2019年2月に読んだバーンときてダーとなった漫画!

シェアする

2019年2月に読んだ漫画。

<関連記事>

2019年1月に読んだ漫画まとめ。 <関連記事> 2019年1月個人的お勧め 不完全で不衛生で...
12月に読んだ漫画の個人的まとめ。 <関連記事> 2018年12月個人的お勧め 早乙女姉妹は漫...
11月に読んだ漫画の個人的まとめ。 <関連記事> 2018年11月個人的お勧め 進め!ギガグリ...

2019年2月個人的お勧め

すんどめ!!ミルキーウェイ(6)  / kindle

すんどめ!!ミルキーウェイ 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

子作り目的の美少女宇宙人・ルネ、妹系つるぺた宇宙人・レヴェラネ、献身的な優しい彼女・由井園遥、勝気だけどピュアな元カノ・君島美嘉、居候中の変態幽霊・角倉きの。5人の美女に囲まれる男・義武の職場に、“たわわすぎる”新人・英凜舞(はなぶさりま)が転属。仕事を通し親密になる2人だが、彼女にはトンデモナイ秘密が…!?

エロコメとはこういうことだ!もうなんだ凄すぎる。

インサートしないだけで、完全無欠のエロさを誇っております。

ブヒィィィィィ!!!

巻数を重ねるにつけてハーレム王国の住人がどんどん増えていきます。6巻では新たなヒロインが追加されます。最初は由井園とルイの2人で、「お前たちが俺の翼だ!」だったのに翼が何枚あんだってよって感じです(褒めてます)。

これだけキャラ増えてもみんないい仕事してるからすごい。その勢いは留まることを知りません。界王拳20倍で突っ走るその無尽蔵なえちえちチュエーションに素直に脱帽です。ふなつ先生は日本の宝です。

グヤバノ・ホリデー / kindle

グヤバノ・ホリデー (楽園コミックス)

「楽園」からの5冊目のpanpanya作品集。表題シリーズ全8本はじめ「いんちき日記術」「比較鳩学入門」「学習こたつ」「宿題のメカニズム」等、著者ならではの描写が輝く21篇。日記も併収。

<関連記事>

『グヤバノ・ホリデー』(panpanya)読了。 もう最高。1冊丸ごと骨の髄まで楽しめます。 「楽園」からの...

相変わらずのちょっと不思議で不気味な夢のような世界へ連れて行ってくれるpanpanya節が心地よい。今作はさらにフィリピン旅行記がめちゃんこ面白いです。ただの旅行記でなく、非日常の独特のフィリピンがありました。素晴らしい読書体験が堪能できる。

死神坊ちゃんと黒メイド (5) / kindle

死神坊ちゃんと黒メイド(5) (サンデーうぇぶりコミックス)

「君は、僕が絶対に守るから。」

坊ちゃんついに本邸へ!

ひょんな事から呼び出しをくらい、母親と久しぶりの対面をするハメになった坊ちゃん…坊ちゃん、そしてアリスの運命やいかに!?

さらに、呪いの真相を知る人物も再び現れ

<関連記事>

『死神坊ちゃんと黒メイド』(井上小春)5巻読了。 最高の尊さがここにある!いい漫画だなぁー。 「君は、僕が絶...

尊すぎて眩しい。汚れてしまった心が浄化されるような、心の洗濯機のような「きれいさ」があります。美しくも愛しい2人をいつまでも見守っていたくなります。アリスの可愛さと切なさがあたまらん。甘味だけでなくコクのあるちょっぴり大人味でした。

まったく最近の探偵ときたら(5) / kindle

まったく最近の探偵ときたら5 (電撃コミックスNEXT)

おっさんあるあるが妙なクセになる、
おっさんとJKが織りなすディテクティブギャグ第5巻が満を持して登場!

世間を騒がす「電子ドラッグ」の影響を受け
犬と化して街へ繰り出してしまった真白を止めるべく
動き出した名雲とアスナロとマキ。

犬真白のおかげで犯人にたどり着いた3人だが
犯人の抵抗でピンチに!
そんな彼らを助けに来たのは
”ヤベエおじさん四天王”で!?

今回も名推理――詰まってます!

<関連記事>

『まったく最近の探偵ときたら』(五十嵐正邦)5巻読了。 もうダメだ…声出して笑うわ! おっさんあるあ...

腹筋崩壊する。とにかく畳みかけるギャグのオラオララッシュが凄まじい。なんたって数コマごとにネタを仕込んでくるんだもん。圧倒的物量なのです。その圧倒的なパワーに押し切られてしまってゲラゲラ笑ってしまいます。その一方で、量だけでない。ここぞで質の高いギャグもぶっ込んでくる。

赫のグリモア(1) / kindle

赫のグリモア(1) (週刊少年マガジンコミックス)

平凡な中学生・若葉が曾祖母から相続した奇妙な形をしたペンと巨大な洋館。その洋館に幽閉されていた「あかずきん」を名乗る謎の少女を解放したことで、描いた絵を具現化する力を持ち人々を救う「書の魔導士」の役目を若葉は継承する。しかし、それをキッカケに若葉は第2次世界大戦あるいはそれよりも遥か古より続く魔女たちの戦いに巻き込まれていき──。少女達が殴って斬って撃って殺しあう新本格ダークファンタジー開幕!!

<関連記事>

『赫のグリモア』(A-10)1巻読了。 ヤバイぐらいに面白い。名作になる匂いがするで。 平凡な中学生・若葉が...

『うしおととら』のコンビを可愛い女の子同士にしたって感じの王道バトルファンタジー漫画です。絵の上手さと女の子可愛さが光る中で、けっこう邪道というかビックリする展開が素晴らしい。まだ始まったばかりでこれからどうなるか分かりませんが名作になる予感。

るろうに剣心 北海道編(2) / kindle

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

【『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―』デジタル版では紙コミックスに収録されている設定資料ページは収録されておりません。デジタル版限定特典としてフルカラーイラストギャラリーページが収録されています。】戦死したと思われていた薫の父・越路郎は生きていた!? 越路郎を探すため剣心一家と明日郎・阿爛・旭の六人は北海道・函館に向かう。かつて戦地だった函館は、今はもう平穏を取り戻したかに見えたが、異変は函館山で起きていた! 北の大地で、友と思いがけない再会を果たした剣心は、再び闘いの中へ身を投じることに…!!

<関連記事>

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』(和月伸宏)2巻読了。 相変わらずのテンションと懐かしの面々でめちゃくち...

めちゃんこ面白い!左之助が帰ってきてより一層「うおおおおお!」となります。安慈もこれから活躍しそうだし、めがっさ盛り上がってくる。テンションMAXなり。敵のスケールや規模も大きく、これからの戦いが楽しみすぎる。しかし、面白さを牽引してるのは旧キャラなので、新キャラ3人組はどう活躍すんじゃろ。

やんちゃギャルの安城さん(3) / kindle

やんちゃギャルの安城さん(3) (ヤングキングコミックス)

真面目でクラスの中でも目立たない瀬戸くんには、なぜかいつもイケてるギャルの安城さんがいちいちエロく絡んでくる。いつもギリギリでドキドキする思春期ぴちぴちラブコメディ!今回は学園祭のベストカップルコンテストに出場することに!?

<関連記事>

『やんちゃギャルの安城さん』(加藤雄一)3巻読了しました。 最高という言葉が陳腐になるぐらい最高だ…。それしか言えねー...

安生さんは可愛いなぁ…。安生さんの太ももがとにかく旨そうすぎる。世界で一番のモモ肉とは安生さんの太ももですよ。その視覚的インパクトも最高なら、絶妙にラブがコメって緩んでしまう頬をどうすることもできませんでした。あと安生さんの守備力の弱さも芸術的。

もっこり半兵衛(3)

もっこり半兵衛 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

時は享保2年。そこそこリアルな時代設定。浪人もっこり半兵衛は月一両で江戸の夜廻りを。仲間の夜鷹やお駒・乱丸もあいまっての…コメディ時代劇。

<関連記事>

『もっこり半兵衛』(徳弘正也)読了。 染み渡るような良さ味がある。 月並半兵衛はある藩の剣術指南役。あること...

本当に心の染み渡るような作品です。基本1話完結で、夜廻りをしながら悪を斬る…のですが、それだけで収まらない深いエピソードが多い。ウルウルないてしまうこと多数。色々と考えてしまうこと無数。良い漫画すぎるんだってばよ!徳弘先生のコメントやオマケで溢れる漫画愛も必見です。

甘々と稲妻(12) / kindle

甘々と稲妻(12) (アフタヌーンコミックス)

妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育て中。料理が苦手な彼だが、教え子の小鳥と一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに!小学2年生になったつむぎ。すくすく育つつむぎとは対照的に、犬塚は体調を崩し気味。病院に検査へ通う父親に、不安を隠せないつむぎだが…。累計290万部超の大人気食卓ドラマ、いよいよ完結巻!つむぎ誕生秘話や、中学&高校時代を描く番外編もたっぷり収録。

<関連記事>

( ;∀;) カンドーシタ 『甘々と稲妻』(雨隠ギド)12巻読了。 これが最終巻です。まさに大団円!...

こんなこと言うとアレかもしれませんが、久々に源氏物語でない父娘ものを読んだ気がする。ま、実の娘でしたけどね。幼女から見てたつむぎちゃんが大学生にまでなって自然と目頭が熱くなる。欲を言えば小鳥ちゃんと結ばれてほしかったが、本当に良いラストでした。名作というに相応しい大団円!

イムリ(24) / kindle

イムリ 24 (ビームコミックス)

「ルーン」と「マージ」、二つの星に暮らす、三つの異なる種族。
支配民族「カーマ」、奴隷民族「イコル」、そして原住民族「イムリ」。
四千年の時を超えた三種族を巻き込んだ戦争、世界の「明日」を決める戦いは、ついに最終局面へ。

血塗られた「賢者の宮殿」に、カーマ軍の新兵器が迫る。
窮地に立たされたイムリ達の眼前に現れたのは……?

<関連記事>

『イムリ』(三宅乱丈)24巻読了しました。 はぁ~(感嘆)。現在進行形で世界で一番面白い漫画かもしれん…。 「ルーン」と...

世界で一番面白い漫画です(断言)。圧巻のストーリー展開と張り巡らされた伏線の数々がここに収束している。読んでしばらく茫然としてしまう。おそらくもうすぐ完結するだろうけど、そこへ向けての展開はため息しか出ません。鳥肌立ちまくりで号泣もの。大大傑作ですよ。超お勧め!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    イムリは読もう読もうと思って、けっきょく絵柄が苦手で読めてない…

  2. 匿名 より:

    小鳥ちゃんとお父さんにゴールがあるとしたらつむぎが就職して自立してからだろうなぁ。
    …小鳥ちゃん何歳なんだろ…
    亡くなった奥さんとの葛藤とかなるとひたすら暗くなりそうだから
    これでいいのかも。
    単行本の見送った後の描写で二人の関係の作者の意向はわかるしね。

  3. 匿名 より:

    事情を知らない転校生がグイグイくるも読んでほしい