当サイトはプロモーションを含みます




「AD」

『模型の町』昔ながらの伝統の味でありつつ新感覚なpanpanyaワールド!

おすすめ記事
15巻以内で完結するおすすめ漫画! 【厳選30】10巻以内に完結するおすすめ漫画!
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

模型の町 (楽園コミックス)

 

『模型の町』(panpanya)をようやく味わうように読みました。なんかもったいなくてすぎに読めずちょびちょび読んでました。panpanya作品は次まで待つことがある意味生きる張り合いになる。

 

表題作含めた「模型の町」シリーズ四部作はじめ「ここはどこでしょうの旅」1~5「登校の達人」「ブロック塀の境地」「夜ぼらけ」など読み手を事象の彼方へ誘う16篇。日記も併収。

ebookjapan

 

漫画を電子書籍で読むなら【eBookJapan】がおすすめです。無料の会員登録をすればわざわざ定価で買わなくても50%OFFクーポンが獲得できてお得に読めます。

 

  • 最大6回分漫画が半額で買えるクーポンがもらえる
  • 9,000冊の漫画が無料で読める
  • 曜日限定の限定クーポンなどセールが豊富
  • paypayが使えて溜められる

 

eBookJapanで半額で読もう!

 

模型の町

panpanya作品のエモさ

panpanya作品で自分が良いと思う味わいは以下の通り。

 

  • 緻密に描かれた背景とデフォルメキャラ
  • 唸るようなアイデア
  • 幻想的な日常の冒険
  • 大切な何かを思い出す

 

これは今作『模型の町』でも健在です。同じような芸風だとマンネリ化したり飽きがくるのが普通なんですが、panpanya作品にはそれがない。常に新鮮な気持ちで読めます。というかより洗礼されてる。

紙をすすめたい

 

楽園コミックスは本の装丁が凝ってるのに定評がありますが、panpanya作品は強烈に紙をすすめたい。写真じゃ伝わり難いかもしれませんけどカバー取った表紙は家の壁のような手触りとなってます。

 

触ってみて「これは壁だー!」ってビックリしましたね。読むだけでなく触る楽しさ!題作「模型の町」シリーズだけでなく収録作「ブロック塀の境地」にも通じる部分がある。

 

もちろん電子で読んでも本編の面白さはバッチリですよ。

「ここはどこでしょうの旅」シリーズ

今巻は表題作「模型の町」が全4話のシリーズになっており、「ここはどこでしょうの旅」も全5話のシリーズとなっています。

 

「ここはどこでしょうの旅」は少女と相棒の犬が全国津々浦々に迷い込み現在地を推理するシリーズです。

 

ここはどこでしょうの旅①

 

「ここはどこでしょうの旅①」ではタイヤが沢山ある島。そこから「はえ~凄い!」って関心する少女の推理が妙に説得力有り!

 

内容もさることながら、タイヤ大量の描写は迫力あるね(少女がタイヤぐらいの身長)。これまで町並みやちょっと田舎な風景をリアルに不気味にして幻想的な世界を醸し出してましたけどタイヤだけでもこの世界観が出せるんだなぁって関心。

 

このシリーズはpanpanya作品のエモポイントである「背景と少女」「アイデア」ってところが存分に味わえて、かついつもの日常とはちょっと違うテイストの「冒険」がある。同じようで古参ファンも飽きさせない変化があるわけよ。

ディープにpanpanyaワールド

他にも新感覚に味わえる部分はある。それが「人」の描写です。

 

panpanya作品は「人(喋る動物含め)」はエンピツ描きのようなデフォルメ調で背景は超緻密の描き込みってコンセンサスが特徴でした。なのに人も背景と同等になることもある。それが「登校の達人」です。

 

登校の達人

 

人が背景のようだ(ムスカ風に)。

 

人ってデフォルメ描写がデフォじゃないのー!?って思うけど、少女にとっては背景と同様だったのでしょうか。

 

「夜ぼらけ」で捕獲したネズミが最初はリアル描写のネズミだったのがデフォルメされ喋るキャラと変わったのも含みがある。

 

panpanyaワールドにとってデフォルメされたキャラと超緻密な不気味描写の境界線はどこにあるのか。それを考えるだけでも無限に没頭できる。答えは出ませんでした。

 

デフォルメ(キャラ)とリアルの境目が最も顕著なのが「解消」。同時に今作の個人的最高傑作である。

「解消」という大切な何かを思い出す傑作

解消

 

デフォルメ(キャラ)とリアルの境目を探してたらどえらい傑作に迷い込んでしまった。偶然迷い込んだところに宝石みたいなものがあるのがpanpanyaワールドですけど、読書体験でそれを実感するとはね。

 

「解消」は校舎の耐震基準に引っかかって学校が引っ越すことになったという話。そのまま荷物持って近くの新たなる学び舎へ行く。

 

そこで机と上履きがリアル描写だったりデフォルメだったり変わっていく描写の妙よ。はじめて外に出る「机にとっては新鮮で貴重な大冒険といえるかもしれない」にアンサーがあるかもね。

 

そんなデフォルメ(キャラ)ルールを垣間見ながら、単純にストーリーが秀逸なんだよなぁ。ラストのオチには切なくありつつ、忘れてしまった大切な何か思い出すのであった。

 

どうして、そう思ってたんだろう

 

それな!もしかしたらあの校舎で学んだ算数も悪くなかったのかもしれん。色んな哀愁を漂わせる。色んなことを考えさせる。色んな思い出が今はもうない。大切な「何か」があったのかもしれん。

 

panpanya作品は「大切な何か」を思い出させてくれる。これが一番刺さる。実体験で経験してないけど追記体験で思い出すんです。忘れていたことにも気づかない何かがあったんだと。

表題作「模型の町」シリーズ

「町の模型」シリーズは少女のクラスメイトが簡単な材料で町内のジオラマを作成して、少女が町を探検したり、新たな発見したり、見えない部分に興味持ったりする話である。

 

相変わらず「よくそんな発想になるな…」ってアイデアを漫画に落とし込んでる。ジオラマと実際の町が連動してるのも面白い。

 

そんな日常の中にあるアイデアの宝石箱なpanpanya節が全開でありつつ、これはスゲーって関心しましたね。はぇー!って。

 

例えるなら、古のオタクが皆プレイして腰を抜かしてひっくり返った「Ever17」って最高傑作ギャルゲー!(←大切な何かを思い出したようです)。「Ever17」は叙述トリックが凄まじかった。

 

ギャルゲ・ノベルゲームって視点(主人公の目線で展開されるので自分は映らないし見てる範囲で判断する)を絶妙に使った叙述トリックでした。こんなん漫画やアニメじゃ絶対できない手法と思いきや、panpanya作品の主人公「少女」は同じ見た目で…って、えぇぇぇ!?(←ひっくり返ったようです)

 

そうきたか!

 

なんつーか今までと変わらないpanpanya節でありながら、飽きさせず新感覚で楽しめるギミックが随所にあるんですよね。「いつも通り」「でもマンネリにならずに新鮮」ってのが最高すぎた。

 

 

 

おすすめ電子書籍サイト
ebookJapan

・新規で登録すれば6回まで50%OFFクーポン
・定期的にオリジナルのセール開催
・約9,000冊の漫画が無料で読める
・paypayが使えて溜められる

DMM電子書籍

・新規で登録すれば全作品7日間50%ポイントバック
・250,000冊以上の取り揃え!
・ムフフな成年タイトルに強い
・最大100%OFFのオリジナルセールが豊富

お勧め漫画 楽園
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
ヤマカム

コメント

  1. 匿名 より:

    今作も最高でした!

    漫画購入はほとんど電子に移行してしまいましたが、
    panpanya作品は装丁のこだわりがすごい(かつ冊数が少ない)ので紙で購入しています。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました