『五等分の花嫁』第97話:変わり始める日常 二乃の学園祭エンディングが見えた!

シェアする

おすすめ記事

<お勧め記事>

仕事がイヤになったり人間関係がアレだったり給料が安いなどで転職を考えることは誰しもが通る道でしょう。

よく「他…

転職活動において「MIIDAS(ミイダス)」 はとても便利です。

200万人の年収データから、自分の市場価値を見出すことができます。

2019年9月に読んだ漫画を振り返っておきます。

<関連記事>

2019年9月の漫画

ゆこさえ…

うううううう

「悔いの残らない○○にしましょう」
毎回悔いは残らないけどこれ言うと問題が起こるんだよなぁ。しかも四葉がポカやらかしてしまうという。風太郎もフラグ立てまくってるし…

黒薔薇時代のように頼られたら手伝いまくる四葉、汗をかく二乃と三玖、鋼メンタルだったのにD判定で落ち込む五月。不穏過ぎ。

コメントより

ごじょじょさん食い物の話題スルーとかトチが狂ったのか!?

コメントより

案の定D判定で落ち込みまくる五月。

学園祭がたこ焼きあパンケーキかって食い物の話題なのに心ここにあらずでした。

97話のかゆいところ

まあでもコレといった解決方法がないな。

文化祭に関する事の外側の範囲だし。成績なんて気にせず高校生活最後の学園祭なんで楽しもうぜー!で済むようなことでもないからね。

五月にあれこれ

食い意地を忘れてしまった五女さん

最後の学園祭をエンジョイできそうもない五月。

フータローに相談しようとしてましたけど、忙しそうだったし申し訳なくて結局できなかった。マルオにもこれ以上迷惑かけられんと心配かけたくないと相談できない。結局、下田さん(母・零奈の教え子)だけに相談するつもりの様子。

ただ、今回の描写で気になる描写がある。五月は結局D判定をフータローに相談しようとして言い出せなかったのも関わらず、ちょっとフー君が意味深だったことです。なんだろこれ?

なんなのよ…

本当…なんだよ…。

察しの良い令和主人公フータローなので、何か言い出したいけど切り出せない五月を気にして何か知らんかって聞こうとしてるようにも見える。でも二乃と三玖ちゃんが一緒だったので用事を話せなかったようにも見える(どっちかだけに用事があった?)。

なんなんだフータローの謎の行動は!なお、三玖ちゃんは逆に用事があってデートイベントに漕ぎつけるファインプレーを描かれてない裏でやってのけた模様。フータロー側の用事…私気になります!五月関連だったのだろうか?

有名な講師の特別教室

それに近日、有名な講師の方による特別教室が開かれるらしいのです

誰やねん!

なんか思わせぶりなんですけど…。

五月は下田さんの塾で有名な講師が特別授業するって含みを持たせて言ってます。ただ既存の大人キャラはたいて職業が判明していますので「有名な講師」になり得ない。新キャラなのだろうか。

ただ既存キャラで「有名な講師」になれる人物がひとりだけいる。

フータロー父親…上杉勇也です。

上杉勇也

いまだ職業もようわからん謎だらけのパツキン男です。

マルオとは学生時代からの仲のようで馴れ馴れしくやり取りしてる(上杉勇也から一方的に)シーンが散見できます。

フータローの父親はただのプーなのか、塾講師をしてるのか。職業がいまだに描かれてないだけにね。なんでこの説が出るかといえば下田さんと同級生…零奈さんの教え子の可能性が微粒子レベルで存在するからなり。

57話

あの無表情から繰り出される鉄拳に私ら不良は恐れ慄いたもんだ。まさに鬼教師だが、その中にも先生の信念みたいなもんを感じて、いつしか見た目以上に惚れちまっていた。

57話で下田さんの高校2年時に零奈さんは新卒の教師として1年間だけ教え子だったと思ひ出を五月に語っておりました。自分はヤンチャな生徒だったのでよく怒られ鉄拳制裁されたと。

そんなヤンチャ生徒の下田さんの過去メモリーで殴られていたのは女子の下田さんだけではありません。他に男子も2人おり、その一人の金髪ヤロウが上杉勇也とそっくり見える。てか、もう一人の坊主男子はマルオでは…(目がそっくり)?

下田さんと上杉勇也とマルオは高校の同級生で零奈さんの生徒だった可能性が微粒子レベルで存在する。そんなつながりがありそうだよね。分かんないけど。

有名な講師の特別授業で、この辺が明かされるかも?

やったね!三玖ちゃん大勝利!

フータローと…デート

三玖ちゃんはじまったな!

フータローが意味深に二乃と三玖ちゃんのところへやって来て何も言わずに去ってしまいました。その時の三玖ちゃんは「あ、私フータローに用がある。先帰ってて」と去ったフータローを追いかけていました。

詳細不明ながら、おそらくここでフータローをデートに誘ったのでしょう。

前回も前々回の夫婦っぷりも素晴らしかったからね。

まだまだ三玖ちゃん無双で夢想は終わらんぞい!

水面下で“私の事をもっと知って欲しい、風太郎の事をもっと知りたい”
という関係が築かれている様で、前回の風太郎がやりたい一花の説得に同行したり。今回の表情の微々たる変化(?)で三玖に発言を促したりで二人の関係が徐々に進んで行ってるような。

コメントより

何気に三玖は風太郎に割と遠慮なくズバッと言ってるのも夫婦度高いわ
「何故おれのところには誰も来ない」
「人望」

コメントより

表情を見ただけで、三玖の事を分かる様になっているフータロー。
これはもはや愛ですね!

コメントより

もはや長年連れ添った夫婦にしか出せないような味を醸し出してる2人なだけにね。どうせ学園祭の買い出しとかなんだろうけど期待しかありませんよ!めっちゃ楽しみです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    バカなっ・・・何故付けた・・・!?
    「ふわっふわ」という形容詞・・・!

    これでは少しでもふわっふわじゃなければ即アウツ・・・!

  2. 匿名 より:

    二乃四葉五月の家庭の話好きだな
    試験前の絡み思い出す

  3. 匿名 より:

    影でコソコソするマルオ風太郎四葉
    不器用で素直じゃない二乃風太郎マルオ五月

    みんな似たもの同士というかなんというか…w

  4. 匿名 より:

    マルオはスネイプポジション
    最初は何か嫌な奴と思ってたらそうでもなかった

  5. 匿名 より:

    修学旅行最終日に続き、今回もいい所で次号は合併号。焦らされる!

  6. 匿名 より:

    3の1は男子14女子17と思う
    二乃がたこ焼きなので

  7. 匿名 より:

    三玖と風太郎のデート楽しみすぎる…
    これ、三玖から誘ったと見せかけて実は風太郎からだったら胸熱なんだけど…

    • 匿名 より:

      その可能性は高い
      直接デートとは言われてないだろうけど

    • 匿名 より:

      二乃を気にかけて声をかけたのか、三玖に用があったのか。どっちともとれる描き方されてるから風太郎からかは分からんなぁ。
      ただここでデートだと文化祭一緒に回る話無くなりそう。三日間のうち一日は一花に使いそうだし。

  8. 匿名 より:

    二乃の「なんなのよ」ってとこでの三玖の「…」は、風太郎が何を言いたかったのか分かっちゃったとかだったりして。

  9. 匿名 より:

    修学旅行前半でよく分からなくなってたけど、ここんとこやっぱおもろい(ちょろい

  10. 匿名 より:

    マガジン紙派だけど扉の四葉が見開きのせいで(´;ω;`)

  11. 匿名 より:

    フータローまかりとおる復活してー!