『五等分の花嫁』121話:五分の一の確率 ピアスとマルオの酒飲み

シェアする

おすすめ記事

『五等分の花嫁』121話:五分の一の確率

卒業、そして――。

最終回1つ前です。

卒業式とかやって欲しかった感はあるものの、扉絵の卒業式シーンで胸が熱くなるな。

ラブコメとしてはすでに完結してるので今回はエピローグといったところ。

舞台は5年後に飛んで結婚式である。

<関連記事>

『五等分の花嫁』120話:五年前のとある日 完結まであと3話! あ、ああ…。 『五等分の花嫁』が本当に完結...
『五等分の花嫁』119話:五つ星ツアー 二乃にも認められ(?)、残すイベントはフータローと四葉がくっ付くことのみなのでしたが1...
『五等分の花嫁』118話:五月の思い出 二乃と四葉のわだかまりが解消される裏で、天下取りに乗り遅れた伊達政宗系ヒロイン・五月も...

121話:五分の一の確率

5年後の5つ子

五年後

5年後の5人は以下のようになってます。

5年後の5つ子

・一花、有名女優

・二乃、カフェ運営

・三玖、カフェ運営

・四葉、お嫁さん(ニートか?)

・五月、教師

みんな夢を見つけて叶えてますね。三玖ちゃんと二乃はカフェをやっております。料理の道に行きたかった三玖ちゃんとケーキ屋さんになりたかった二乃ですので、協力してカフェを運営するってのは納得できる。

春場ねぎ先生は近代ラブコメを研究しただけあって、エピローグの5年後でも「ファー!?」案件を描かず上手いなーって思いました。ずばり敗戦処理の仕方です。

最もアレなのはやっぱ、敗北ヒロインが他の男とくっ付いたとかですからね。この手の美少女わんさかハーレムは「主人公=自分の分身」なんですよ。5つ子みんな俺のものぐらいの勢いで読んでるので、どっかの野郎とくっ付いてたら「えー!」ってなるものです。

つまり、何が言いたいのかといえばですね。

三玖ちゃんと二乃が結婚すればいいと思いまーす!

三玖ちゃんが顔を出した

もう少しだけ私たちの力だけでやってみたい

大女優となった一花さんが閑古鳥鳴ってる店を宣伝してあげようかって提案。それを断り自分たちの力でやっていきたいと言った三玖ちゃんの成長っぷりがグッときました。

三玖ちゃんに足りなかったのは「自信」ですしおすし。

<関連記事>

『五等分の花嫁』第84話:シスターズウォー 七回戦 いい最終回だったなぁ…(感動)。 2週間ぶりの『五等分の花嫁...
『五等分の花嫁』75話:五羽鶴の恩返し 成長した未来の三玖ちゃんは前髪で顔を隠さない。68話の写真でも前髪を隠していませんでし...

これは『五等分の花嫁』物語でも一つのテーマでした。残念ながら、三玖ちゃんは花嫁ではなかった。しかしフータローに恋したことで自信を持てる子になったのです。それが顕著に現れた5年後でしたね。

ここで気になるのは三玖ちゃんの前髪だよね。

今までは顔を前髪で隠していたのは自信無さからのものでしょう。

5年後の三玖ちゃんはきちんと前髪をあげて顔を隠していません。卒業式の扉絵ではまだ前髪で顔を隠してただけに、いつ顔を出すようになったのだろうか。描かれることは無いだろうけど私気になります!

「風太郎」呼びになってる四葉

風太郎は昨日から来てるよ

けっこうキンクリされた印象あるけど、四葉の呼び方を変える(戻すとも言える)シーンは描写が欲しかったというのが正直な感想なり。

もともと京都で出会って「風太郎くん」と呼んでたわけじゃん。それが他の姉妹がフータロー好きだと察して「上杉さん」呼びになったって経緯がありました。

だから、付き合うようになって「風太郎くん」呼びに戻すシーンは約束された勝利の名シーンになったであろうだけにね。そこ飛ばすのかよと。今は「風太郎」って呼び捨てになってるのも含めてそこ見たい!感がありますね。

90話

<関連記事>

『五等分の花嫁』第90話:私とある男子② 「うわっ、やっぱり風太郎君だ!」 四葉視点で小学生時代の修学旅行、中学...

正ヒロイン四葉ルートの顛末としては「風太郎君」呼びをすることが「めでたしめでたし」だと見てたんだけどなー。

ピアス

14話

よく考えたら焦る必要はなかったわ。おあずけね。…遅くとも、花嫁衣装を着るまでにあけられればいいわ

14話で二乃が含みを持たせたピアスを開けるのは花嫁衣装を着る前って発言。

ちょくちょく挟まる未来結婚式シーンでは花嫁のピアスが意味深にアップされて描かれていました。二乃派が最も盛り上がった時期である。この辺も四葉がピアス開けることで回収かなあ。

ニノの結婚するときにピアス~っていう描写要らんかったよな
ニノが四葉を祝福してあけるってんなら意味あった

コメントより

うむ。意味あったな!

ちなみにピアスは零奈さんの形見でもあったそうです。

祝い酒

68話

それに酒は苦手だ

特別な日だけど決めてる

「スクランブルエッグ」で上杉父に酒を進められるも断ったマルオ。

特別な日にだけ飲むと言っておりました。

これは結婚式で飲む前フリだろう!とミエミエだったかもしれませんが…。

結婚式当日、見事にワインを飲むマルオで回収かな。

そうだ。だから飲んでる

胸が熱くなるな。

またフータローから「お父さん」と呼ばれれば、お前に呼ばれる筋合いはないと塩対応したあとに四葉が幸せってやり取りを得て「慣れてないんだ。父と呼ばれるこちにはね」と父と呼ばれることを認めてるのがなかなかどうして。良かった。

五つ子ゲームファイナル

第121話 五分の一の確率

最終回サブタイへのマキエサ十分である。

「五分の一の確率」から次回の最終回サブタイ「五等分の花嫁」まで見えるな。

結婚式で最期の「五つ子ゲーム」をすることになるのでした。まあ、花嫁衣装が多かったり、式場に姉妹がいなかったり、指輪交換をしていないことから予想できる展開でもありました。愛さえあれば見分けられるわけですので、ビシッとフータローは決めるのでしょう。

<関連記事>

『五等分の花嫁』115話:五通りの朝 天下分け目の関ヶ原であった学園祭が終了しました。 あとは完結へ向けてのまとめでしょ...
『五等分の花嫁』118話:五月の思い出 二乃と四葉のわだかまりが解消される裏で、天下取りに乗り遅れた伊達政宗系ヒロイン・五月も...

てかこの展開、完全に単行本12~13巻の表紙だよね。

五等分の花嫁(12) (週刊少年マガジンコミックス) 五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

指輪を花嫁へ渡す流れよ。

思い返せば『五等分の花嫁』は「京都の子は誰だ?」とか「花嫁は誰だ?」といった、ラブコメとしてだけでなく推理漫画の犯人当てのような面白さがギュッギュッと詰まってましたからね。

そういう意味では最終回直前のエピソードとして、これぞこの漫画の面白さって話だったのではないでしょうか。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    元々卒業させるのが目的だったのに卒業式を省くとは思いませんでした

    • 匿名 より:

      何でここまで急いだんだろ?あと1巻分ぐらいあれば卒業式、四葉の敬語解除、風太郎呼びになる過程ぐらいぐらい描けたのに

      • 匿名 より:

        まぁエンドヒロイン決まったラブコメはジェットコースターみたいなもんだけどキンクリし過ぎだな。

  2. 匿名 より:

    楽「その結婚待ったあああああああああ」

  3. 匿名 より:

    なんていうかニセコイの時は本音で記事書いてて小野寺のだけじゃなく万里花の話もしっかり批判してて上手くネタ化もできててヤマカムに好感持ってたんだけどな。
    五等分のは建て前全開で感想書いてる感じが漂っていてすげーモヤモヤする。

    • 匿名 より:

      ワイもそんな感じがある
      決して忖度してるわけでは無いだろうが
      不満や不足は有ってもラブコメの最適解を出し続けているので文句は言えないって感じがする

      • 匿名 より:

        なんだかんだ三玖エンドだったら大絶賛してると思う
        推しが負けてしまったという喪失感以外に不満はあんまないんじゃないかな?
        ラブコメとして巧みで最適解出してるだけに推しが案の定勝てなかったところあるから
        なげやりと本気の中間みたいな賞賛になってるのかと思った

    • 匿名 より:

      同感
      とりあえず褒めとかなきゃ! 感がすごい

    • 匿名 より:

      感情での批判は出来るが論理立てての批判は出来ない、そんなジレンマなんだろうなぁ
      感情任せだとそれは単なる負けヒロイン信者の負け犬の遠吠えでしかない
      呼び方変更イベントカットに対してはチクチク刺してるし

      ところで、ヤマカム氏初勝利のカウントダウンがなされてる某作品の方は触らないのかな?こっちも楽しみにしてるんですが

      • 匿名 より:

        特に風太郎が何もやらなかった夢探しとかも
        風太郎が五人の夢を見つけてあげたとか擁護してたし
        批判したいけどできないって感じではないかな
        むしろ擁護前提で書いてる感じ

  4. 匿名 より:

    やっぱ後一巻は欲しいな
    四葉と五月イベントは付き合ったあとも見たかった
    今週はマルオのところはいいシーンだった

    花嫁姉妹はぱっと見た感じだと14235かな?
    直感オンリーだが、それだけに果たして自分に愛があるのかどうか

  5. 匿名 より:

    本音でいうとニセコイの方がまともに思えるくらい
    頭やべー展開だと思うけどな

    死体蹴り云々を度外視しても
    姉妹が結婚式を欠席して5つ子ゲームを優先させるとか正気か?
    そんなの卒業式とかでやれよ。

  6. 匿名 より:

    結局最後まで二乃の夢はテキトーな扱いのままだったな
    一花の女優、三玖の料理、五月の先生はエピソードいくつもまじえながら
    丁寧に過程やら努力やらなにやら描写されたけど
    二乃は一言二言言われておしまい。
    とりあえず三玖のおまけでついていかせたって感じ。

  7. 匿名 より:

    好みの問題だと思うけど、
    選ばれなかった子が別の男と結婚していて、
    もっといい男を見付けたから振られたのは悔しくないと言ってくれる方が
    読んでいて気が楽になります。

    • 匿名 より:

      個人的には噛ませヒロインと噛ませ男が共闘してる内にいつの間にかくっつくパターンが好きなんだが、これ嫌う人も多いんだよなぁ
      最悪なのは高橋留美子が多用する、後半になって相手役用キャラぽっと出させてくっつけるパターンだ
      そう考えると「下手に触らない」ってのがベターなのかもなぁ

      • 匿名 より:

        作品によるかな
        個人的には五等分の場合は
        読者が知らない他の男見つけて結婚してる(あるいはこれからする)ニセコイパターンのほうが良かったと思う

  8. 匿名 より:

    マガジンのニセコイってこれから言われそう
    あと作画デブすぎませんか?
    作者疲れたのかな

  9. 匿名 より:

    風太郎くん呼び解禁は欲しかったですよね!!
    でも風太郎くん呼びは過去の象徴でもあるので、上杉さんから風太郎になるのもまあ現在から未来へと考えると納得なのかな、と。

    嘘でーーーーす!!!!
    そんな漫画的文法の美しさもわかるけど!!!
    ただひたすらイチャイチャを見たかったんや!!!
    風太郎くん呼びしてあたふたする二人を見て砂糖を吐きたかったんや!!!!!