スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』第140話:普通のロマンティック 今年のクリスマスちょっと特別…でくなても!

シェアする

『かぐや様は告らせたい』第140話

普通のロマンティック

好きな人には自分の弱い部分も全部見せて欲しいと思うかぐや様と絶対に見せたくない白銀のクリスマスイブ。適当に選んでしまったプレゼントを見せたくない白銀とどうしても見たいかぐや様。「完璧がいい」と「普通でいい」。面白い対立構造というか噛み合わない2人でしたが、最高の結末だった

<関連記事>

クリスマスイブ― 街はジングルベルとイルミネーションで彩られ 恋する者達はロマンティックな夜に沈み込んで行く だが― ...
『かぐや様は告らせたい』第138話:かぐや様は告りたい(氷) 倒れてしまった白銀。心配する氷ちゃん。 白銀の仮面(ペルソ...
『かぐや様は告らせたい』第137話:私達の仮面(白銀編①) 田沼昭造「恋の病だね」 くっそwwww 田沼昭...

140話:普通のロマンティック

サブタイトルは「普通のロマンティック」

文化祭が白銀の立てた完璧な演出だった「ウルトラロマンティック」に対して「普通のロマンティック」か。これこそ氷ちゃんが望んでいたものでもあります。ウルトラロマンティックもいいけど、普通のロマンティックもいいって落としどころ。見事だ。

かぐや様は追いかける

逃げる白銀と追いかけるかぐや様

プレゼントを見せたくない白銀は全力疾走で逃げ出してしまいます。すかさずかぐや様はあの手を開いたポーズで全力疾走で追いかけます。追いかっけだー!

モチのロンでこれはアニメ最終回のEDを思い出しますね。てかどう見ても意図的にそういう演出してるよね。アニメからポロロッカしたのかも。追いかけっこはアニメ版オリジナルエピソードであり、コミック46話「かぐや様は避けられたくない」の続きでもありました。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第36話 かぐや様は避けたくない えええぇぇ!? 『かぐや様は告らせいたい』は夏休みが終...

アニメラストを思い出す

逃げ出した白銀オチでなく、そっからかぐや様が白銀を追いかけて走り出す。追いかけっこ。まだアニメで登場しないミコちんや、これまでのキャラの横を全力疾走。で、バックに今までのエピソードが映され「センチメンタルクライシス」が流れる良いラストでした。

追いかっけっこEND

走力は五部!

アニメ最終回を彷彿させる演出を冒頭に持ってくる。

まるで最後のナレーションのアンサーのようでもある。「恋愛頭脳戦…それは素直になれない男女の戦い」「言葉に出来ない想いを胸に今日も彼らは願い続ける…告らせたいと」。あるいはセンチメンタルクライシスの歌詞にかけてるのかもね。そして最後に伝えてみせて好きだってである。

追いついて

最後に白銀に追いつき向き合う2人で終わりました。『かぐや様は告らせたい』はアニメ2期やってほしいしやると思ってるが、シチュエーションこそ違えどアニメを思い出せさせる演出はぐう盛り上がります。

かぐや様は痴話げんかする

追い詰めましたよ…

アニメのラストは当然コミック46話「かぐや様は避けられたくない」通りの結論でもある。これから「いつも通りの日常」が始まる(2学期スタート)わけですが、追い詰めた「先」があるように見える。

そんなメッセージのような。

「いつも通りの日常」の終結のような。

「いつも通りの日常」はここまでだ!

本当に意固地な白銀に取ったかぐや様の行動。

恋愛頭脳戦や駆け引きなど一切ないストレートど真ん中の剛速球。

見せて!私のもの!ってぎゃあぎゃあ騒ぐというものです。「二つの告白」風にいえば、この大一番をノーガードで臨むである。だがそれがいい。それでいいのです。

どう見ても痴話喧嘩してるようには見えませんが、絶対に見せてくれないことである疑惑が生まれるのでした。

会長は私の事本当は嫌いだから

見せようとしてくれないのでしょう

プレゼントを「隠したい一面」と追いかけっこまでしたのに頑なに見せてもらえない氷ちゃんは自分の事が嫌いだから見せようとしてくれないんだって小学生…いや幼稚園児のようなことを言い出してしまうのでした。

でも氷ちゃんの気持ちわかります。

分かりますよー!

氷ちゃんは自分がきらいきらいだもんね。氷ちゃんを含めて全部「かぐや様」であるって納得してたけど、あくまでの氷ちゃんはかぐや様の「弱い部分」「見せたくない部分」の一面なのは変わってないから。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第136話:私達の仮面(かぐや編①) 氷ちゃんは可哀そうな子だ…。 これに尽きると思う。 ...

そりゃあ「はっきり言えばいいじゃない!」「こんなきつくて性格悪い女は嫌いだって」となりますわ。氷ちゃんの自己評価は「自己中心的」「攻撃的」「嫉妬深く嘘つき」「他人が怖くて臆病」「いつも人を傷つける」「これっぽっちも優しくない」だもんね。

氷ちゃん自分きらいきらい

そういう部分を隠さなきゃ!こんなひどい人間を…!

人は好きになってくれないの!私は可愛くなれないの!

なんのかんので「氷ちゃん」はあくまでも弱い部分です。自分が嫌い。そこ変わってないもん。自分の弱点見せるから白銀にも見せてほしいってのが氷ちゃんのロジックでした。誰からも好かれない(自己申告)。故に自分が嫌いだからプレゼント見せないんだとなったわけ。

氷ちゃんの意見も理解できる。しかし、結局は「氷ちゃんは弱い部分」なのは全かぐや様の共通認識でした。氷ちゃんは「弱点」…果たして本当にそうなのかと。その解答をズバリしたのが男・白銀御行!逆もまた然りなのが乙女・四宮かぐや!

(続くぞい)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    かぐやは元々、もう自分から告白したいという心境になってたけどね、前々回で

  2. 匿名 より:

    会長が弱いとこ見せてくれればって条件付きやろ

  3. 匿名 より:

    ロマンティックすぎて死んだ

  4. 匿名 より:

    けん玉は龍の首の玉ともかけてるんでしょうなあ
    つまり会長はかぐや姫の課題をここでクリア

  5. 匿名 より:

    いつぞやの引き分け(はんぶんこ)を思わせる折衷解答回
    氷ちゃんがドサクサに好きって言ったのを今回意図的にスルーしてた感あるから脳内かぐや会議回またやるのかな
    妄想するなら公園から藤原の家に帰りがてら脳内かぐや会議やって氷ちゃんが私はもう満足したとか言いつつどうしても一つだけはっきりさせておかなきゃって家に付く前に「付き合う」って言質を取って元のかぐやに戻る
    心配して探してた皆に迎えられて2つの意味で「ただいま」で〆って感じかなぁ

  6. 匿名 より:

    ヤマカムさんは語りたい

  7. 匿名 より:

    コマ割で魅せる演出。
    さすアカ

  8. 匿名 より:

    けん玉…穴に…棒を…!?
    スケベェです!

  9. 匿名 より:

    スクロールしていって4ページで吹いたw

  10. 匿名 より:

    URの前に置いたラップ編での早坂への問い掛けはここに繋がっていたんですね。
    で、「私たちの仮面」ではかぐや編・白銀編供に通し番号がついてるから、この辺りが今後掘り下げられるのかなと。

    生きることが苦痛でしかなかったかぐやが白銀を好きになって、藤原書記や石上会計との向き合い方まで変わったけれど、進路相談の時点では依然として父への抵抗の意思は奪われたままで、URでスタンフォード行きを受け容れたものの、その後の脳内会議の様子からそれは決して容易な道ではない。
    一方の白銀は、勉学においてかぐやに対し全勝を保っており他の面でも完璧であろうとしながら、それが絶対の自信には繋がっていない。
    彼がかぐやに素を見せることを頑なに拒むのには、「勉強が出来なくて母に捨てられた自分」だけでなく「ダメダメを晒して妻に出て行かれた父」を見て来たことで、母親からの二重の呪縛が掛かっているように見える。
    両者とも、親子関係の克服なしには前に進めないんじゃないかって気がする。

    正直、(氷)編は色々キツかったんで、今回の展開にはホッとしました。
    ギャグ成分多めの馬鹿ップルのイチャイチャを眺めてたつもりが、あんな怖いもん(白銀部屋)見せられるとは。
    白銀の「それは持ってる奴のセリフだよ」には軽く絶望しましたし。
    ま、赤坂先生なら、今後のどんな展開もちゃんと楽しませてくれるって信じてますけど。

  11. 匿名 より:

    最高の『普通』じゃねーか…

  12. 匿名 より:

    単行本で一気見すると評価変わりそうね

  13. おもしろかった より:

    最初の数ページは、大笑いでしたが、最後の2ページは良かった、高校生は、このくらいでいい、お互いの気持ちを確かめてお互いの意志もくみ取った訳ですから、後は四宮さんのお正月の挨拶で決めてください!白銀会長!

    それはそうと、柏木さん、ご懐妊、ご婚約おめでとうございます
    確か、2年生の春に付き合い始めて2ヶ月後に大人キッス!大人キッス!の40秒後に神っただけあって、年内にご懐妊、年明けには婚約発表でしょうか
    高校は、単位と出席日数さえ整えば卒業可能ですから3年時は、前半は、夏休みまでは普通に登校から→保健室登校、夏休み明けからは保健室登校で2学期の10月頃には、第一子の出産、産後の体調を見ながら12月まで登校、1月からは3年生は、自由登校でしょうから、育児に結婚式の準備にと忙しいでしょう
    田沼翼くんとの新婚生活が本編でちょろっと出てくるのではと期待します
    四条さんとか、ミコちゃんとか、石上くんとか楽しみですね

    あとは、白銀会長は、藤原千花さんとのダンスレッスンがありますから、藤原さんの笑いと涙を楽しみにしています

  14. 匿名 より:

    氷がこの作品で一番好きなのに居なくなってしまう…

  15. おもしろかった より:

    けん玉だけど、会長ってさ、お手玉やけん玉、あやとりが得意だよね
    文化祭で藤原萌葉ちゃんに披露して萌葉ちゃんの心を鷲掴みにしてたもんな
    けん玉を選んじゃうのは、正解だったと思う

  16. より:

    なんか終わりが近そう
    あと2年は連載してほしい

    • 匿名 より:

      まだ全然続くはず
      アニメ化発表の時に、その時点でようやく折り返しだって作者が言ってたから
      200話以上までは続くと思うよ

  17. 匿名 より:

    好きって言ったことで唇を奪って貰えましたね

  18. 匿名 より:

    会長は好きな相手には弱みを見せられない→弱みを見せられるのは書記ちゃんと家族だけ→母親は出て行った→書記ちゃんはママ

  19. 名無しさん より:

    まあ、千花ちゃん、会長の音痴話を聞いて、ママに任せて!と言い切っちゃったからなぁ

  20. 匿名 より:

    かぐや様ならなんだって喜ぶからうじうじしてねぇで早く渡せや! と先週思ってたのにけん玉見て、ああ 確かにこれは渡せないなと思った
    なおかつなぜけん玉にしたのか納得できる(?)理由付けしたアカ先生の構成力を素直に褒めたい

  21. 匿名 より:

    この調子でわたモテのゆりちゃん話も待ってるぞ

  22. 匿名 より:

    これでもここがピークじゃねーかこの2人? 特に会長の方はこれでモチベーションが実質消えるんだから、ここから急激に成績とか順位とか下がっていく展開になりそう

    • 匿名 より:

      好きな子に弱みを見せたくないっていうのが会長のモチベーションでもあるだろうしここで成績が落ちるってことはないでしょうな
      ただ会長の今の状態がよろしくないのも事実、これから先に期待ですな

    • 匿名 より:

      まだかぐや様の実家(というか父)の事もあるし、会長の母も今後登場するだろう
      二人のトラウマみたいなものだし、これらの件を二人で解決していくんだろうさ
      婚約とかまで発展するかもしれないし

    • 匿名 より:

      四宮家の説得という男をみせるべきイベントが控えていますので
      新たなるモチベーションを得た会長の今後に要御期待です!

    • 匿名 より:

      無料のまとめしか読まないとそう思うかもな

  23. 匿名 より:

    かぐや様は、正月に本家に帰った時、留学の了承を得ようとするのかな?
    なんか、月に連れ帰されるみたいに、本家に軟禁されそう…

    • 匿名 より:

      四宮父含む本家の説得と会長母のトラウマ越えが次の課題かもね
      特にかぐやの兄貴3人いる、って話だからバトルもので四天王とか1人ずつ倒す展開みたいに、1人ずつ説得して味方につけて最後に薄情親父を倒す(説得)…みたいな流れもアリ…か?

      • 匿名 より:

        ガンアン様が、実は超ツンデレで素直になれない(かぐやが見事に受け継ぐ)って設定なら面白いんだが。

        • 匿名 より:

          四宮一族は末端(マキちゃん)に至るまでその血筋だから、本家本元の父ちゃんなんかもうツンデレ具合がすごそう 秘密の自室に娘の写真とか貼りまくってそう

        • 匿名 より:

          おっさんの超ツンデレなんて、会長の母親のトラウマ以上に闇深そう…

  24. 匿名 より:

    でくなても!…て何だろう、と考えてしまったw

  25. 匿名 より:

    さすがに白銀とかぐや様の物語は、もう潮時な気が
    もはや描くことはないと思う
    あとは、四宮家の問題位しか思い浮かばない

  26. 匿名 より:

    二人が結ばれて終わりとは限らない。そう明言されている

  27. 匿名 より:

    会長はかぐやよりも早坂の方が似合いそうだ

  28. 匿名 より:

    氷編嫌いってURで終わらせた人はこの展開読めないんだよね。勿体無いなと思う反面
    5巻で読むの止めた3×3eyesやゼクロス編で読むの止めた仮面ライダーSPIRITSもこんな胸熱展開が控えてたのかなーと思うと勿体無かったかなと思う。

  29. 匿名 より:

    132話から読み直したけど、氷編は全く長く感じなかった。
    氷ちゃんが、会長に自分を認めてもらって、キッスしてもらおうと頑張るけど、プライドが邪魔して空回ってる氷ちゃんが、可愛かった。
    会長からしたら、かぐや様の激変ぶりに付いていけなかったのも分かる一方で、氷ちゃんからしたら、あそこまで誘ってるのにキッスしてくれない会長に蹴りを入れたくなるのも分かる。
    半月が強調されてるし、はんぶんこと言うのはその通りなんだろうけど、かぐや様からしたら、告らされたんじゃなく、自分で告ると決めた上で好きと言って、氷ちゃんを認めるどころか可愛いと言ってもらってキッスに至った結末は、120%の完全勝利と言えるんじゃないかな。

  30. 匿名 より:

    四宮財閥幹部の早川母が三者面談のときにかぐやを弄ってる辺り当主もかぐやの同類なのではないかと思えなくもない。まぁ、早川母はかぐやの育ての親みたいな面もあるからこその行為かもしれないのでなんとも言えないが、一族のマキからしてかぐやの精神的双子みたいなことになってるから可能性はありそう
    しかしこれ、会長の闇が晴れてないよね。ここで両思いだとはっきりしたことで余計に会長が勉学で引けなくなっていくんじゃないかな

  31. 匿名 より:

    あああ今週休載だった かぐや様なきゃ読むもんないじゃんヤンジャンなんて