スポンサードリンク

『世界で一番おっぱいが好き!』、世界で一番ピュアな胸

シェアする

世界で一番おっぱいが好き! 1 (MFC キューンシリーズ)

最高に頭悪いですね!(賛辞)

『世界で一番おっぱいが好き!』(昆布わかめ)1巻読了。

控えめに言って最高でした。意識が低すぎてKO負けです。白旗上げる。

もうタイトルからしてスゴイです。直球そのまんまストレート剛速球170キロの「世界で一番おっぱいが好き!」ですから。頭が悪すぎです(誉め言葉)。おっぱいが大好きって何だよ!アホかよ!バカかよ!ぼくも大好きです!

巷で噂のイケメン女子・千秋が好きなもの。それは…おっぱいです。 「今日も最高のおっぱいだね!」「今日も最低の挨拶だな」 おっぱい大好きイケメン女子×美乳ツンデレ女子の、ちょっぴりおバカな百合コメディ!

<試し読みできます>

どんな漫画か簡単に説明すれば胸を揉んで揉んで揉みまくる作品です。それでいて百合ラブコメ作品としても素晴らしい。終始読みながら頬は緩んでニヤニヤし身体の極一部は熱くなってましたね。はい。

いやー、精神的にも肉体的にも疲れていると『世界で一番おっぱいが好き!』は五臓六腑に響き渡ります。HP回復です。

『世界で一番おっぱいが好き!』

1

晴見はな&市原千秋

主な登場人物は2人。巷で評判のイケメン女子の市原千秋とクールビューティーで胸がデカい晴見はなの物語なり。世間体完璧の千秋にはある秘密がありました。それは彼女の大好きなものは「おっぱい」だったこと。

千秋は理想の乳房を持つ晴見さんと出会い胸を揉ませてもらう関係を築く。日々、部活の後に他校の晴見さんに胸を揉ませていただく作品です。いわく「おっぱいに癒されたいだけなんだよー!」です。

なぜ揉むのか?そこに山があるからさ!マジのガチで頭が悪いですね。最高。タイトルも内容も最高にアホ全振りですが、これがすっげー良いんです。下半身にも心にも染み渡る!大きな胸は尊いんです!

2

もみもみもみ

基本的にイケメン女子の千秋が晴見さんの持つ立派な2つの山脈を踏破する物語である。そうはいっても、ただ揉むだけではありません。なんつーか奥行きがあるんですよね。おっぱい星人としての。

大きな胸が好き一言でいいましても、ただ揉むだけにあらずなところが特筆すべき点でしょう。

胸を下着越しで「もみもみ」するだけでなく、顔の上に乗せてみたり、挟まってみたり(ぱふぱふ)、生でいってみたり…と、様々なビッグチチの活用方まで学べる一種のハウツー本の側面もあります(※ありません)。

とにかく千秋が晴見さんのビッグチチで癒され漫画である。アホですね。

4

晴見さんのおっぱいがなきゃ生きていけないみたいだ…

…すごいセリフですね。

事実、その通りで千秋は春見さんの胸を揉まないと、幸運の星が隠れたラッキーマン、水に濡れたアンパンマンのように力が出なくヘナヘナになってしまいます。そう!おっぱいは太陽なんです!

で、千秋は将来の夢がブラジャーになりたいと思ってた程に大きな胸が大好き。胸に関する名言や迷言や珍言もたくさん飛び出します。「生の肉は危ないっていうけどおっぱいの生も相当危ないね」「生命を感じた」「酸素、水、おっぱいでできるんだ」は金言ですわ(真顔)。

胸の小さいイケメン女子が胸の大きいクルー系女子の胸を揉むだけの漫画ではある。意識も志も低く、中身なんてあってないようなものである。だ・け・ど!この2人は胸を揉む&揉まれる関係以上!百合なんです!

百合ラブコメも良いぞ

5

百合コメとして至高

『世界で一番おっぱいが好き!』は、チッパイの千秋は大きな春見さんの胸を揉むことで生きる栄養補給する漫画である。がしかし!カルマ全開なものの、それだけでもない。百合コメとして非常に秀逸なのです。

大きなおっぱいならなんでもいいぜウェーイ系女子だった千秋も、立派な春見の胸をもみもみすることで、春見さんの乳房でなくては生きていけない身体になっていきます。晴見さんは春見さんで、揉ませてあげるのは千秋だけって特別感で…。

なんつーの?例えるなら肉体関係からスタートして愛を育む純愛みたいな百合です?(えー)最初は大きな胸ならなんでもいいと胸が好きなんだと言ってた千秋も「春見さんの胸」だから特別だと思うし、春見さんは千秋だから揉ませるのである。

とても綺麗で純真な胸からはじまるピュア百合ラブコメの側面もある。

おっぱいを揉む揉ませるからスタートした美しい百合ラブコメ(に見える)。

6

両想いじゃん?

・「あなた以外に触らせるわけないだろ!」

・「私、晴見さんのおっぱいが大好きなんだ…って!」

最低のセリフなのに最高!

1巻はあくまで大きな胸が好きなんだと、興味ないんだという千秋が春見さんの胸だからこそ特別だと。一方で春見さんはラブコメヒロインのように千秋に惹かれていく様子が詳細に描かれる。これアレじゃん!肉欲から始まった恋が純愛に変わっていく系じゃん!(そうなのか?)

そんなわけで2人が胸の揉む&揉ませるからはじまり、心でも通じあってるように錯覚してしまうぐらい良い百合ラブコメ模様を同時進行で丁寧に描くから熱い!(色んな意味で)。上質な百合作品でもあります?(なぜか疑問形)

ただ一番凄いのは『世界で一番おっぱいが好き!』は表層部分で巨乳賛歌でありつつ、大きな胸は良いんだけでない点でしょう。貧乳の千秋の胸も尊く描いてるんです。

「世界で一番おっぱいが好き」とは千秋から見た大きい胸の春見さんだけを指してるわけでないのも面白いところ。(読者と)春見さんから見た小さい胸の千秋も等しく尊く描いてるのである。

7

ちっぱいも尊いぞー

『世界で一番おっぱいが好き!』は、一見すれば大きな胸マーベラスでありつつ、小さくても尊いことを描き、胸の大小に貴賤無し!胸は等しく最高なんだ!と主張する作品なんです。上質な百合ラブコメをしながらね。

まあ、内容なんてあってないようなものですがそれがいい!胸は大きいのも小さいのも最高なんです!そんな凸凹コンビの百合ラブコメも最上なんです。『世界で一番おっぱいが好き!』は素晴らしい作品です。まる。

世界で一番おっぱいが好き! 1 (MFC キューンシリーズ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2018-02-26)