【神ゲー】『カウンターサイド』レビュー!ド迫力アクションのタワーディフェンスゲーム!裸やおパンツなどエチエチ要素も完璧!

おすすめ記事
15巻以内で完結するおすすめ漫画! 【厳選30】10巻以内に完結するおすすめ漫画!
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

 

『カウンターサイド』がリリースされました。早速遊んでみたのでプレイレビュー記事です。どういうゲームなのか。面白いのか気になる方は参考にしてみてください。

 

『メイプルストーリーM』『TARAHA』『V4』などMMORPGで有名なNEXONの新作ゲーム。MMOでなくタワーディフェンス型のRPGとなっております。

 

カウンターサイド

カウンターサイド
NEXON
シミュレーションRPG(タワーディフェンス)
基本プレイ無料

 

『カウンターサイド』プレイレビュー

 

舞台は2044年の近未来。現実世界<ノーマルサイド>に侵攻を試みる、裏世界<カウンターサイド>からの「侵食現象」が発生。あなたは民間軍事企業の社長として、異能力者「カウンター」たちで構成する各小隊の指揮を執り、<ノーマルサイド>に侵攻を試みる「侵食体」に対抗していきます…。

 

近未来の世界が舞台。浸食現象というものが発生しており、そこから侵食体という化け物が出てくる。

 

それを倒すための民間会社が複数ある設定で、プレイヤーは社長として民間軍事企業の社員である異能力者(カウンター)を指揮するというもの。

 

物語は新入社員のヤナギ・ミナを中心に回っていきます。出て来るキャラが本当に個性的で掛け合いだけでも楽しい。

横スクロールの2Dタワーディフェンス

 

『カウンターサイド』はジャンルとしてはタワーディフェンス型のRPGとなってます。ただし、オーソドックスなタワーディフェンスとはちょっと違う。

 

普通のタワーディフェンスゲームだと敵が進行してくるのをキャラを配置して辿り着かせないものじゃないですか。『カウンターサイド』は2面横スクロールでキャラ配置して敵を倒していきます。以前紹介した『ぼくとネコ』のような感じ。

 

 

ルールはシンプルながらも戦略性抜群でめちゃくちゃ面白いです。

基本的な戦い方

ユニット出撃

 

ルールは非常に簡単でキャラクターアイコンを出したいところにスワップするのみ。敵がこちらの艦船に襲ってくるので守りつつ敵を殲滅させるのみ。バトルはオートです。

 

左下にある数字が出撃資源となってます。時間経過と共に数字が上がっていき、編成(最大8人)したキャラの数字(コスト)を満たすとそのキャラクターをバトルに出せます。

 

  • 左下の出撃資源が時間経過で上がる
  • 各キャラのコストに応じて出撃
  • 戦闘は自動進行

 

チュートリアルできちんと実践形式でレクチャーされますので初心者でも安心してはじめられます。

プレイヤーがやること

 

バトルはオート進行ですがプレイヤーがただ見てるだけかと言えばそんな事はありません。

 

バトルに出してしばらくすれば紫色のゲージがあたまり頭上に「剣マーク」が表示されます。これは「究極スキル」といって必殺技です。これがまためちゃくちゃカッコイイです。

 

 

戦闘中はキャラクターが所狭しと動き回って戦う。究極スキルはさらにアニメーションを交えたド派手な演出で圧巻のバトルとなってる。

 

また、右下に表示されてるアイコンは指揮官としての援護射撃です。プレイヤーは「ユニット出撃」「究極スキル放つ」「援護射撃」をしていきます。

 

2倍速とオートもありますので、小難しいことはいい!って方でもサクサクプレイ可能となってます。

相性が大事

 

各キャラクターにはそれぞれ4つの属性があります。

 

  • ストライカー
  • レンジャー
  • ディフェンダー
  • スナイパー

 

ダメージが30%も変わるので有利な属性キャラを編成するのが勝利の鍵です。

 

バトル中もずっと表示されてるのでイチイチ覚える必要はないけど、有利に戦うために出てる敵に相性のよいユニットを優先して出撃させたいところ。

1バトルに8人まで出せる

編成は最大8人まで出撃可能となってます。

 

 

終盤になってくると8人全員フィールドにいることもよくあること。その際はワチャワチャしつつも大迫力のアクションバトルが見れます。キャラはガチャで入手可能。

アニメやCG演出が良い

 

メインストーリーは立ち絵の進行を基本としつつ、随所にアニメーションやCGの1枚絵が挟まる。

 

キャラが立ってて掛け合いだけでも面白い上にしっかりした設定の骨太物語を楽しませてくれる。含みを持たせた謎や伏線が実に良いです。

 

それを演出するアニメ&CGが絶妙なのです。百合百合しいのも素晴らしい。主題歌は水樹奈々(ヤナギ・ミナ役)さんが担当してるのもグッドだ。ええ歌やで!

 

ノベルゲームもびっくりなシナリオと演出です。

コンテンツ豊富

 

本編だけでなく寄り道要素が非常に豊富です。遊びつくすには時間がまるで足りないってぐらいコンテンツがたくさん用意されてます。

 

バトルだけでもメインストーリーの他に様々なステージがあって強化が捗る。

 

会社の社長ってぐらいなのでそっち方面の寄り道も十分遊べる。本社の中でも「研究所」「製作所」と素材で作成する装備品。本社以外にもワールドマップで支部を作っていく。こっちは放置ゲーム的なものかな。

 

とにかくすごい豊富なコンテンツが実装されてる。ボリューム満点ですよ。

えちえち美少女

 

うむ。

 

なんのかんので美少女キャラわんさかです。えちえちな娘も多い。

 

うねうね動いてタッチ機能も鑑賞モードもしっかり実装されてるので美少女ゲームとしても強いのです。まあ、こんなのほんの序の口だけどな!な…なんだと…!?

 

『カウンターサイド』はスキン…ようするに着せ替えも出来て、より可愛い衣装だったりえっちぃ衣装にチェンジ可能となってます(どんどん増えると思われ)。

 

そこで製作者謎のこだわりが入浴シーンです。

 

 

うむ。

 

本編でシャワーシーンをやって、他の子が入ってきてお胸を揉んでキャキャウフフをやってくれただけある。この恰好で戦うとかもうギャグです。だがそれがいい!

おパンツもバッチリだ!!

さらにさらに!『カウンターサイド』はおパンツもあるってんだから神としかいいようがない。エリザベス・ペンドラゴン(SSR)さんである。

 

 

彼女はミニスカートが絶妙に揺れ揺れしまくって半尻が素晴らしいんだけど、じっくり観察するとね。見える仕様となっているんだよね。

 

 

 

!?

 

 

 

セイ!セイ!セイ!ハァーッ!(←感謝の正拳突き)

 

さすがはMMOでは絶対に下からおパンツが覗けるように作るNEXONさんだぜ!プロのこだわりを見たね。芸術的なまでのチラリズムに感涙です。

『カウンターサイド』レビューまとめ

 

そんなこんなで『カウンターサイド』プレイレビューでした。

 

横スクロールの2Dによるタワーディフェンスゲームです。アニメーションを交えたド派手なアクション戦闘が凄まじい。戦略性も抜群です。コンテンツも豊富なのでガッツリ遊べます。

 

美少女ゲームとしても素晴らしい。美少女勢ぞろいで鑑賞&タッチ機能で愛でるに十分。エチエチな恰好の子も多く、シャワーシーンや入浴やおパンツなど視覚的なインパクトも抜群です。神ゲーです。

 

 

カウンターサイド

カウンターサイド
NEXON
シミュレーションRPG(タワーディフェンス)
基本プレイ無料

 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました