スポンサードリンク

『楽園 Le Paradis』第22号を堪能しました(小並)

楽園 Le Paradis 第22号

『楽園 Le Paradis』22号読了!

相変わらず読み応えがあるのでじっくりねっとり読書しました。

<関連記事>

『楽園Le Paradis』20号が最高だった件
『楽園Le Paradis』20号を読了。 今号から『のみじょし』の迂闊先生が新連載です。 ごった煮感がどんどん強く...
『楽園Le Paradis』19号も素晴らしかったです
『君曜日』が載ってねぇ…。 あれ?ひょっとして前回のアコちゃんが恋心を自覚してお終いなの?それとも休載なのだろうか。『...
『楽園 Le Paradis』第18号が素晴らしかった件
『楽園Le Paradis』18号を読破。 いやー面白いですね。 もともと好きな作家が多くいたんですけど...
22号も良かった。個人的に好きな作家が多いのはもちろんなんですが、新たな挑戦している感じがすこぶる良い。心の琴線に触れます。特にハルミチヒロ先生。こんな面白い漫画描ける人だったのかといつも驚いている。えっちぃのも好きですけどね。

また、『スタジオパルプ』と『君曜日』は個別で感想を書いています。
そちらもどうぞ…。

『君曜日』シリーズ「春のきざしを君と見る」が最高すぎる!
『君曜日』 春のきざしを君と見る 傑作だ…(確信)。 もしも、いま一番面白いラブコメ漫画はなにかと聞かれたらけっ...
『スタジオパルプ』、加賀愛の登場に胸が熱くなるな…
『スタジオパルプ』Act6 久米田先生が楽園で連載している『スタジオパルプ』。はやくも6話目です。 とはいえコミックが出...
ではピックアップして感想でも…。

スポンサードリンク

『楽園 Le Paradis』第22号

「かわいいひと」(ハルミチヒロ)

楽園でハルミチヒロ先生は1話完結の読切のみを量産していますな。

しかもどの話もめちゃんこ面白い上に多彩な作品で幅の広さに舌を巻きます。今回の「かわいいひと」は、幼なじみ男女のボーイミーツガール…ではありますけどちょい特殊。

1

かわいいひと

幼なじみの女の子のバイト先の先輩が好きだという男。その先輩というのも男で。

で、女の子のほうは幼なじみの男をいつも「かわいいな」と眺めてるんだけど恋というわけでは無い。複雑に絡む人間関係と思春期特有の闇というか暗い部分の心の機微がスゴイ。ぐさぐさ刺さる。でも綺麗にまとまっている終わり方。ハルミチヒロ先生は最近特にお気に入り。

いつも改心の読切を連発しているハルミチヒロ先生の続きものも読んでみたいと思ったり思わなかったり。毎度毎度のクオリティの高い読み切りを見せられるとちょっと長い作品も読んでみたい。

夜をとめないで (楽園コミックス)

バカな港野まつり、性格キツい須藤奈緒、委員長の豊田智花。
女子高生3人組がただ駄弁るだけなんですが、その会話のリズミカルな会話応酬劇とほのかにかすかに漂う百合臭がお気に入り。

<関連記事>

『乙女ループ』、キャラの立ちっぷりが半端ない
『乙女ループ』という女の子3人でキャキャウフフする漫画がある。 登場人物も女子3人だけで、ひたすらしょーもない話をす...
今回は、ツッコミ役を担当していた奈緒が風邪を引いておかしくなるという話。

2

奈緒が風邪でおかしくなってる

風邪を引いてボケボケになってしまった奈緒。ならば「今日はあたしがつっこみ役をやるよ!」と張り切るまつりでしたが、風邪を引いてもつっこまざるを得ないいつもの面々なのでありました。まつりの天真爛漫な頭の悪さは貴重だと思いました。まる。

乙女ループ (楽園コミックス)

白泉社 (2014-06-30)

今回の「田園パイレクシア」の率直な感想を述べましょう。

これはひどい!(大賛辞)

<関連記事>

「幻想ギネコクラシー」、沙村広明を堪能した!
これは酷い(褒め言葉)。 楽園連載の「幻想ギネコクラシー」1巻が発売されました。 やべぇぞ、この短編集は。間...
いやー。いつもひどい作品ばっかなんだけど、今回のはとくにひどい。

6ページしかないのに腹筋崩壊するレベルで笑ったわー。ひどいよこんなのってないよぉ。最初から内容が大概ひどい話だったけどさ、オチが特にひどすぎる。ひどいといか言いようが無いひどさでした。本当にひどい(褒めてる)。

幻想ギネコクラシー (楽園コミックス)

3

9話

可愛いがつまってる!

郁乃と亜麻音が出会ったエピソードを郁乃視点で描いた過去のお話。

こういう掘り下げがあると亜麻音と郁乃の2人がもっともっと好きになっちゃうね。

<関連記事>

蒼樹うめ新作『微熱空間』が真の姉道を教えてくれた件
何よ弟のクセに…(←悶絶させる魔法の言葉) 私はベッタベタなのが大好物であります。理想のラブコメとは、交差点でパン...
まあ、百合的に惚れるまででなく知り合って友達になるまでしか描かれてないけどほのぼのしつつ良いエピソード。郁乃というキャラクターを細部まで身近に感じられるようになりました。亜麻音の違った一面も見れて満足度高い。

てかさ、郁乃のひねくれ具合が分かるわぁ。学校のクラスっつー閉塞空間としょうもない同調圧力が醸成するアレな空気に留まる居心地の悪さがすっげぇ理解できる。あと、えーあいつと仲いいのかよ的なアレとか。自分の黒歴史を思い出す程度に郁乃に共感してしまう。とはいえ明るくライトな仕上がりなので安心。亜麻音と郁乃のカップリングも大いに有りだなと思いました。

微熱空間 1 (楽園コミックス)

白泉社 (2016-10-14)

ちょうど2巻からの続き。

『げんしけん』が連載終了したことで『Spotted Flower』は一つの独立した作品の色合いがより強くなってきました。

<関連記事>

『Spotted Flower』、斑目さん幸せの結末の先へ…
アンタにソックリだねぇ 『Spotted Flower』2巻を読了。 いやー、素晴らしい。表紙を見れば分...
『Spotted Flower』、斑目と咲ちゃんの「そんな未来…」
「げんしけん」の木尾士目先生が楽園で連載している「Spotted Flower」1巻が発売されました。社会人オタクな夫と...
ついにお父さんとなった我らの斑目さん。今回は赤ちゃんの名前を決めるのでした。咲ちゃんのお婆ちゃんが名前を命名。娘の名前は「咲」でした。

4

「咲」と命名され

思い受かべるのは某麻雀漫画でタイトルそのものがあるってことだけでした。

おかしい。いやだって、奥さんの名前こそ出てないけどどーみても『げんしけん』の春日部咲ちゃんと斑目が結婚したらって「そんな未来」じゃないですか。それなら母と娘で同じ「咲」って名前になっちゃうじゃん。そこに対してのつっこみが一切ないんですよ。

ひょっとしたらそっくりさんで同じような人間関係なだけで別人というか違う世界なのかもしれないけどさ。いやそれは無いか。だってラストには…って、えぇぇぇぇ!?お前が出てきちゃうのかよ!意味深に「咲ちゃん」って…。次回が色んな意味で楽しみです。

Spotted Flower 1 (楽園コミックス)

今号は特に個別で感想書いたけど「春のきざしを君と見る」が格別にストライクで心の琴線を鷲掴みにされました。『14歳の恋』と『君にしか教えない』も頬が緩むニヤリング仕様で満足度高かったでござる。

次号からはあさりよしとお先生の新連載『生殖の碑』、黒井緑先生の新連載『軍艦無駄話』がスタートだとか。ま、次号は2017年の2月28日なんで当分先ですが。

楽園 Le Paradis 第21号

楽園 Le Paradis 第21号

posted with amazlet at 16.11.04
白泉社 (2016-10-14)
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント