スポンサードリンク

『げんしけん』二代目、ついに最終回!斑目さんの卒業ですよ!

げんしけん(21) (アフタヌーンコミックス)

『げんしけん』21巻(二代目の十二)読了。

これが最終巻です。これにて『げんしけん』は完結なり。

感慨深いですね。

最初に初代がはじまった頃は自分も大学生で斑目たちと同じ年代で20代の青春を過ごしたものです。いまやおっさんになってしまったけど、『げんしけん』の…いや斑目への思い入れは別格なり。

<関連記事>

『げんしけん二代目』堂々の完結!げんしけんは永遠に不滅です!
『げんしけん』は青春そのもの! 自分が丁度大学生の頃にはじまり、オタクを題材にした作品で世代的にど真ん中でした。 俺...
『げんしけん』19巻、斑目を巡る正妻戦争とスーの年齢
恋の行方は神様の言うとおり!!(オビより) 『げんしけん』19巻を読了。 まあ、オビに書かれている神様という...
『げんしけん』、伝説がはじまった件
『げんしけん』は今が一番面白いと思う(断言)。 斑目ハーレム王国編になってからその勢いは留まる事を知りません。 ...
『げんしけん二代目の九』、やはり斑目の青春ラブコメは羨ましい
想いを秘めて行くぜ卒業旅行!! 朽木の卒業旅行で、みんなで矢島っちの実家へ行くことになったげんしけんの面々。 ...
「げんしけん」スーが可愛すぎる件
「げんしけん」二代目も弐、通算11巻目が発売されました。 表紙を飾るのは波戸、吉武、矢島の3人。先代の「げんしけん」が男オ...
それにしてもね。

冷静に考えると初代『げんしけん』が9巻で終わったのに対して二代目は全12巻となりました。初代よりも長くやったのである。二代目はほとんど斑目ハーレム編だったともいえる。賛否両論あったかもしれませんが個人的には大いに有り!むしろ一番面白かったです!

初期メンバーの全員が卒業して二代目からは新入生も入ってきて世代交代した感がありましたが、ぼくらの斑目はすぐに会社を辞めてげんしけんへ帰還しました。そしてまさかのハーレム王国を築くのであった。二代目は斑目ハーレムがかなりのウェイトを占めてます。というか斑目がげんしけんを卒業する物語だったのかもしれない。

スポンサードリンク

『げんしけん』二代目は斑目の物語

1

21巻で斑目のハーレムは決着します。

ま、細かい感想はアフタで掲載された時に書いたんですけど、個人的には大満足の結果だったかなと。自分自身がスージー派だったので、スーと斑目が結ばれて「うっしゃー!」とガッツポーズものです。いちスーニスト(スーが大好きな人)として実にめでたい!乾杯しようじゃないか。

とはいえだ。

結果は最高でしたが過程はどーだったかと言うと色んな意見がありそうです。

だって、今まで長々と斑目ハーレムランド王国編でヒロインズの駆け引きやラブがコメる展開をしてきて。卒業旅行という名の誰かひとり決める旅までして。そこまでして結局自分じゃ決められずですからね。まさに長時間膠着状態に陥る千日戦争(ワンサウザンドウォーズ)ですよ。

したら咲ちゃんが降臨してたった2話でハッピーエンドへもっていきましたからね。「斑目、あんたはスージーとつき合いなさい」で試合終了ですから。ゲームセットです。今までの展開はなんだったのかというぐらい強引なドリブル!日向くんもびっくりです!(褒めてます)

咲ちゃんすごいな。げんしけんの真のヒロインに相応しい。

薄い本じゃひとり不人気だったのに(大野さんやおぎちんばっか料理されてました)。

まあ、この展開は斑目らしいといえばらしいけど。

スーと付き合うことになった斑目さんは新たな住居へ旅立つのでした。

2

旅立ちの日に…

結局『げんしけん』二代目とは何だったのかといえば、斑目が卒業する漫画だったんだなぁと思いますね。

現代視覚文化研究会から、何よりも咲ちゃんからの卒業ですよ。

大学卒業してもげんしけんにやって来てた理由だって、咲ちゃんと偶然会えるかもという後ろ向きで消極的な希望に縋ってただけだったし。いつまでもウジウジとウダウダとダラダラと。

その後のハーレム展開だって結局のところは「斑目さんがハーレムの誰も選ばなかったのは、咲ちゃんの事が忘れられないから」(高坂談)ですからね。結局、斑目はある意味モラトリアムに陥ってただけなんですよ。そんな斑目がちゃんと卒業する物語だったわけです。

田中もクガピーも、笹原も高坂も咲ちゃんも卒業して行ったのに…。

ひとりだけ卒業できなかった斑目が卒業していく。

おめでとう斑目!

3

斑目さんの卒業です

現げんしけんメンバーに見送られて旅立つ斑目さん。

その隣にはスーがいる。これを見れただけで個人的には100点満点中で10000点ぐらいの満足度ですよ。斑目さんとスーのカップル成立でめでたい!斑目がようやく卒業してめでたい!感無量という言葉しかない。

『げんしけん』二代目は女性オタクばかりで、自分が同年代に青春として過ごしたげんしけんではありませんでした。でも斑目さんが戻ってきて、自分は斑目さんに感情移入してましたね。居場所はないけどウジウジと未練たらしくげんしけんに居座る斑目さんは自分のようだった。そんな斑目さんと一緒に私もげんしけんを卒業できた(気がした)。

これからはOBの気持ちで見守りたいです!

事実上の最終回は126話「ラ。カンパネラ(告白Ⅲ)」「その後」ではあるけど、二代目のラストはクッチーの卒業でした。まあ、どうでもいいよね。今後はOBとして見守りたいので、斑目とスーのその後や矢島っちと波戸くんのこれからだって見たいぞい!果たして「三代目」はあるのかどうか。個人的にはやって欲しいです。はい。

げんしけんとは…?

5

げんしけんとは…?

ま…待て。おかしいぞ。

いつから現視研は…こんなヤリサーみてーになったんだ!?

さっきから聞いてりゃ、女、女、女!

やるとかやらねーとかそんな話ばっか!!

違うだろ!?

今あのマンガが一番おもしれーとか!

冬アニメ不作スギィ!とか!

集まって徹夜でひたすらゲームとか!!

そ―ゆ―サークルだったんじゃないのか!?

まったくその通りである。

そもそも『げんしけん』ってそーゆー漫画だったでしょうに。

初期なんかオタクの生態や日常って感じでした。

いつのまにかサークル内の恋愛話がメインになってましたからね。いやまあ、初代の途中からその傾向はあったけど。二代目になってからはより恋愛方面が顕著になりました。

ジャンプ漫画もびっくりの変わりようです。(いつの間にかバトル漫画になります)

とはいえ根底にあったのはコンプレックスの克服でしょう。過去の己を乗り越える。これは初期から変わらないテーマかな。克服するコンプレックスの種類は多種多様だったけど、斑目はついに咲ちゃんという女神を克服したのだ。おめでとう!

「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」「めでたいな」「おめでとさん」「クエッ」「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」 「おめでとう」「おめでとう」(拍手喝采)

125話「High slope flower」は旧メンバーで駄弁ってて懐かしさすらありました。これは初代のノリですわぁ。しかもサブタイトルが「Spotted flower」のセルフパロディでもあるし。

<関連記事>

『Spotted Flower』、斑目さん幸せの結末の先へ…
アンタにソックリだねぇ 『Spotted Flower』2巻を読了。 いやー、素晴らしい。表紙を見れば分...
『Spotted Flower』に登場する成長したスーの「そんな未来」とは?
楽園で絶賛連載中の『Spotted Flower』ってあるじゃないですか。 一般人の女性とオタクが結婚した夫婦生活を赤...
『Spotted Flower』、斑目と咲ちゃんの「そんな未来…」
「げんしけん」の木尾士目先生が楽園で連載している「Spotted Flower」1巻が発売されました。社会人オタクな夫と...
ノスタルジックな気分になったぜ。

改めて咲ちゃんは絶対に攻略不可なメインヒロインだったんだなぁと。

げんしけんは永久に不滅です!

6

げんしけん

二代目の最終回である127話「げんしけん二代目」は初代の最終回である55話「げんしけん」を踏襲するものでした。のっけから見開きでメンバーが卒業式に臨む(クッキーは相変わらず見切れてます)。

そしてラストではげんしけんの部室の扉。

127話では波戸くんが扉を開いて終わります。もうクジあんのポスターは貼って無いですね。それでも変わらないげんしけんの部室がある。これからも代が変わろうがオタクが集まってワイワイやることでしょう。初代同様にずっとげんしけんは続いていく…そんな余韻がある絞め方でした。

本当に良いラストでした。

うむ。やっぱ三代目読みたいなぁ。初代と二代目は別物ですけど三代目もまた別物でいいんで、大野さんとおぎっちの卒業までは見送りたいです。気分的には『キャプテン』の丸井の心境。まだほっとけない後輩いるので顔出したいみたいな。そんな感じです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    管理人のげんしけんへの想いが伝わる良い記事でした

  2. 匿名 より:

    二代目は女オタクを描こうとして失敗し墓場から斑目パイセン掘り起こしたって印象なんだよな

  3. 匿名 より:

    2代目って名前からして最初から斑目の路線は考えてあったんでしょう
    3代目では吉武が波戸を好きになっちゃって泥沼サークル崩壊な展開とか読みたいなぁ・・・

  4. 匿名 より:

    新シリーズとはいえねぇ、初代から二代目続けて読み直したら残念な印象しかない

  5. 匿名 より:

    否定意見多いけど二代目個人的に最高だった

  6. 匿名 より:

    結局、ラメさんって就職してないですよね?

  7. 匿名 より:

    乾ー杯♪(^^)/□☆□\(^^)

  8. 匿名 より:

    班目が咲ちゃんに告白してちゃんとフラれるとこは良かった
    男の娘とかホモとか理解できないので二代目にあんまいい印象がない

  9. 匿名 より:

    班目は咲ちゃんのことずっと引きずってたけど、
    咲ちゃんの方も班目のことずっと気にしてたんだよね
    自分がフッた後に会社やめてダメ男になったとか彼女が放っておけるわけがない
    スーとくっついて「やっと肩の荷が降りた」
    マジでお疲れ様でした

  10. 匿名 より:

    ところでスーは本当は何歳なんだ…実は相当年上なのか飛び級駆使したガチロリなのか

  11. より:

    スーと班目のその後が見たかったのに、単なる卒業式が何か虚しかった。

  12. M より:

    波戸ちゃんを始めとして結構実験的な側面も強くて自分も個人的に二代目の方が好きでした。

    斑目は誰も選べずに終わるんだと思っていて案の定そういう展開になってやっぱりな~とか思ってたら力業でねじ伏せに来ましたね。
    そう来るのか~と最後まで楽しめました。
    これで斑目が”ちゃんと”卒業できたのかは謎ですが・・・w
    (確かに押されて一歩踏み出しましたがここからが長いのです。なんというか斑目と同じような性質のオタならここからどうなるのか分かるでしょう・・・キスもまだとか言われてましたが手すら繋がず距離があるという・・・ちゃんと描けてるなぁ・・・)

    てっきりスーの過去話にも触れてからハーレムが終わるんだと思ってたんですが臭わせただけでしたね。
    アンジェラがガチレズでスーがファッションレズだと予想していた頃が懐かしいw