スポンサードリンク

『先輩の顔も三度まで』、酷すぎる会話なのに笑える!楽しめるポイント満載!

シェアする

先輩の顔も三度まで (楽園コミックス)

『先輩の顔も三度まで』(位置原光Z)読了。

すげぇ下ネタオンパレードで笑ってしまう。

「許してください先輩♪」 一見、和やかな男女の会話が、読み進むにつれて抜き差しならぬ関係性を帯びてゆく。読めば読むほどもっともっと読みたくなる中毒性の高さが魅力の第3作品集。20本収録。

<関連記事>

酷いタイトルだ。『お尻触りたがる人なんなの』って…。 このタイトルは作中に収録されている「お尻触りたがる人なんなの」のエピソー...

『先輩の顔も三度まで』

どういう漫画なのか簡単に説明すれば毎回違う男女数人グループ(男女1対1が多いかな)がただダベるだけです。会話するだけなのですが、これがもう面白いのなんの。しかも下ネタ全開の酷いものです(誉め言葉)。

今作『先輩の顔も三度まで』に収録されてるのは以下の22本。

「かゆいところ」「タダマン列伝」「あいさつのげんかい」「あいさつのげんかい2」「アンケート」「カラーチャート」「象徴とか言うな」「バイトのこと」「教えて!先輩!!」「誤算」「看取」「センタク」「土下座の範囲」「教唆」「タカナシ」「練習」「合宿」「放課後オーパーツ」「3P時代」「顔面騎乗交渉」「ツルノオンガエシ」「結果オーライ」

基本「先輩と後輩」のシチュエーションが多いかな。

秀逸な会話応酬劇

「かゆいところ」

この漫画のキモは会話のキャッチボールです。とにかく酷い(誉めてる)。位置原光Z作品の真骨頂とも言えるべきものです。位置原光Z作品の真骨頂とは何か?そりゃあモチのロンでお下劣を極めた下ネタトークです(きっぱり)。

例えるなら男が女に「やらせて!」「先っぽだけでいいから!」みたいな会話をやってるだけ。なのにめちゃ面白い。テンポ良さが特徴かな。ただの下ネタ話してるだけなのに、よくこれだけ膨らませるなと感心するやら呆れるやら。

見事にリズミカルに言葉のキャッチボールするものだから気持ちの良さすらあります。1話目「かゆいところ」なんて、女先輩がおっぱいの先がかゆくなり、男後輩はち〇ぽの先がかゆくなるって…酷いとしかいいようのないシチュで会話して最高で最低のオチになってるからね。

とにかく会話の「リズム」「テンポ」が素晴らしい。

ただ2人で話してるだけなのにこんなに笑えるのかよ…って。

「MeToo」案件が輝いてる

「タダマン列伝」

もう一つこの漫画の重要部分はセクハラ(逆セクハラ)です。本当に「MeToo」案件としかいいようがないのですが、位置原光Z作品の真骨頂とも言えるべきものです。位置原光Z作品の真骨頂とは何か?そりゃあモチのロンでセクハラっぷりです。

作中でもぶっちゃけ会話の応酬を繰り広げている時に挟まるセクハラが一番、生き生きとしているですよね。キャラと文章の躍動感が凄いというか。作者がノリノリでハイテンションになってるとうかというか。これこそが俺の描きたいもの!感が異常にある。

「タダマン列伝」(ひでぇタイトルだな…おい!)なんて、タダでやらせろ!から始まり会話が逸れて…もとい膨らんでいき、冷静だった女性が徐々に照れていく様はなかなかどうして。可愛かった。

セクハラ展開になると会話の盛り上がりも最高潮。

面白さに加えて女の子の可愛さも光ります。

女の子可愛いんだよなぁ

「アンケート」

男女が会話するだけなのに、そこへ凄まじいまでの「下ネタ&セクハラ」をブチ込んでの言葉のキャッチボールが笑えるのに加えて「下ネタ&セクハラ」があった上での極上の赤面も外せません。可愛い。

「アンケート」では「好きな体位を教えて下さい?」って無表情でアンケート取るOL(どんなアンケだよ!)が、会話(下ネタ&セクハラ)していく内に徐々に赤面していき、プルプル震える様はめがっさ可愛かった。

ある意味ギャップ萌えを最大限使ってるというのでしょうか…。下ネタもセクハラも平然としてる女性がふと見せる照れ。破壊力が半端ない。

なんだかんだで女の子がゴッツ可愛い感じなんすわ。

味わうポイント盛沢山

んで、ラブコメっぽいこと。

ほのかにであるが…しかし確かに感じれるラブコメ風味もグッド。

あくまで風味なので、厳密にはラブコメではないんだけど、「あれ?この2人はひょっとして…?」的なものを感じ取れる至高の一品の数々です。絶妙にニヤリングを感じ取れるのである。

あと、謎の大きい胸への拘りも外せない。

特にシャツやブラウスや制服…越しの「ボン!」は目を見張るものがあります。

凸凹に対する矜持のようなものが感じられる皺の描き込みは感動的ですらある。たまに着込んでたり冬服バージョンの服装の話だとガッカリするぐらいですもん。山頂の上に布を被せることの芸術的美しさを随所で感じられます

そんなこんなで、笑える下ネタ全開トークの膨らませを中心として、見どころは満載です。ただ男女が酷い下ネタを話す中に面白さがギュっギュっと詰まってます。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    初期から性癖に突き刺さる

  2. 匿名 より:

    安定の光Zクオリティ

  3. 匿名 より:

    位置原光Z好きや

  4. 匿名 より:

    位置原光Zってタイトル変わってもやってること全部同じなのは逆にすげーわ
    長期連載する気はないのかな