたのは、話をする為にあの場に残ってた一花と二乃のどちらかしかない
      まあ、姉妹が協力してるなら一花が拾ったパンを四葉が受け取ってとも考えられるが

  3. 匿名 より:

    てっきり三玖以外の四姉妹全員協力かと思ったけど一花独りジェバンニ説もあるのか。
    一花の企みとしては最低でもフータローに対する改心アピールくらいはありそう…?

    • 匿名 より:

      改心アピだとすると「サポートしてたの私でした〜」みたいなテッテレー的展開になるんだが……
      それはそれで性悪感ないか?

  4. 匿名 より:

    いやはや、一瞬、最高の最終回だと思ったが、まだ、来週の結婚式回が残っている。
    前を歩く花嫁が後ろに手を組んで振り返る。ティアラから前髪が落ちて来て、「責任、取ってくれたね」で完結まで見えた。春場先生の次回作へご期待下さい。

    • 匿名 より:

      普通結婚式って、新郎が後から入ってくる新婦を待つもんじゃないの?

      • 匿名 より:

        ブーケ投げたりするとき、客が先に出て行くから、二人で教会を出ようとするときのにっていうイメージ。

  5. 匿名 より:

    ここまで細かい伏線が敷かれていた事に驚きです
    春場ねぎ、恐るべし!
    そして、物語の完結はまだ先の段階で告白したという事は、三玖ルートの消滅はほぼ決まりでしょう

  6. 匿名 より:

    ヤマカムさん、前田と武田を見落としてますよ
    多分、あの二人にフータローと三玖を二人きりにしてと一花が頼んでたと思います
    だって二人の行動はそうじゃないと不自然です
    班行動なのに先に出てどこかに行くなんて

    • 匿名 より:

      お店の人が突然、着替えをオススメして来たのも、全部、イチカがやったことでしょ。そのために前回、お腹痛いって言っていたんだから。なので、二人が先にいなくなったのも当然、イチカがフータローは先に行ったとか何とかミクの振りか何かして誘導したはず。

  7. 匿名 より:

    いい話だったけど
    これが三玖の最後の花火な気がしてならない

    • 匿名 より:

      多分そうでしょうね。三玖回だけ結構あって、他の姉妹特に四と五があまりにも少な過ぎるので主な三玖の回はここで終わりだと思いますね。
      一と二はまだ逆襲残ってて四と五のビッグウェーブが来ます

  8. 匿名 より:

    三玖の告白はもう一度あると思います。
    第3話「屋上の告白」、38話「リビングルームの告白」と今までの告白回は丁寧にタイトル付きだったんです。
    ただ次がもしあるとしたら意表をついてフータローからの告白かも知れませんが。
    それと今回の話は5年前と似たような構成でしたね。
    人探しに誘う、写真撮影をお願いする、二人きりで京都散策と面白いのは今回はフータローからアプローチかけてるところですが。
    そしてフータローは努力してきた者に対しての言葉は根拠があるものが多くて説得力があるすよね!
    一花がバイト先で撮影に来たときの言葉やちゃんと見てるというメッセージ性が強い。
    これはモテますよ

  9. 匿名 より:

    10年ぶりくらいに書き込ませていただきます。あのとき奈良で会った娘です。

    今回の話は一花ひとりの暗躍では中々説明しがたいものかあります。また、他の姉妹は別のコースにいるので協力不可能です。
    では誰がやったのか。
    この話の舞台、映画村ですよね。
    そして一花のお仕事は女優。
    …そう。つまり、映画村の人たち全員がグルなんですよ!!一花の仕事仲間なんですよやつらは!!
    これなら、三玖が係りの人にやたら良い扱いを受けた話にも納得。誰にも気づかれずすっとパンを二人の座ってる長椅子に置けますし、池に突きおとせます(F※ck&パンツ感謝)。
    しかしいいも悪いもリモコン次第とはよく言ったもので、これだけのパワーを持った一花さんが改心してないとなると怖いですね、魔人加藤による京都大戦が…。我々勝新は静かに葉巻を燻らして水曜日を待つしかありません。

  10. 匿名 より:

    俺は、さすがに一花が今までの事を反省して、三玖に詫びをしたと思いたいな
    今のフータローは一花の話を聞いてくれないから仕方ないけど、次の話で三玖に謝る一花の話が来てほしい
    そうじゃないと、本当に一花は救いようがない

  11. 匿名 より:

    一花が浄化したとは思えないかなー
    あれ笑い方はヤバイ印象しかない

  12. 匿名 より:

    今の三玖が何やってもフラグが積み上がらない感じ、沢近みある

  13. 匿名 より:

    先に告白は悪手じゃないか

  14. 匿名 より:

    僕も三玖推しです。
    その上で写真の子=四葉or三玖だと考えてます。
    みんなのお手本になるんだと写真の子が言ってたのは学業守りを買っての事だったので、5つ子の中で一番成績が良かった三玖の可能性は有
    劣等感の塊になってしまったのも、勉強を頑張ったものの他の姉妹の様に特技と言える程の物に昇華出来なかった事が起因ではないかと考えてます。
    また、麗奈=五月もミスリードかな、と。
    7つのさよなら時に登場した麗奈が一花ではないというのは、前の話で風太郎のブラフに気付いてなかった時点で確定。
    当時の状況を考えると心情的に二乃の可能性は限りなく薄く、四葉である可能性は状況的に考えにくい。
    五月に至っては、もう私は君には会えないと別れたのに、二度目の登場時には君に会いたくなってという大きな矛盾。
    となると、一番怪しいのは三玖。心情的にも落ち込む風太郎を励ましたい。過去の自分と今の自分の差を知られて幻滅されたくない等と考えれば矛盾もないかな、と。
    では何故五月が麗奈の変装道具を持っていたかと問われれば、これはスクランに起因すると考えます。
    当時、五月の姿で偽り風太郎と姉妹の関係性を解消しようとしていた三玖。それは一番初めに五月にバレた訳ですが、ここで三玖は五月に大きな借りを作ってしまった訳です。
    当時の三玖は風太郎が自分の正体に気付く訳がないと思ってました。その彼女の予想は大きく裏切られる事になりますが、仮に三玖の予想通り風太郎が正体を見抜けなかった場合、自信喪失した風太郎が再び家庭教師を辞めてしまう可能性も充分あった。故にそうなった場合として借りを作った五月に対して対風太郎用最終兵器麗奈を五月に継承したのではないかな、と。
    そう考えると、70話のあんな人を好きになるなんてどうかしてますって五月の真意は三玖の本当の正体にもあの人は気付いてないじゃないですかって事なのかな、と。
    三玖としては今の自分を風太郎に気付いて貰えた事に満足してると思いますから、その発言をした五月を冷めた目でまだそんな事言ってるんだとでも見てるのではないでしょうか。
    写真の子=四葉だとしたら、お手本になる発言の子=三玖で、主さんの考察も取り入れるなら2日目の子は一花ってのもあるのかな~と。
    だからこそ五月が説明出来ないと悩んでたり、あの日の真相をと意気込んでるのではないでしょうか
    長々と失礼しました

  15. 匿名 より:

    これ三玖のターン終わりなんじゃ?

  16. 匿名 より:

    この作品、特に今回の話、男の子が実に男の子してて好感もてる。

  17. 匿名 より:

    五月購入の下着を見てたくだりと、
    過去の2日目のくだりの伏線見事ですね〜

  18. 匿名 より:

    四葉が京都一日目の子なら一花の9回裏も同点で終わるってことやな。

  19. 匿名 より:

    初期は一花推しだったけど闇落ちで見限ったからせめて今回のは三玖への詫びであってほしい
    なぜ一花をこんなクズにしたのか作者に聞きたい

    • 匿名 より:

      まあ、それは五人それぞれ違うアプローチをさせる為なんだろうけど、やりすぎだな

  20. 匿名 より:

    こんなミステリー風味な恋愛ものありぃ?

  21. 匿名 より:

    そもそも、いち学生にあんな根回しやサポートができるでしょうか
    勝手な想像ですが、江端さんこっそり付いてきてたりしそうな気がします。

  22. 匿名 より:

    もぅ三玖のターン終わりでいいわ。三玖だけずるい。どうせ負けるんでしょ?

  23. 匿名 より:

    一花は三玖と風太郎をくっつけさせて自分は入れ代わりで三玖として付き合うのを狙ってるのでは?

  24. 匿名 より:

    9回表どころかまだ7・8回くらいだと思う
    終盤に入ってはいるだろうけどヒロイン5人もいるんだからまだまだひっくり返る

  25. 匿名 より:

    昔の人は言いました
    武器や防具は持っているだけでは意味が無いと
    あのあふれる攻撃力はつまり!

  26. 匿名 より:

    三玖がかわいけりゃ細けぇことはいいんだよ!

  27. 匿名 より:

    一花をボロクソに言ってる人見てると時々思うんだけどスクランブルエッグで三玖がやったこと忘れてない?風太郎と五月の関係が壊れるかもしれなかったし、家庭教師やめさせようとしたわけだから七つのさよならで一花がしたこと全て無駄になるし、他の姉妹も被害被るから三玖ピンポイントの一花より質悪いぞ。ラブコメ的に見れば一花の方が許せないってのも分かるけどね。

  28. 名無しさん より:

    タイトルが臭すぎる…あ痛たたた

  29. 匿名 より:

    五月の追い上げに期待したいけど、現時点ではまだフータローの事を恋愛的な意味では好きじゃないっぽいのがな
    キスの子が花嫁だと示唆されてる以上、勝者は現時点でフータローの事を好きな子っぽい
    まあ、あのキスは事故だった可能性もあるから絶対ないとは言えないんだけど

  30. 匿名 より:

    >一花は三玖と風太郎をくっつけさせて自分は入れ代わりで三玖として付き合うのを狙ってるのでは?

    ラブコメからのサスペンスwひぐらしなきそうw

  31. 匿名 より:

    良かった
    やっと一花浄化してくれた