「三国鍛冶物語」レビュー!回収作成販売といった作業が好きな人なら無限に遊べる経営SLG

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

 

「三国鍛冶物語」のレビュー記事です。

 

タイトルからも想像できる通り、自分の鍛冶店で武具を作り販売していく経営シミュレーションゲームです。三国志の時代設定ですので三国志好きならニヤリとできる小ネタや人物もいます。もちろん全然知らなくても経営SLGなので問題無し。

 

資源の「回収」、武具の「製造」、商品の「販売」がしっかりしており、オーソドックスなゲームとなっています。かなり面白いです。

 

三国鍛冶物語

三国鍛冶物語
wanfang yang
シミュレーション
基本プレイ無料

 

「三国鍛冶物語」レビュー

はじめてみる

 

まずは主人公キャラ(店主)の性別と名前を設定します。

名前は被ってる場合は使えない仕様となっております。

 

そして簡単なOPからチュートリアル開始です。

 

 

チュートリアルの説明は丁寧で分かりやすいので、すぐにゲーム操作の「感じ」は掴めるかなと思います。新機能の度に説明があるので安心です。

店舗経営型SLG

 

で、【ライキン】のような箱庭シミュレーションとやることは根本的に近いです。むしろ古くは「トルネコの大冒険」の不思議なダンジョン要素を抜いてより経営にウェイトを置いたものと言った方がに近いかもしれない。ネネさんはいないので販売も自分ですが…。

 

主軸が店舗経営となっておりRPG的なバトル要素もあります。

 

自分の店に工房などの施設を作っていき、武具を製造して販売していく。上図の武器アイコンがお客さんでタップして販売していきます。この手の経営SLGは販売に関してはオートが多い中で、手動で1つずつ売っていくのは珍しいかな。

 

また、木材や石材といった基本的な資源は店舗内に作った資源施設で収集できます。珍しい資源は探索して取ってくる必要があります。

 

基本的なゲームの流れは以下の通り。

 

  • 資源の回収…店舗内か探索
  • 製造…資源で武具作成
  • 販売…お店に来てる客アイコンをタップ

 

この過程で新たな資源や武具作成をしたり、施設を建てたり、店自体を大きくしていきます。

 

基本がしっかり楽しく遊べるオーソドックスな経営SLGです。

資源の回収

 

資源回収はお店内で「資源施設」を作れば収集できるものと、外へ探索して取りに行くものの2種類あります。

 

店舗で回収できるのは、施設さえ作ればザクザク取り放題。

資源施設の数はかなり限られてるので、店舗を大きくしていかないと置けません。

 

資源を外へ探索するのは雇っている武将が向かいます。RPGの仲間キャラのようなものと捉えてOK。探索だけでなくバトル方面でも使います。

 

 

探索に出たら数分などの時間経過することによって珍しい資源を回収できます。

 

最初は、よく来るお客さんが求める商品は店内で回収できる資源で作成できる商品ですが、探索で回収する資源を使うこともしばしばあるので常に探索に出しておきたいところ。

 

ある程度進めたら犬にエサやって探索に近いこともできるようになっていきます。

製造&販売

 

製造は店舗画面の下に常に表示されてる「製造」をタップすれば作成できます。雇ってる職人によって作成できる武具は違うのもミソ。職人を新たに雇うには主人公(店主)のレベルが必要です。逆に少ない職人でやり繰りするなら、解雇というのも手かな。

 

武具の作成は数秒のものもあれば数分のものもあり様々。

高く売れる(強い)武具ほど作成に時間がかかります。

 

そして作った商品をお客さんおアイコンタップで販売できます。常にお客さんの注文を受けて売ってると、ひっきりなしお客さんがやって来るので、資源の回収と製造で大忙しになります。

 

この作業が楽しいと感じるかは人それぞれ。

自分はこういう作業大好きなので夢中でプレイしちゃいます。

 

「資源回収」「武具製造」「販売」を繰り返しているとイベントが発生することもあり、これが事実上のストーリー進行となっております。

箱庭ゲームとしても楽しい

 

お店は施設やオブジェは場所や向きなど自由自在に設置できますので、自分だけのオリジナル店をつくれます。

 

こだわりのデザインのお店にするなど自己満足レベルですけど楽しめます。

RPG要素もある

 

RPG要素もしっかりしており、武将を強化して戦いに出していきます。主軸が店舗経営なものの、このRPG的な部分もちゃんと作られており「おまけ」的なミニゲームではありません。

 

店にやってくる盗賊や衛戦や闘技場やイベントなど頻繁に戦闘することがあります。敵を倒すことでレベルが上がるし、武具は自作です。お客さんに売るだけでなく鍛冶った武具は武将に装備可能なのもミソです。

「三国鍛冶物語」まとめ

そんなこんなで、資源の回収から武具の作成をしてお客さんに販売するまでの流れ作業が楽しい王道な経営SLGです。この手の作業が好きな人なら無限に遊べます。

 

RPG要素もしっかり作られており、お店経営しつつ武将のバトルを楽しむゲーム。経営SLGが好きならおすすめです。

 

三国鍛冶物語

三国鍛冶物語
wanfang yang
シミュレーション
基本プレイ無料

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました