『五等分の花嫁』学園祭3日目終了「よぉ、待たせたな」は教室に入ったフータローでない説

シェアする

おすすめ記事

<お勧め記事>

仕事がイヤになったり人間関係がアレだったり給料が安いなどで転職を考えることは誰しもが通る道でしょう。

よく「他…

転職活動において「MIIDAS(ミイダス)」 はとても便利です。

200万人の年収データから、自分の市場価値を見出すことができます。

2019年9月に読んだ漫画を振り返っておきます。

<関連記事>

2019年9月の漫画

ゆこさえ…

これから三玖ちゃん派に絶望的な戦況を述べる。

まず、109話に寄せられたコメントを見てほしい。

放送の後教室に入ってきたの、四葉じゃないですかね?
上履きのコマにちょっとだけ黒靴下見えてますし。
3日目の風太郎の靴下は白なので違うかなあと。

コメントより

三玖も靴下黒だし位置的にも廊下にいる三玖じゃ無いかな

コメントより

!?

靴下の色?その着眼点は無かった!

みんなよく見てるなあ…。

100話のフータローが「よお、待たせたな」の考え方の全てをひっくり返すことになってしまったのではないでしょうか。この学園祭は四葉の戦況がスゴイことになったと言わざるを得ません。

<関連記事>

『五等分の花嫁』第109話:最後の祭りが五月の場合① これまでの「最後の祭りが○○の場合」シリーズを読んだ感想として、三玖ちゃ...
『五等分の花嫁』第108話:最後の祭りが四葉の場合② 四葉は竹林に会ってすぐ倒れてしまったのかと思いきや、倒れる前に少し会話を...
『五等分の花嫁』第107話:最後の祭りが四葉の場合① 実質、三玖ちゃん大勝利が決まったわけですが(自分の中で)、そうは言っても...

強すぎるんですよ!四葉は!

学園祭3日目の「よぉ、待たせたな」

100話

<関連記事>

『五等分の花嫁』第100話:日の出祭 二日目 祝!『五等分の花嫁』連載100回! へー、もう連載100回なんだ。実にめで...

100話で「これにて旭高校学園祭後夜祭全てのスケジュールを終了とします」の校内放送は学園祭3日目の終わり。フータローが結論出して「よぉ、待たせたな」と述べるシーンあったじゃないですか。

これ普通に読むと、フータローが教室に入ったように読むよね。

教室(周辺)にいるのは一花さん、二乃、三玖ちゃん、五月の4人です。

学園祭3日目にフータローが五つ子を教室に呼び出して、そこへフータローが来たって誰もが思うものでしょう。私も素直にそう解釈したんですけど、コメントであった教室に入って来た人の靴下が黒いってのはちょっと「ん?」となる。

もちろん、影とかで黒く見えるだけな可能性も排除できんけどね。本当に教室に入ってきた足元の人物は黒い靴下だったとしたら完全に100話のラストはミスリードになってしまうんだってばよ。

だってさ!

フータローは学園祭3日目の靴下は白色だったからね。

フー君は白色の靴下

黒い靴下といえるのは三玖ちゃんと四葉の2人です。

100話で教室に入って来た足元の人物はフータロではない!?

誰かといえば…。

もう三玖ちゃん以外考えられないんですががががが…。

学園祭お終いを廊下で迎えた三玖ちゃん?

ここで廊下にいた三玖ちゃん

三玖ちゃんといえば常に黒パンスト装備で、僕らの心を熱くさせてくれたもん。

学園祭3日目で屋上でホールド決めてキスした時も黒足だったのはご存知の通りです。

<関連記事>

『五等分の花嫁』第106話:最後の祭りが三玖の場合② だ、駄目だ…まだ笑うな。こらえるんだ。しかし…これは…。 えー、先...

ここまでの上履きの形状も黒い部分など一切ないんだよなあ。

つまり100話のガラって教室に入ってくる足元の人物は廊下にいた三玖ちゃんの線が濃厚という。なんとも言い難いが、客観的な状況証拠になってるのが現状です。はい。

ガラ

教師に入って来たのフータローはミスリードで廊下にいた三玖ちゃん説である。

あくまでも、このシーンの靴下が黒だったことが前提ですが…。

四葉が未来花嫁レースで一気にトップに立ってしまったのは以前に述べた通りです。

<関連記事>

『五等分の花嫁』第108話:最後の祭りが四葉の場合② 四葉は竹林に会ってすぐ倒れてしまったのかと思いきや、倒れる前に少し会話を...

本当に靴下の色で教室入って来たのが三玖ちゃんだったとしたら、フータローが「よぉ、待たせたな」と言ったのは教室の日の光でない?

私は3日目に教室に呼び出されてないのが四葉だけだと思ったけど、逆なのかもしれん。呼び出したのはキャンプファイヤーの四葉だけで、後の4人は待ちぼうけ滑り台ヒロインの可能性が微レ存。

春場ねぎ先生は流行りのラブコメ作品を研修したと散々述べている。ならば既視感があってしかるべきなのかもしれんな。わい、この展開知ってるわ!『冴えない彼女の育て方』だ!

「来ないわね…」「…うん」

ま、まさか三玖ちゃんてば人気取るためだけ用の撒き餌ヒロインで、実質すべり台直行の英梨々や詩羽先輩ってことはないよね?ふええ〜ん!

フータローは教室に向かってもいない。

来ないなんてオチはつかないですよね?

100話のフータローはキャンプファイヤーへ向かってる?

この選択は、あるいはこの選択をすることは正しかったのだろうか。

そんなことを考えるには三日間はあまりに短すぎた。

それでも―

「よぉ、待たせたな」

これが読者を欺くミスリードで、一花&二乃&三玖&五月のいる教室へ入ったのでなかったならさ。「よぉ、待たせたな」ってのは校庭のキャンプファイヤーにいる四葉にかけた言葉というウルトラQがあるかもしれん。

光が当たってるフータローは教室に入った光でない?

なんとも言えんが。

キャンプファイヤー…。

未来の花嫁…。

うっ、頭が…!

林間学校のキャンプファイヤー伝説

最終日に行われるキャンプファイヤーのダンス

そのフィナーレの瞬間に踊ってたペアは生涯を添い遂げる縁で結ばれるというのです

林間学校伝説である!

しかしながら、フータローは倒れてしまって誰とも踊っていません。

五姉妹全員と手を繋いではいたが、かの伝説とはまったく違う。踊ってないもんね!フィナーレの瞬間に踊ってはいない。ならばキャンプファイヤー伝説は不発なのか?それとも?

林間学校では倒れちゃって5人と手を握っただけで終わった。なんかいつの間にか踊ることよりも手を結んでたことが重要っぽくなってたけどさ。意味深すぎたんだ。わい、三玖ちゃん派!背筋が凍ってるなり。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ねぎ先生は休載とか全然せずに連載して疲れてるからか服のミスが多い。リボンが突然生えたりズボンがスカートになったりする。だから服は伏線としては見れないな。

    • 匿名 より:

      画像に上がってるキスシーンなんかまさに風太郎の服装間違ってるしなw

      誰を選ぶにしても返事求めた三玖含めた他四人を行く気の無い教室に隔離放置して二人きりの状況作って告白なんて外道な真似しないとは思うが。

    • 匿名 より:

      マガジンじゃなくてジャンプなら一部例外な大先生以外は休載とか全然せずに連載するのがデフォなのにな…

  2. 匿名 より:

    一人だけ失恋で外だし四葉脱落だと思ってたがドア開けたのは風太郎じゃないとかそういう見方があったのか…
    マジだったら凄いな、普通に風太郎が部屋に入って校内にいた4人の誰かが選ばれるのかと思った
    じゃあよお待たせたなの台詞が学校のコマにあるのはこれ引っ掛けだったのか!?風太郎は学校内にいるとばかり思ってたが…

  3. 匿名 より:

    >最終日に行われるキャンプファイヤーのダンス
    >そのフィナーレの瞬間に踊ってたペアは生涯を添い遂げる縁で結ばれるというのです
    >しかしながら、フータローは倒れてしまって誰とも踊っていません。

    ファッ!?これマジ…?
    文化祭最終日にキャンプファイヤーみたいなのあったよな…
    こんなん聞くと伏線として見事すぎて回収しないとかあるの?って感じなんだが…

  4. 匿名 より:

    もし風太郎が外にいて、外の四葉に声をかけたとしたら、あのドアをあけるシーンはまったくのミスリードのための描写だったということになる。本当に四葉エンドとしたら、それはあまりにも表現として姑息だし、ドアを開けたのが三玖ちゃんだったとしたら、ひどい役回りをさせたものです。ちょっと残念な気分。

  5. 匿名 より:

    二人が実行委員なのと初日の火事の件をお忘れですか?せめて後夜祭の火の消火は完璧にしてから行くでしょう。終わってから教室に二人が行くのは数十分かかるはず。

  6. 匿名 より:

    後夜祭の終了と共に待たせたなと言ってるのでキャンプファイヤーを今から踊るって事は無いと思います

    むしろこの時点で校舎に居るということは四葉との踊りを切り上げてるのでそこまで四葉に有利なものじゃない

  7. 匿名 より:

    靴下の色関係なく廊下側の光が風太郎に当たってる時点で風太郎が教室に居ることは判断できる

    • 匿名 より:

      確かに
      廊下にいたとしたらこの光の当たり方変だよな

      • 匿名 より:

        そうですかね?

        床の柄では足があるのは廊下側(暗い)、ないのは教室(明るい)で風太郎の背景は暗くて正面側から光が当たってる。

        私は特におかしく無いと思います。

        この足が風太郎でない可能性はなくはないですが、『待たせたな』って言ってるので、風太郎が誰かを待待っている明るいところに到着した場面なのは間違いないかと思います。

        そして直前のコマが廊下である事から見てもそれはおそらく室内だと考えられます。

        つまり、四葉のところではないという事。

        他の4人は全員バラバラにいるの可能性もありますが、一人づつに伝えに行くなら全員に話すのと変わらないですし、初日に全員集めた事を考えるとまた同じなのでは私は考えてます。

        廊下にいるっぽい三玖も風太郎が来る教室のすぐ外の廊下にいれば気づきますし、ベランダにいた一花も同様ですね。

        まさか全員待たせて一人にしか会いに行かないって事はないと思いますしね。

        そこにいない四葉理由は呼ばれていないなんて事はないでしょうから、本人の意志で行かなかったのでしょう。

        私だけかもしれませんがニ乃や三玖の顔がどことなく浮かない顔をしているように見えるのは、風太郎を待ってる不安もあると思いますが、来ない四葉を心配してるのかもしれませんね。
        三玖は「私の方が上杉さんの事……」を聞いてるので、余計に気にかけてそれで廊下に出たのかも、なんて事を考えられます。

        この展開が四葉にとっていいのか悪いのか、意見が分かれそうですが、私は前者だと考えてます。

        ほぼ妄想ですが、風太郎は四葉を意識しているが、すでに吹っ切れた四葉に振られるのではと予想してます。

        もしかしたらキャンプファイヤーで告白済みで、4人のところに来たのはその後なので、四葉はいないのかも、とも考えてます。

        • 匿名 より:

          足がある方が暗く見えるならもう何も言えない…

          • 匿名 より:

            暗さというより、床の柄ですね。
            教室内も影ができたりして場所によって明るさは違うでしょうから。

            ただ過去に写ってるそれぞれの床を見るろ廊下は無地で教室はフローリングっぽい柄ですよね。

            足がある方が無地なので、廊下から教室の扉を開けたんだろう

            この足が風太郎じゃないって可能性もありますけどね

  8. 匿名 より:

    100話の最後から1ページ前の
    この選択は……のコマ割り
    左上の口元アップから一花
    右中にマルオの影がニ乃
    ってジグザグに見ていくと
    無堂の影の五月のコマの次が

    キャンプファイヤー
    学校の廊下

    って順番になる。

    だから、教室に入るのが風太郎かは
    ともかく、「よぉ、待たせたな」の前に
    キャンプファイヤー話があるのは
    ほぼ間違いないかと。

    これが勝ちイベントなのか
    脱落決定になるかはわからないけど。

    可能性が高いのは、扉絵の四葉か
    キャンプファイヤーの話題に触れた一花かな。

    キンタローと踊れなかった二乃も
    ワンチャンなくはないかも知れないけど
    踊れなかったのは一花も同じだしね。

    風太郎の顔の跡の回収もあるし
    一花だったら、面白いなぁと思うけど
    ここは素直に四葉なのかな。

  9. 匿名 より:

    そもそも五つ子を呼んだのか
    告白ではなく別の話の可能性
    既に告白は終わってるとか

    考え過ぎてバカになりそうだ

  10. 匿名 より:

    せっかく何でやまかむさんが安心するような話を…

    結婚式で控え室の姉妹達はゴーンの鐘の音で誓いのキスだと判断、キス中もゴーンの鐘の音がなっている、花嫁が初めてじゃ無いでしょと言った時は鐘の音はからーんそしてベールも被ってないのでこの会話はキスの後
    初めてじゃ無いでしょは五つ子ゲームの話
    風太郎の緊張をほぐせるのは最終的に見分けられた三玖のみ

    • 匿名 より:

      素晴らしい着眼点。あのセリフはキスの後だったとは、思いもしませんでした。希望が見えて来ましたね。でも、風太郎の緊張をほぐせるのはなぜ三玖ちゃんだけになるのでしょう。家族旅行で見分けることができたから?。鐘キスが一花や四葉だったとしたら、彼女らでも緊張をほぐすことはできそうだけど・・。

      • 匿名 より:

        花嫁が五つ子ゲームの緊張をほぐす意味で言葉をかけるとしたら見分けた瞬間を思い出して欲しいと言う事になるからですね
        “あの日”に該当しうる家族旅行の3日間でキス子を含めて見分けられた三玖だけなので…
        (四葉は最終的には見分けられてない)

    • 匿名 より:

      それを言うと一花とキスする前、寝ている一花を見ている時の風太郎の頭の中でなってる鐘の音(?)もカラーンだけどね。

      だいたい知り合って5年以上も経ってるし
      5姉妹とも今よりもっと打ち解けてるでしょ。

      三玖のみっていうのは、ただの願望。
      それではヤマカムさんは安心できないw

      • 匿名 より:

        今してるのは結婚式での描写なのであまり現在の事は関係ないですね…
        それに今の作画ミスの多さを考えると昔の描写の方が信ぴょう性がある

        • 匿名 より:

          現在と結婚式を行ったり来たりしてる話だからなぁ。それが繋がらないならこの作品全体通してなんなのってなるよ。

          それに信憑性って…w
          確かに作画ミス多いのは気になるけど流石に信じようよ。
          それともヤマカムさん、最近の話は当てにならないから信じるなって励ますんかいww

      • 匿名 より:

        これ四葉じゃなかったとしても三玖の可能性は見た感じかなり低いから
        諦めはしなくとも今から覚悟はしてた方がいいと思うけどね…
        どれだけ都合の良い妄想で安心しても結果は変わらないんだし
        受け入れる準備をしてた方がまさかの三玖エンドになったときも喜びが増すし、ならなくてもいくらか受け入れやすいだろう
        変に妄想キメてると理想と違った展開になった時どんな展開だろうと難癖つけるアンチに転向してキャラや作品叩きまくる人になりそうだからこえーわ
        ヤマカムはその点推し応援しつつも状況は冷静に見ようとしてるからそのままでいて欲しい
        どうせ三玖エンドになる時はなるし、ならない時はならないからな

  11. 匿名 より:

    五月の可能性を考慮して、まだ花嫁決定とはならないと思うんだけど(五月は父親とか夢とかの問題が解決しないとヒロインになれなそうだから)
    文化祭中に五月の問題を解決するのは無理そうだし
    すでに解決してる線も、今回で消えたし

    • 匿名 より:

      たしかに花嫁決定はしなそうだけど、実父話は次回で収束しそう。他の姉妹にまで広げても長くなるし読者的にも邪魔だし。あと教師になるって夢も次回再確認するんじゃないかな。

      それで文化祭後、受験に向けて五月の出番が増えそうだね。ここは絶対五月が中心となるはず。

      五月が相棒ポジションになるのか花嫁になるのか次回が重要な分岐点になりそう。
      楽しみだ。

      • 匿名 より:

        五月のメインエピソードは気になるけど
        修学旅行とか夏休みとか絶対来ると思ってたのにイマイチだったから少し不安ですね
        本人の母親との繋がりと四葉との零奈の関係があるので本筋の重要エピに絡める本命なのですが

  12. 匿名 より:

    林間学校の結びの伝説って二乃と四葉で言ってること違うし、旅館で四葉が言おうとした詳細も二乃に遮られたから、どれが正確なものか分からないんじゃなかったっけ?

  13. 匿名 より:

    花嫁(メインヒロイン)としての成長を全く描かれていない四葉だけはないでしょ。
    文化祭3日目にようやく前を向いて進んでいく決意をしたキャラが選ばれたら
    これまでの他のヒロインの積み重ねと成長はなんだったのと言いたくなるよ。

    • 匿名 より:

      同意します。物語も終盤で今更感が強いですよね。四葉はそれだけ過去にとらわれ苦しんでいたともとれるけど。悪意を持った見方をすれば、四葉は先生や周りの忠告を無視して得意なスポーツばかりして勝手に落第しただけなんですよね。みんなに迷惑をかけたのもあり、反省し今はほかの姉妹のために生きる決心はしているものの、いつまたそういった勝手な面が出てくるかわからないかも。でも、同情するとしたら、やはり母親を早く亡くしたことでしょうね、もし母親が生きていたら四葉もあんな行動は取らなかったでしょうね。心が五つ子のなかで一番繊細だったのかもしれない。

      個人的な意見として、四葉は風太郎の将来の伴侶としてふさわしくないような気がする。風太郎に遠慮せず素直に物申すことのできる一花、二乃、三玖あたりがお似合いだと思う。五月もいいとは思うけど意見の衝突が多そう。

      • 匿名 より:

        三玖推しだけど、こういう事平気で書き込むやつ本当に気持ち悪い。

        好き嫌いはあるだろうから誰かを推したり、◯◯は違うと思うって意見するのは健全なだと思うけど、偉そうに気にくわない理由を長々と書き込んで、ふさわしくないとかお似合いって一体何様。そんなの知らないし誰も興味ない。

        五人一気には描けないから出番前後あるのは当たり前。出番が先の人がいれば後の人がいるに決まってる。

        それに成長してないとか、単に読解力がないかだけか、話の展開が好みじゃないだけ。
        なんか最近四葉が優位になってきたせいか(俺はそうは思ってないけど)反論出来ない四葉推し以外が苦し紛れにこういう事言い始めてきた気がする。

        ほんとただただ不快。

        • 匿名 より:

          まともな人もいるのは分かりますがやはり声が大きくて最近の三玖推しの印象は悪いですね…(よく姑息にも12を入れてたりしますが、見ていて3しか目に入っていないのは伝わってしまいます)
          特に作中の三玖が恨みっこ無しのタイプに見えるのでこういうのは余計に醜く感じます
          何を喚こうがそれで展開が変わるわけでもないのに、他姉妹のネガキャンするより推しの良い所語った方が余程健全でしょうに…
          それに完全に花嫁が決まったわけでもないのに、もう勝手に応援するの諦めてディスに回るって、一体どういう神経しているのでしょうか
          正直なところ理解に苦しみますね
          これで推しが勝利した時には、図々しくも大喜びして気持ち良く勝利を飾る為に他姉妹の健闘称えたりするんでしょうね…はぁ…

    • 匿名 より:

      いや、四葉に積み重ねはあるぞ。今まで見えてなかっただけで誰かの役にたとうすることは間違いじゃないし、そんな彼女に助けられた人たちも彼女の助けになりたいのだと知った。そしてその中には風太郎も含まれている。

      精神的な成長をしてから成果を積み重ねるのではなく、成果を積み重ねてから後ろを振り返り今までして来たことの結果を理解する。成長するのが後か先かの違いでしかない。

      ただ四葉は花嫁になるにしろならないにしろ、結果を知る前に逃げるような真似はして欲しくないわ。四葉の考えと風太郎の気持ちは別だし。フラれるにしろフルにしろ、ちゃんと風太郎に向き合った上じゃないと。

      • 匿名 より:

        なるほど、確かにそう言われれば成長していますね、文化祭では今まで四葉にお世話になった人たちが代わりに代役をこなしたし、国語はすぐれているから、他の姉妹にも教えたりしていたし。5姉妹みんな成長してたんですねえ。風太郎が誰を選ぶのか、楽しみです。四葉だけが教室にいないところが1番の気がかり。浅い考えしかできない私はやっぱり四葉か、と思ってしまいます。

      • 匿名 より:

        四葉はいわゆる、スラムダンクで言う三井のようなポジションですよね
        本人は過去をずっと後悔していて、一歩も前に進めていなかったし向き合っても来なかったと思っているけど
        決してそんな事はないっていうキャラなんだろうなって思いました

        確か風太郎もそういう旨の台詞を最初の頃に言っていますし、文化祭でも世話になった一人だと伝えていますしね
        最初は四葉の今までは極端から極端に振れただけで全て間違っていて、ここから変わるのかとも思われましたが
        学校の人たちも四葉の行動で救われて助けにきてくれましたし、
        動機や心情がどうであれ、やってきた善行は無駄にならない、確かに積み重ねていたものがあり、やらない善よりもやる偽善という展開に持っていく流れになっているように感じました

  14. 匿名 より:

    すべり台とかいう表現本当に気色悪いし何も分かってない奴が知った風な口きくなって話
    他作品を引き合いに出すならちゃんと理解してから語れよアホが

  15. 匿名 より:

    偶然にも四葉は風太郎の人生と家庭教師に一度捨てた学校の人間関係繋いでくれた人だから勝ち目はあるよ
    中盤まで四葉が見せた鶴の折り紙は鶴の恩返しのネタ伝えたかったのかも
    元ネタ通りだと最後に報われないとも取れるが

  16. 匿名 より:

    影だったら他の姉妹の可能性含めてどうしようもないので、三玖だったとしたらを勝手に妄想してみたんですが…
    上履きのコマ
    風太郎の回答を聞きたいけど聞きたくなくて時間に遅れて入ってくる三玖
    風太郎の顔のコマ
    遅れてきた三玖を教室内で待っていた
    コマに無いシーン
    全員(四葉以外)揃ったな、みんなに伝えたいことがある。四葉が好きだ、みんなとは付き合えない。と告げた。
    待たせたなのコマ
    他の姉妹に決着をつけ、キャンプファイヤーで待つ四葉のもとへ

    これが流れ的にスムーズに見えてしまうんですが、どうですか?

    • 匿名 より:

      待たせたなってシーンの後に
      四葉、いやレナ!
      って続いて風太郎が過去のことを思い出してる流れだったらエモい。
      その後付き合うかダメかはどっちにもストーリー作れるけど。笑

    • 匿名 より:

      三玖が教室に入るシーンでもうキャンプファイヤー終わってるんですけど笑

  17. 匿名 より:

    三玖の髪型とか、フータローの服とか、読み込んでる読者ならすぐに気づいて指摘できる作画ミスは確かにたまにありますけど
    この黒靴下?の上履きは仮に作画ミスだとしても、読者に「これは作画ミスだ」と確信できる根拠がなにもないので
    とりあえず12巻で修正されてない限り、今はそのまま黒靴下か黒タイツだと受け取っていいと思います。

  18. 匿名 より:

    確かにそうだ。
    作画ミスだ!なんてただこの考察を無視した願望でしかない
    これがみくなら四葉と踊ってる可能性は高いね

  19. 匿名 より:

    文化祭で三玖に有力な材料はちょっと思いつかないけど
    でも他の子と比べると今までのストーリーではかなり有力な材料があった子でしょうし
    前半凄いか後半凄いかみたいな違いなんじゃないですかね?いい勝負なんじゃ?
    ここで三玖が花嫁になっても別に致命的な矛盾とかないですし、ポーズとかあのシーンはそういうことかみたいな花嫁要素はあった筈
    5人中4人はどうしても負けてしまうんだし、撒き餌ヒロインなんて言われると将来の花嫁以外の4人ディスられてるみたいで悲しいですね…

    主人公の心理描写とかもあり、この子以外花嫁はありえないと客観的に言えている流れでひっくり返されるなら気持ちも分かりますが
    現状は主人公の気持ちも不明で誰にも確定材料は無く、誰が花嫁になっても納得はできる所あると思います(恋心のない五月も、相棒としての見せ場はあったのでここからのエピソード次第で十分間に合いそうですし)

  20. 匿名 より:

    三玖推しですが、個人的にはちょっと物足りなかった、というより三玖の見せ場って今まで結構インパクト強かったので、慣れてしまったのかなぁ。勝手に期待しすぎたかも知れないです。
    キスこそ大胆でしたけど、ストーリーは正直一番弱かったかなぁ思ってしまいました。
    順番がちょうど真ん中で、前の二人の展開から、どうせ屋上でキスするんだろとか想定できてしまったのもあると思うけど、後の四葉にいい意味で全部持ってかれた感じはあります。
    今回だけで言うと、やはり一人だけ完全に頭一つ抜けてる感じ。ああ、今回は絶対この話が一番描きたかったんだなって感じました。
    でも、スクランの時は三玖がそれだったし、今回はそれが四葉だっただけで、五月もまだどうなるかわからないので、四葉が花嫁決定とは思わないけど、終わりが近くなってきたこの時期にこんな話持ってこられて、しかもまだまだ底が見えないし、三玖の残りの持ち玉と比べると……正直ヤマカムさんが冷や汗かくのもわかるよ。

  21. 匿名 より:

    林間学校の件と言えば…
    四葉の場合①で四葉が病院のベッドで目を覚ましたシーンをみてください。
    不自然に左手だけ布団から出てるんですよ。
    これ…林間学校で左手を姉妹に握られてた風太郎と同じ状況ですよね。
    つまり四葉の意識がない間、誰かに…風太郎に手を握られていたのでは…?

    最後の「待たせたな」は教室だと思います。
    風太郎が姉妹をほったらかしはしなそうなので。
    キャンプファイアで四葉に告白 → 逃げられる(振られる) → 風太郎、振られたことと誰とも付き合えないことを姉妹に教室で告白 → 五月と一花から京子の件(四葉の本当の気持ちと負い目)を知らされる → 風太郎、四葉を探しにいく → ブランコで発見
    ではないかな?と予想してます。

    • 匿名 より:

      素晴らしい推察。そうなりそうな気がして来ました。実現したら感動的なシーンになりそうですね。三玖ちゃん派でしたが、やっぱり叶わないのかな。誰推しでも選ばれた人を祝福したいと思います。

      • 匿名 より:

        誰になっても祝福できるのは立派だな
        他ルートを認めつつも試合終了まで諦めず推しの一番感動できるルートを探していけるといいね
        三玖派ならどういう流れの三玖エンドが最も面白くて感動できる名作になれるかを考えていこう

    • 匿名 より:

      何でブランコいくの
      四葉にとって姉妹って邪魔者なの?
      素直に姉妹を祝福できないから花嫁にして解決って酷い展開だよ

  22. 匿名 より:

    過去回を見返してて思ったんだが、御守の中に入ってたのは五月、らいはと撮ったプリクラでは無かろうか。

  23. 匿名 より:

    三玖回が弱い?ことについてですが

    ストーリーありきではなく結果ありのお話と理解してます
    結果はもちろん鐘キス再現であり
    そこまで進めるために強引に話を進めたように思えます。
    あの体勢での事故ではないキスをさせるために相当考えたはず(しかも屋上)
    何故なのか?おのずと答えは出てくるはずです

    客観的に見て四葉以上の強さだと思いますがどうだろう 個人的には5姉妹ともに幸せになって欲しいですが

    • 匿名 より:

      鐘キス再現って体勢が似てるからってだけなんですよね。むしろ推しならそこに希望を抱くかなって狙いでしたんだろうなって思ってしまいました。最初私もそれを考えましたが体制似てるから同じ人なの?って話ですしね。ニ乃の時も風太郎が足滑らせたりしてますし、それだって再現といえば再現ですしね。

      あくまで個人的な感想ですが、今までの4人の中で一番キスするまでの話が蛇足に見えてノルマキス的に見えてしまったのです。
      文化祭前に水族館デートで告白めいたものもしてしまってますし、この文化祭話だけでいうと正直花嫁になるヒロインのそれではないかなと思いました。

      でも、貴方は信じていてほしいと思いますし、私も三玖だったらなと思ってますよ。

      三玖のように好きになったもの信じていて下さい。もしかしたらこの流れも読者に対してのメッセージなのかもしれないですしね!